ご挨拶 greeting

はじめまして。AIDERS (エイダーズ)代表の山﨑正徳と申します。
この度は、当ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
私は、自身の対人援助職としてのキャリアの中で、何度か燃え尽きを経験し、それがきっかけでやりがいのある仕事を辞めたこともありました。

 

「なんで自分は燃え尽きやすいのか」



「どうして、自分だけでなく、対人援助職は好きな仕事をしているはずなのに体調を崩して辞めていくのか」



こんな疑問を抱え、掘り下げていくうちに、対人援助職に起きやすいトラブルは「バウンダリー(境界線)」でおおむね説明が可能であることに気づきました。



バウンダリーを援助職に広めたい。

自分が経験して気づいたことを多くの人に伝えたい。

せっかく好きで始めた仕事で、辛く苦しい思いをする人をひとりでも減らしたい。

そんな思いから、セミナーを開催して、バウンダリーの話をするようになったのが2016年の頃です。
それから縁あって開業することになり、これまでに延べ1500人に及ぶ援助職の方に話をする機会を頂きました。



私は、これからも、もっともっと、一人でも多くの方にバウンダリーの考えを伝えたいと思っています。



もしもあなたが、かつての私と同じように、毎日ストレスを抱えながら、それでも自分に何が起きているのかよくわからずに、ただただ毎日を必死にこなしているなら

あなたにも、私の話を聴いてほしいです。

ここから、皆さまからよくいただく質問を中心に当方のサービスのご案内をさせて頂きます。


バウンダリー(境界線)とは、「私」と「あなた」を区別する人間関係の境界線です。

バウンダリーが守れていれば、「私とあなたは別の人間であり、別の価値観が考えを持っている」ということをお互いに認め合うことができ、摩擦の少ない安全な人間関係を構築することができます。

一方で、バウンダリーが守れない関係は、自分と相手の違いを認めることができないため、意見の違いなどから簡単に摩擦が生じます。

これからバウンダリー(境界線)を学びたいという方は、まずこのブログ記事から読んでみてください。  

ストレスに強くなる!人間関係(バウンダリー)の境界線の引き方

●対人援助職ではない方のご参加も歓迎しております。私がバウンダリーの話をするようになったのは、企業のパワハラ研修に取り入れたことが始まりです。セミナーでは対人援助職の職場で起きる問題を切り口に説明しますが、どの職場でも起きるような内容なので理解はしやすいと思います。ぜひお気軽にご参加ください。(ただし、「対人援助職の自助グループ」は援助職でないと参加できません)

●会場の場合、受講者の職種や困りごとなどに応じて話す内容を変えることは当然ありますが、動画と内容はほとんど同じです。会場やオンラインの場合は、講師と直接やり取りできるというメリットがあります。一方で、動画受講のメリットは繰り返し視聴ができることです。また、質問にメールで回答することも可能です。(メールでご相談を受けることはできません)



基本的には、対人援助の仕事に従事する全ての方に知ってほしいことですが、下のチェックリストに多く当てはまる方にはぜひ学んでほしいなと思います。

☑援助職の仕事を始めてから、明らかに体調が悪くなり、家族や友達から「疲れてるよね」と言われることが増えた。
☑利用者に対して感情移入しすぎてしまい、家に帰っても頭から離れない。
☑利用者さんの電話がいつも長くなってしまい、切ることができない。
☑自分に自信が持てず、利用者や患者、同僚に気を遣いすぎて言いたいことが言えない。
☑利用者、患者から恋愛感情を持たれやすかったり、恋人から暴言暴力を受けやすいなど、どうも人との距離感をうまく保てない。
☑良かれと思って一生懸命やっているのに、患者や利用者から嫌われたり、上司や同僚から「やりすぎ」と言われたりして、どうもうまくいかない。
☑ネガティブな性格で不安になりやすく、ストレスのコントロールができずいつも体調が悪い。
☑議事録や飲み会の幹事をはじめ、誰がやってもいいような仕事をいつも頼まれてしまい、断れずに引き受ける。
☑職場で全く自己主張ができない一方で、家族や恋人にはかなりきついことを言ってしまう。
☑何度も同じ話をしてくる患者にイライラしやすく、声を荒げてしまうことが増えた。
☑職場の人間関係が常に悪くて、人手不足で毎日途方に暮れている。
☑利用者・患者からの暴言暴力に困り果て、限界を感じている。
☑自分勝手で思い通りにならないと感情的になる部下への対応に毎日疲弊している。

お困りの問題やニーズに応じて、お勧めしたい当方のサービスをご案内します。

●バウンダリーを切り口に、援助職としての自分自身の振り返りをしたい。また、職場環境の課題を整理したい。

→ ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナーの入門コースを受講してください。

●人間関係の距離感がうまくつかめないので、具体的な方法を学んでストレスを減らしたい。

→ ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナーのすべてのコースを受講してください。

●色んな現場で働く人と仲間になって、援助職の現場で起きるストレスへの対処を学んでスキルアップしたい。

→ もっとストレスに強くなりたい!介護職・看護師・福祉職のための「対人援助職の自助グループ」にご参加ください。

●患者や利用者からの暴言暴力に困っていて、職場としての具体的な対応方法を学びたい。

→ 対人援助職のためのクレーマー・暴力対応セミナーを受講してください。

●言うことをきかずに自分勝手な振る舞いをする部下がいて、どんな対応をしてもうまくいかず、毎日疲弊している。

→ 手を焼く社員にもう振り回されない!モンスター社員対応セミナーを受講してください。

●今とても困っていることがあって、相談にのってほしい。具体的な助言が欲しい。

→ カウンセリングをご利用ください。

→ 法人・団体向けの相談サービスも行っておりますので、ぜひご利用ください。

→ はい。もちろん対応できます。カウンセリングを受けたスタッフの同意があれば、職場と情報共有を行うことも可能です。詳しくは法人向けカウンセリングをご覧ください。