· 

【対人援助職の自助グループ(2期生)】第6回(職場の惨事・緊急事態への対応)の講座を行いました。

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための「対人援助職の自助グループ」2期生の講座を行いました。

 

第6回目である今回のテーマは「職場の惨事・緊急事態への対応」です。

 

 

職場で突然起きる自殺、人が亡くなるような大きな事故、傷害事件、地震や火災などの災害、このような惨事、緊急事態。

 

もしあなたの職場でこのような惨事が明日発生したら、どうなると思いますか?

 

私はこれまでに、職場での自殺、殺人、深刻な交通事故、災害など、多くの惨事に見舞われた職場に出向き対応をしてきましたが、どの職場も文字通り「修羅場」です。

 

従業員は心身ともに疲弊し、非常に大きなダメージを負います。

 

自殺の目撃者など、特に強いショックを経験した人は、すぐに適切な対応をしないことでPTSDを発症しその後も様々な症状に悩まされることになります。

 

大混乱に見舞われる職場では、管理職も何をどう対応したら良いのかわかりません。

 

その中で職員の疲弊は続き、職場への不信感、怒り、悲しみが生じ、犯人探しが始まります。

 

メンタルヘルス問題、健康問題、いじめ、仲間割れ、派閥、退職、ミス、事故

 

安心、安全を欠いた職場は機能不全に陥り、深刻なダメージをいつまでも引きずる。

 

職場で起きる惨事は、職場の生産性を大きく低下させる、本当に深刻なものです。

 

だからこそ、私は声を大にして言いたい。

 

惨事対応は、正しい知識さえあれば、あなたが被るダメージも、職場が被る損失も、半減することができるのです。

 

必要なのは、惨事対応の基礎知識。

 

たった90分、私の話を聴いてもらえればいい。

 

その話を、あなたが職場で発信すればいい。

 

「うちの職場では大丈夫」

 

こう思ったあなた

 

みんな、そう思っているのです。

 

だからこそ、あなたが正しい知識をつけるのです。

 

今回の自助グループでは、皆さんにこの「正しい知識」をつけて頂きました。

 

1期生の時もそうでしたが、今回も「聴いておいてよかった!」という声を皆さんから頂いています。

 

2期生の自助グループは、早いもので残り1回を残すのみ。

 

淋しいですが、今回も良い仲間にめぐり逢えました。

 

残り1回、最後まで皆さんと学びを深めていきたいです。


セミナーのご案内

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【入門コース】 平成30年11月30日(金) 定員5名 詳しくは こちら

 

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第3期生) 定員8名 詳しくは こちら 


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事