· 

動画配信サービス開始のお知らせ

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

ついに準備ができたので、本日から動画配信サービスを開始いたします。

 

現時点で視聴可能なコンテンツはストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナーの「入門コース」となります。

 

この動画を購入いただくと、7日間動画が見放題となります。

 

つまり、聴き逃しなく、何度も入門コースを学ぶことができます。

 

遠方でなかなか都内のセミナーに来れない、仕事が忙しくてセミナーを受ける時間がない方は、自分の時間のある時に動画を見て学んで頂くことが可能です。

 

そして、もうすでにバウンダリーセミナーを受けて頂いた皆さま。

 

一度受けただけでは細かいところを忘れてしまいませんか?

 

せっかく学んだことをきちんと実践して行動を変えていくために、改めて動画と資料を見直して、復習して頂くことをお勧めします。

 

以下、入門コースの動画についてのご案内になります。 


【入門コース】ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー 

 

バウンダリーの基礎を学び、対人援助職としての自己理解を深める入門講座です。

<セミナー内容>

 

■バウンダリー(境界線)とは?

 

・暴力加害者にありがちな考え、暴力被害者が陥りやすい考え方から、境界線の崩壊した人間関係を学ぶ。

・安全で対等な人間関係とは?

・バウンダリーチェックリスト(職場の人間関係、援助対象者との距離感をチェックする)

 

■バウンダリーが保てない時に何が起きるか。

 

・力のあるものが弱いものをコントロールする「支配・被支配の関係」

・援助職が、援助職として必要とされる必要がある「共依存の関係」

・相手に興味関心を持たない「無関心の関係」

 

■バウンダリーを保つために必要なのは、まず「援助職が精神的な健康を保つこと」

 

・燃え尽きのメカニズム

・援助職の現場ではなぜ感情が抑圧されるのか

・心理テストによる自己理解

 

受講料:8,500円(税込)/  124分  

視聴可能期間:7日間(期間内は何度でも視聴できます)

 

※再受講(セミナーを受講している方):6,500円(税込) 


動画配信サービスをお申込みいただく前にご確認ください

利用規約をご確認ください。お申込みいただいた時点で、利用規約に同意いただいたものとさせて頂きます。

 

・お申込みを確認後、当方よりお支払いについてメールでご案内いたします。お客様からのお支払いを確認次第、動画が視聴できるURLと講座資料を送付いたします。

 

・お支払いは銀行振込またはペイパル(PayPal)によるクレジットカード決済となります。

 

・動画はストリーミング再生です。視聴する際はWi-Fiの環境で行うなど、データ通信量にご注意ください。

 

・お申込み頂いてから2日以内に当方からの返信がない場合は、お手数ですがこちらより改めてご連絡ください。


お申込み

メモ: * は入力必須項目です


セミナーのご案内

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第3期生) 定員8名 詳しくは こちら     


ブログカテゴリ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆思い通りにいかないと感情的になる部下には、「感情的になった事実」を問題として扱う

 

◆まだ犯人探しなんて無駄なことやってんの?利用者さんとのトラブルを家族問題で置き換えてみると、職場の課題が丸裸になる!

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆働きたい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ

 

◆「利用者に嫌われた」とお悩み掲示板で相談をしている介護職への同業者からのコメントがあまりにも厳しく危険なので、「そりゃあ人手不足になるよな」と思った話

 

◆利用者さんからきつい暴言を受けた後、ぐったりしてしまいました。早く回復する方法を教えてください!

 

◆従業員の燃え尽き防止のセミナーもいいけど、その前にきちんとサービスの限界設定をしませんか?

 

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話

 

◆不登校の子どもの本当の悩みは「学校に行けないこと」ではなくて「行きたくない学校に行かないことを大人に許してもらえないこと」