望まない異動で新たな仕事にやる気がでないあなたを助ける考え方。「有意味感」「意味づけ」の習慣があなたを救う。

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

今日は、望まない異動により、複雑な思いで新年度を迎えている人に記事を書いてみます。

 

先月半ばに、ある職場の相談員の方からこんな相談を受けました。

4月から異動が決まり、これまでずっとやりがいをもって働いていた職場を離れます。

 

専門家として働くことに変わりはないのですが、新しい職場はどちらかというと私の専門ではなくて、力が発揮できないと思うんです。

 

それでもがんばろうとは思うのですが、どうもやる気が起きなくて。

 

まだ気持ちの整理ができていないんですよ。

 

どうしたら少しは前向きに働けそうでしょうか?

 

何かあれば教えてください。

 

ここまで

 

新年度をこの方に似たような思いで迎えた方は、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

病院であれば担当する病棟が変わったり、施設であれば受け持つフロアや施設自体が変わったり

 

4月は変化が多い時期です。

 

これまで大変な思いで働いていた方が異動によって救われることもある。

 

一方で、やりがいをもって働いていた人は、大きくモチベーションを落としてしまう異動だってある。

 

自分の力ではどうにもできない問題ですから、気持ちの整理をすることは本当に大変だろうと思います。

 

新たな仕事が、本当に合わなかったり、そこでの人間関係がうまくいかなければ、いくら気持ちを整理しようと思ってもなかなかそうはいかないでしょう。

 

でも、少しでも前向きに新たな職場で仕事をするために、役に立ちそうな考え方を今日は紹介しようと思います。


今の悩みや苦痛の中に「意味を見出す」習慣が、あなたを変える。

  

それは、「意味づけ」「有意味感」です。


ストレスを感じたときに「意味付け」がうまくできる人は、前向きにそのストレスと向き合い、精神的な健康を保ちやすくなります。

 

「意味づけ」「有意味感」とは、自分がストレスに感じる状況、困難な問題に向き合うことに「意味を見いだす」ということです。

 

第二次世界大戦中、アウシュビッツ強制収容所を経験した女性の3割は、精神的な健康を保っていたといいます。

 

その3割の人が、どのようにして精神的な健康を保ったのか? 

 

それは、「必ず生きて帰ってこの経験を語り継ぐぞ!」「生還者として本を書こう」などと、過酷すぎる日々の中に意味を見出していたそうです。

 

このような考え方は「健康生成論」と呼ばれています。

 

私も、この「意味づけ」は得意な方です。

 

私は何かうまくいかないことがあったり、落ち込むことがあると、「これでカウンセラーとしてのスキルがあがった」と思うようにしています。

 

辛いことをひとつでも多く経験すればするほど、人の気持ちがわかるので仕事に活きるのです。

 

今の悩みや辛さが、自分の人生やキャリアにどのような意味を持つのか。

 

これを考えてみる習慣を持つことで、ストレスとの付き合い方が変わってくるかもしれません。

 

それでは、今回の悩みの原因となっている「望まない異動」に意味づけをしてみましょう。

 

ここで一旦ブログを読み進めるのをやめて、あなたならどのようにこの状況に意味を見いだすのか、考えてみてください。

 (意味づけができたら、下にスクロールしてください)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


どうでしょうか。

 

意味を見いだせましたか?

 

なんでもいいんですよ。

 

「この経験が今後に生きるはずだからがんばろう」

 

「望まない異動をする人の気持ちがよくわかった。同じ悩みを抱える人から相談を受けたら共感できる」

 

あなたなりの意味を見出して、ストーリを作る。

 

これを習慣にすると、今よりもストレスに強くなるかもしれません。

 

注意してほしいのは、この意味づけは、「感情の抑圧」ではありません。

 

辛い気持ちを無理に押し殺して強引に意味づけをしてしまうことで、より状況が悪化することだってあります。

 

辛さや苦しさはありのままに受け入れた上で、意味を見出してみる。

 

それにより困難を乗り越えるモチベーションが上がることがある。

 

でも、辛いものは辛い。

 

自分のノーマルな感情は大切にしてくださいね。


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

 

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆「NGT48事件」から学ぶ、対人援助職の共依存がもたらす、離職・燃え尽き問題の構造と対処法

 

◆職場の喧嘩を上司のあなたが「仲裁しよう」としているから、いつまでも問題が解決せず繰り返されるんですよ。

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆あなたの職場ですぐに新人が孤立するのは、「業務内容」は教えても「職場の小さな当たり前」を教えていないからではないですか?

 

◆共依存タイプの上司は、部下の自立を嫌い、部下の依存や不安を好む。

 

◆鳥取県養護学校の看護師一斉退職に見る、対人援助職の使命感の強さが生む「依存」と「機能不全」

 

◆バウンダリー(境界線)基礎講座1日目「人間関係の大原則が学べるバウンダリー(境界線)とは?」

 

◆働きやすい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ!

 

◆悪質なクレーマーやモンスター患者対応の基本は、職場としてのバウンダリー(境界線)を強化すること!

  

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話