やまざき日記。其の26「イースタンユースのライブ」

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

金曜日にイースタンユースのライブを観に渋谷のクアトロに行きました。

イースタンユースは、知る人ぞ知るバンドなんですが、私はファン歴20年くらい。

 

大学2年の時にハマって、大学の時はライブに行きまくり、今でも年に1~2回は行っています。

 

イースタンユースの曲を聴いてると、いつも説教されてる感じがするんですよ。

 

他の曲のように聴いていると和むとか、励まされるとか、「一人じゃないんだよ」みたいな温かいメッセージをもらう感じではなくて、どちらかというと「おまえは一人だ」「それが現実だ」みたいな、けっこう厳しいメッセージが飛んでくる。

 

厳しいんですけど、同時にとても優しいんですよ。

 

仕事が嫌で嫌で仕方なかった新人の頃も、朝電車の中で聴き続けていましたね。

 

いつ聴いても泣ける「夜明けの歌」

魂が震える「踵鳴る」

イースタンユースから私が学んだこと。

 

それは、「自分の人生に責任をもつ」ということです。

 

自分が何がしたいのか

 

どうありたいのか

 

曲を聴くたびに「おまえのことはおまえで決めろよ」と言われている感じがするので、なんだか地に足がつくというか。

 

私にとって、今イースタンユースのライブに行くというのは、まあ座禅を組みに行くようなもんなんですかね。

 

ちゃんと自分がぶれずにやれているのかを確認しに行くような、そんな目的も大いにありますね。

 

次は7月かな?

 

きっと行くと思います。

 

あと、今回ラッキーだったのはゲストにMOROHAが出たことです。

 

MOROHAもいいですよー。

 

泣けます。

 

心揺さぶられます。

あれ?坊主に眼鏡がかぶってしまったけどイースタンユースとは別です。

 

この曲もいいので聴いてみてください。

 

「ドリームはカムしてトゥルーにならず」ってフレーズ、いいですよね。

 

あと、話は変わりますが。

 

この日、ライブの前に新しく見つけた渋谷のセミナー会場を下見してきました。

渋谷の宮益坂下の交差点を、まっすぐ宮増坂上の交差点まで歩けば到着!

 

すごくわかりやすいし、綺麗だし気に入りました。

 

それでも、やっぱり前の会場の方が好きなんですけどね。

 

とりあえず今年はここを使おうかなと思います。


セミナーのご案内

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー 動画配信中! 詳しくは  こちら

 

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第3期生) 定員8名 詳しくは こちら 


ブログカテゴリ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆思い通りにいかないと感情的になる部下には、「感情的になった事実」を問題として扱う

 

◆まだ犯人探しなんて無駄なことやってんの?利用者さんとのトラブルを家族問題で置き換えてみると、職場の課題が丸裸になる!

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆働きたい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ

 

◆「利用者に嫌われた」とお悩み掲示板で相談をしている介護職への同業者からのコメントがあまりにも厳しく危険なので、「そりゃあ人手不足になるよな」と思った話

 

◆利用者さんからきつい暴言を受けた後、ぐったりしてしまいました。早く回復する方法を教えてください!

 

◆従業員の燃え尽き防止のセミナーもいいけど、その前にきちんとサービスの限界設定をしませんか?

 

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話

 

◆不登校の子どもの本当の悩みは「学校に行けないこと」ではなくて「行きたくない学校に行かないことを大人に許してもらえないこと」