彼氏を束縛することをやめたいのにやめられないあなたに伝えたい、大切な話。

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

カウンセリングで、「必要以上に恋人を束縛してしまい、いやがられてしまう」という相談をよく受けます。

 

LINEで既読がついているのに返事がないと不安になる。

 

「嫌われた?」

 

「昨日の電話で私、何かまずいこと言っちゃったかな」

 

「もしかして今、他の女性と会ってるのでは?私のLINEを無視して、楽しんでいるんじゃないかな」

 

こんなふうに、頭の中で想像が膨らんでいく。

 

一方で、あなたはそんな自分の気持ちをコントロールしようという意識も持っています。

 

「きっと私の考えすぎだよね。そのうち普通に返事が来るはず。もうちょっと待ってみよう」

 

そう考えて、雑誌を読んだり、テレビを見て気を紛らわせようとする。

 

でも、ずっとスマホが気になって仕方がない。

 

結局さっきから15分経った。

 

この15分がとにかく長く感じた。

 

 

スマホをとる。

 

画面には「既読」の文字。

 

「なにやってんの?私がこんなに我慢して待っているのに。やっぱり本当に無視してるんじゃない?」

 

「きっと私のことなんてどうでもいいと思ってるんだ」

 

これまで抑えていた不安、不満が徐々に徐々に大きくなる。

 

そして、あなたはもう一度LINEでメッセージを送る。

 

「ねえ、何やってるの?忙しいの?」

 

今度はいつまでも未読のまま。

 

こうなると、あなたの頭の中ではどんどん想像が膨らみ、ストーリーが展開されていきます。

 

「私は大事にされていない」

 

「彼は私のことなんてどうでもいいはずだ」

 

「私のことなんて遊びだったんだ」

 

気がつくと、あなたはその怒りや悲しみの大波に飲まれるように行動がコントロールできず、彼にメッセージを送りまくり、電話もたくさんかけてしまう。

 

たまたま仕事が忙しくてスマホを見れなかった彼がスマホを見ると、驚くほどのメッセージと着信の嵐。

 

「嘘つき!」「裏切り者!」「卑怯者!」

 

こんなふうに罵倒する内容のものもあれば

 

「私に悪いところが有れば直すから言って!」「お願い見捨てないで!」なんて懇願する内容のものもある。

 

彼は「いったい何なんだ!?ちょっと忙しくてスマホ見れなかっただけなのに」「これはさすがにあり得ないな。束縛がきつすぎる」と感じて、結局「おれたち、ちょっと距離を置かない?」なんて言われてしまう。

 

程度の差こそあれ、これと似たようなことはあなたに起きていませんか?

 

彼を思う余りに、不安を抑えきれずに傷つけてしまう。

 

そして、あなた自身も深く傷つく。

 

あなたの悩みは、自分の感情と行動をコントロールすることができないことですよね。

 

わかっちゃいるけど、どうしてもやってしまう。

 

これは、とても苦しく辛い悩みです。

 

「他の人のように、どうして私はうまく恋愛ができないんだろう」

 

「もっと普通に交際がしたいのに」

 

解決の手だてが見つからず、日々痛みを感じていないでしょうか。

 

あなたは、とても真面目で一生懸命なのだと思います。

 

今日は、そんなあなたが少しでも良い方向に向かうように、解決の糸口をつかめるような話をしてみます。


「不安を今すぐに安心に変えようとする」よりも、「不安と付き合えるようになる習慣」を持つこと。

 

・彼からLINEの返事がない

 

・彼の電話での態度がなんとなくそっけなかった

 

・彼が実家に帰って同窓会に参加するらしい

 

こんな出来事が刺激となり、あなたは毎回「不安」になります。

 

「見捨てられるのではないか」

 

「嫌われたかな?」

 

「きっと彼を誘惑する女性が現れて、浮気されるに違いない」

 

ここで生じる不安は、誰にでもあるものです。

 

この不安と付き合えると、次のような行動になります。

 

「さっきの彼の電話はそっけなく感じたな。不安だなー」なんて思いながらも、「まあ、きっと気のせいだよ。彼は仕事忙しくて疲れてるし。たまたま今日は冷たく感じただけだよ」と思って、そのまま一日過ごす。

 

そしたら、翌朝彼から「おはよー」なんてかわいいスタンプ付きでLINEがくる。

 

「あ、良かった。やっぱり気のせいだった」と安心する。

 

こうやって、不安と付き合うことができれば彼を傷つける行動を抑えることができ、あなたも今のような傷つき方をすることがなくなります。

 

これが大切なのです。

 

ただ、あなたにとってこれはとても難題です。

 

不安が生じると、その不安に押しつぶされそうになります。

 

いてもたってもいられなくなり、動悸や過呼吸が起きたり、胸のあたりがとても重く感じたり

 

耐えることがとても困難なのです。

 

だからこそ、今すぐ楽になりたい。

 

その不安を「今すぐに」安心に変えたくなるのです。

 

このように、不安と付き合うことができないと行動のコントロールができません。

 

結果、何度も何度も彼に電話をしてしまう。

 

それでも彼が出てくれないと、その不安が怒りや悲しみに変わり、さらに行動がエスカレートする。

 

彼を傷つけ、あなたも傷つき、惨めな気持ちになる。

 

結果、「どうせ私なんて嫌がられているに違いない」と、より物事を悪くと捉えて、不安が強くなる。

 

そして同じことを繰り返す。

 

このような悪循環で苦しんでいるのではありませんか?

