激務で毎日辞めたいと思う生活保護ケースワーカーさんが、自分自身を見失わないために伝えたいこと。

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

今日は、毎日毎日忙しく走り回る生活保護ケースワーカーさんに記事を書いてみます。

 

私がエイダーズを開業して1年になりますが、自分でも意外だったことがあります。

 

それは、福祉事務所で働く生活保護ケースワーカーさんから、けっこう相談が寄せられたということです。

 

「疲れていて自分を見失いそう」とセミナーに参加された方

 

「退職するかどうか悩んでいる」とカウンセリングで相談された方

 

「自助グループのような場所を探していた」と検索から対人援助職の自助グループに申し込まれた方、などなど

 

皆さんの話を聴いていて感じるのは、あれだけ大変で過酷な仕事であるにも関わらず、上司や同僚同士でお互いに燃え尽きないように支え合うという環境ができていないことがほとんどですね。

 

私はクリニックや病院での仕事を通して生活保護ケースワーカーの方と連携することが多かったので、その過酷さは相当なものだろうと理解してきました。

 

・とにかく激務。日中は受給者への対応でろくに休憩をとる時間もない。タイムマネジメントなんて一切できない。役所が閉まってから、ようやく自分の仕事にとりかかれる。

 

・忙しいのに毎日電話をかけてきて、なかなか電話を切らせてくれない受給者に時間を奪われる。

 

・受給者から恨まれたり、罵倒されたりすることもある。

 

・病院や施設など、関係機関から「退院時に迎えにきてください」「家庭訪問してください」などと対応を求められ、忙しいのに丸一日つぶれてしまうことがある。でも、対応しないと「福祉は何もやらない!」と悪者にされてしまう。

 

・家に帰っても仕事のことが頭から離れず、休日も思い出して嫌な気持ちになることが多い。

 

・体調は常に悪い。たまには友達と飲みに行きたくても、翌日の仕事のことを考えると早く帰って寝たい。

 

・同僚や上司、それぞれが自己流で、福祉事務所としてのスタンダードの対応や方針を教えられる人がいない。どこまでやるべきなのかが定かでなく、自分で判断しないといけないので毎回不安。

 

・辞めたいと思うことはいつもだけど、公務員を辞める決断は簡単ではない。 

 

 

これらは実際に生活保護ケースワーカーさんから聴いた話です。 

 

まだまだたくさん辛いことはあるでしょう。

 

皆さん、本当に毎日必死だと思うんですよ。

 

「サバイバル」という言葉が合うんじゃないかと思います。

 

今日一日が無事に終わるか。

 

ちゃんとやれるか。

 

明日のことなんて考える余裕ないんだと思うんですよね。

 

生活保護ケースワーカーの中でも、とくに葛藤が強くなるのは福祉職として採用された方ではないでしょうか。(もちろん、一般事務職の方も相当なストレスだと思います)

 

なぜなら、「割り切ることが難しい」からだと感じるんですよね。

 

あれだけケースの数が多いと、事務的な対応をして効率よく裁いていかないと、必ず自分の健康に影響がでるはずです。

 

もっと話を聴いてほしそうな受給者の話を遮って、話を終えなければいけない時もある。

 

なんとか助けてあげたいなと思う受給者がいても、一人にそこまで時間をかけられないので、どうしても十分なサポートができないことなんて日常でしょう。

 

福祉的なアプローチよりも、事務的な対応を磨いて、割り切らないと回せないと思うんですよね。

 

当然ながら、福祉職はそこを割り切るのが難しいのです。

 

私の印象ですが、役所の福祉職の方は、とにかく優しい人が多いんですよね。

 

穏やかで、自分の気持ちよりも相手の気持ちを優先する献身的な方。

 

困っている人がいれば少しでも力になりたいと思う方。

 

手を抜くことが苦手な真面目な方。

 

そんな方たちが、効率を優先して、情に流されずに割り切って働く。

 

これって、福祉職としてのアイデンティティ崩壊の危機だと思うんですよね。

 

