利用者、患者からの暴言暴力への対応

こんにちは。 エイダーズ山崎正徳です。 利用者・患者からの暴言暴力への対応マニュアルの第4回です。 暴力被害をなくすために何よりも大切なことは、「この仕事をしていればこれくらい当たり前」という意識を徹底的に改めることだと私は思います。...

こんにちは。 エイダーズ山崎正徳です。 利用者・患者からの暴言暴力への対応マニュアルの第3回です。 今回は、いわゆる「悪質なクレーマー」「モンスター患者、モンスター利用者」などと呼ばれてしまう人たちが、相手をコントロールするためによく行う手法(行動のパターン)を紹介したいと思います。...

こんにちは。 エイダーズ山崎正徳です。 利用者・患者からの暴言暴力への対応マニュアルの第2回です。 今回は、安全な人間関係の距離感である「バウンダリー(境界線)」を切り口に、暴力の関係が定着する援助職と利用者・患者の関係を説明していこうと思います。...

こんにちは。 エイダーズ山崎正徳です。 普段、介護や医療の現場で働く方の相談を受けている中で、利用者や患者からの暴言暴力やセクハラの被害に遭い、傷つき、とても苦しい思いをしている方に多くお会いします。...

こんにちは。 エイダーズ山崎正徳です。 今日は、悪質なクレーマーやモンスター患者などへの効果的な対応を、バウンダリー(境界線)を切り口に説明してみます。 私は普段、相談機関でのクレーマー対応のコンサルティングなども行っているのですが、そこでよくする話です。...

こんにちは。 エイダーズ山崎正徳です。 今日は暴力被害についてお話しします。 ちょうど去年の終わりくらいから、職場での暴言暴力の被害で傷ついている人の相談を多く受けています。 中でも、患者さんから胸ぐらをつかまれて「殺すぞ!」と怒鳴られた看護師さんの話は、聴いていて胸が苦しくなりました。...

こんにちは。 エイダーズ山崎正徳です。 毎日人手不足で過酷な仕事をこなす介護職の方にとって、利用者さんといい関係を築けるかどうかで、仕事の負担はだいぶ変わってくると思います。 特に、利用者さんから嫌われてしまうと、介護を拒否されたり、無視や暴言・暴力の被害にあったりすることもあり、心身の負担は相当なものでしょう。...

こんにちは。 エイダーズ山崎正徳です。 「あなたの職場は利用者さんからの暴力を仕事の一部にしてしまっていませんか?」 「暴言や暴力に耐えることが、仕事の対価に含まれていると本気で思っていませんか?」 私はよくセミナーや職員研修の時にこの話をするんですけど、これを言うと皆さん黙るんですよね。...

こんにちは。 エイダーズ山崎正徳です。 時々このブログで話していますが、私は公的相談窓口で、月2回相談員の方のカウンセリングを行っています。 今日はこの前受けた相談の話をします。...

こんにちは。 エイダーズ山崎正徳です。 燃えつき防止のメンタルヘルスセミナーって、対人援助の職場でのニーズは高いですよね。 慢性的に人手不足の環境で、毎日忙しく働き、 時には利用者さんからの暴言や暴力などのトラブルにもさらされる やってもやっても仕事が減らず、一向に楽にならない...

さらに表示する