 

そんなあなたが取り組むことは、不安を今すぐに安心に変えることではない。

 

不安と少しでも一緒にいられるようになる習慣を持つことなのです。

 


あなたを苦しめる「ネガティブな考え方の癖」と「人に対する不信感」

 

もしここまでの内容について「私のことだ!」と思ったなら、どうしてあなたがそこまで不安を抱えることができないのかを、整理していく必要があります。

 

例えば、このような悩みを抱えている方の多くは、普段から人間関係に対する安全や安心を感じることが少ないという傾向にあります。

 

ざっくり言うと、人間関係は危険であると思っている。

 

傷つけられる可能性が高いと思っている。

 

あんまり人を信用しない方が安全だと思っている。

 

あなたもこんな傾向がありませんか?

 

人のことを信用できないと、相手の行動に対する受け止め方がとにかくネガティブになります。

 

ただ電話に出てもらえないだけで「嫌われた」「無視されている」と根拠もなく極端な受け止め方をして不安や怒りになる。

 

また、人のことが信用できないからこそ、その分パートナーには依存的になります。

 

相手への思いが強くなりすぎるので、その思いが満たされないと、不安や怒りが強くなる。

 

だから、ちょっとした行き違いを穏やかに確認することができず、「裏切られた!」「私のことなんて嫌いなんだね!」と極端なメッセージになりトラブルになるのです。

 

まとめると、「ネガティブな考え方の癖」そして、「人に対する不信感」もあなたの課題です。


カウンセリングを受ければ、あなたは「変わるきっかけ」と「希望」を手にすることができる。

 

ここまでの話を聴いて、いかがでしょうか。

 

「もっと普通の恋愛ができるようになりたい」

 

「彼を不必要に傷つけることをやめたい」

 

「怒ってばかりでなく、もっと穏やかに過ごしたい」

 

こんな思いをあなたが抱えるなら、一度カウンセリングで課題を整理してみることをお勧めします。

 

あなたは、もしかしたらこれまでに、家族関係などでとても深く傷ついた経験があるのかもしれません。

 

人間関係でとても辛いことを経験すると、「あんまり信用しない方が安全だな」「どうせ私が悪いんでしょ」「私は誰からも必要とされていない」など、不信感やネガティブな考え方の癖、そして根拠のない思いこみをもって生きるようになります。

 

今、それらの問題が毎日あなたを苦しめています。

 

でも、不信感やネガティブな考え方は、あなたにとって必要だった時期は確かにあったのではないでしょうか。

 

例えば、親がいつも不安定で、ニコニコととても優しく抱きしめてくれたかと思えば、翌日にはムスッとして口をきいてくれず、暴力を振るう。

 

そんな親の下で育つ子どもは、「今日はお母さんは優しいけど、明日にはどうなるかわからないから安心しないようにしよう」と常に一定の警戒心を持つようになります。

 

期待しない方が傷つかなくて済むからです。

 

そして、「私がちゃんとしないから悪いんだ」「どうせ私なんてダメな人間だし」と考えて自分で納得させる癖がつきます。

 

そうやって毎日、一生懸命に生きるのです。

 

程度の差こそあれ、今あなたを苦しめている不信感や考え方の癖は、あなたが生きてきた環境の中で、あなた自身を守ってきた考え方であるかもしれません。

 

「よくここまで生きて頑張ってきたなと自分に言いたくなりました」

 

これは同じように恋愛の問題でご相談頂いた方から頂いた感想です。

 

そうです。

 

あなたは一生懸命に生きてきました。

 

今、あなたは毎日自分を責めてしまっていると思います。

 

でも、まずは自分のことをきちんと理解することで、「よくここまで生きて頑張ってきたな」と自分に言えるようになるかもしれませんよ。

 

私は、あなたが、あなたの力で変わることができるようにサポートします。

 

まずはお気軽に、一度カウンセリングをご利用ください。

 

いつでもお待ちしています。


セミナーのご案内

◆平成30年7月8日(日)職場の惨事ストレスマネジメントセミナー ~自殺・事故死・殺人・傷害事件・災害など、突然の惨事に見舞われた職場は、まず何をすべきか ~ 定員12名 詳しくは こちら

 

◆平成30年7月26日(木)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【入門コース】 定員8名 詳しくは  こちら

 

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第3期生) 定員8名 詳しくは こちら 


ブログカテゴリ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事