目の前の仕事に毎日追われ

 

求められるのは「対応の質」ではなくて「対応の量とスピード」

 

上司や先輩からのアドバイスと言えば、「早く慣れないとね」といった漠然としたものばかり。

 

こんな毎日を1年も続ければ、燃え尽きるって、ノーマルな反応なのではないでしょうか。

 

というか、燃え尽きていることすらも気づけない可能性が高いですよね。

 

気づけるほどの正常な反応も麻痺しているかもしれない。

 

戦場にいるわけですから。

 

そして、疲れ果てたケースワーカーさんが、なぜ私のセミナーやカウンセリングに辿り着くのか。

 

それは冒頭にも書きましたが、職場の中でのサポートがあまりにも乏しいからだと思いますね。

 

基本的に若いスタッフが中心で、ノウハウの蓄積もないようですし、教育もない。

 

「福祉事務所の仕事は大変だ」の一言で終わらせているのではないかな?

 

「ここにくればこれが普通」「慣れるしかない」しか言えないのではないですかね?

 

「辛い」「苦しい」「辞めたい」といった気持ちをサポートしてあげられていないから、熱意のある福祉職が抜け殻のように燃え尽きるのではないでしょうか。

 

このブログに辿り着いた生活保護ケースワーカーのあなた

 

あなたに伝えたいです。

 

あなたは、十分にがんばっています。

 

間違いありません。

 

自分で自分をそう思えないのだとしたら、日々の過酷な業務により、自尊心が低下しているのかもしれません。

 

どれだけがんばってもがんばっても報われないと、専門家としてだけでなく、人としての存在意義を見失い、自信が下がっていきます。

 

「私なんてだめだ」「きっと何をやってもうまくいかない」

 

こんなふうに毎日自分を責めてしまっていませんか。

 

自分のことを見失っていませんか。

 

孤立していませんか。

 

もしそうであれば、少しだけ足を止めて、自分を振り返る時間を持ってほしいなと思います。

 

本当の仲間と共に、自分のことを振り返る時間をもち、対人援助職としての学びを深めていく。

 

今年は、こんな時間をもってみませんか? 

 

ただ今、対人援助職の自助グループの第3期生を募集中です。

 

あなたが私たちの仲間になってくれることを、心から歓迎いたします。 

 

また、今すぐにあなたにあった解決策や課題の整理が必要な方は、ぜひカウンセリングをご利用ください。

 

必要に応じて精神科、心療内科の紹介も行っています。

 

眠れない、慢性的に体調が悪い、勝手に涙が出る、毎日やる気が起きないなど、健康の問題で悩んでいる方。

 

精神科や心療内科に行った方がいいのかどうかの判断がつかないし、どこを受診したらいいのかもわからない方。

 

退職するかどうかを悩んでいるが、ゆっくりと考える時間を持てない方。

 

良かったら私にお手伝いをさせてください。

 

いつでもお待ちしています。


セミナーのご案内

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー 動画配信中! 詳しくは  こちら

 

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第3期生) 定員8名 詳しくは こちら 


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆思い通りにいかないと感情的になる部下には、「感情的になった事実」を問題として扱う

 

◆まだ犯人探しなんて無駄なことやってんの?利用者さんとのトラブルを家族問題で置き換えてみると、職場の課題が丸裸になる!

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆働きたい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ

 

◆「利用者に嫌われた」とお悩み掲示板で相談をしている介護職への同業者からのコメントがあまりにも厳しく危険なので、「そりゃあ人手不足になるよな」と思った話

 

◆利用者さんからきつい暴言を受けた後、ぐったりしてしまいました。早く回復する方法を教えてください!

 

◆従業員の燃え尽き防止のセミナーもいいけど、その前にきちんとサービスの限界設定をしませんか?

 

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話

 

◆不登校の子どもの本当の悩みは「学校に行けないこと」ではなくて「行きたくない学校に行かないことを大人に許してもらえないこと」