· 

【対人援助職の自助グループ(1期生)】第3回を行いました!

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

昨日は対人援助職の自助グループ1期生の3回目の講座でした。

前半はいつものようにミーティング。

 

この一ヶ月の現状報告、聴いてほしいことなどに加え、今回は「苦手に感じる利用者さん、患者さん」「苦手な同僚」をテーマに共有しました。

 

苦手な利用者さんや同僚をただ批判する場ではなく、「私」を主語に、苦手に感じたエピソードや、その時に生じる気持ちを語り共有する。

 

「一方的に権利を主張されて困った」

 

「毎回話を遮る同僚がいて嫌な気持ちになる」

 

「自分の意見がなく、いつもスタッフに頼る利用者さんが苦手」

 

困った、嫌だった、苦手に感じる、など。

 

職場ではなかなか共有できない話も、ここでは安全に語ることができます。

 

そして、後半は「感情調節スキル」をテーマに講義をしました。

 

感情とは何か?

 

感情にはどんな種類があるのか?

 

感情に影響を与える思考の癖とは?

 

そして、苦痛や辛さと上手に付き合うには?

 

普段私が医療機関で行う職場復帰を目指す方のグループで行う話を中心に講義しました。

 

毎日ストレスの強い対人援助職は、感情の麻痺が起きやすいと思うんですよね。

 

「辛いと思っても何も変わらない」

 

「こんなことで腹を立てていたらやっていけない」

 

こうやってノーマルな感情を抑圧していると、嬉しい、楽しい、安心、といったプラスの感情まで感じづらくなってしまいます。

 

感情を抑圧する癖がついている人や、嫌なことはオートマチックに忘れる癖がついている人などは、まずはノーマルな感情を取り戻す習慣作りが大切ですよ。

 

今回は、そのことを勉強して振り返ってもらいました。

今回は終了後に天狗で飲みました。

 

趣味の話や、「本当は何をして暮らしたいか」などの話で、1時間くらいでしたが大盛り上がりでした。

 

私は、「一日中ボルダリングやってたい」と答えましたが、その前に早く手首を治さないといけません。

 

写真見てもらえるとわかると思いますが、右下のサポーターつけてる手が私です。

 

1期生、次回は「共依存」です。

 

2期生は5月に開講です。

 

そして、3期生を大募集中!

 

みなさんの参加をお待ちしています!


セミナーのご案内

平成30年5月11日(金)対人援助職のためのストレスマネジメントセミナー ~ あなたの人生を変える、「ストレス」と「感情」についての大切な話 ~ 定員8名 詳しくはこちら

 

◆平成30年3月23日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【基礎コース】 定員8名 詳しくは こちら

  

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第3期生) 定員8名 詳しくは こちら     


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆思い通りにいかないと感情的になる部下には、「感情的になった事実」を問題として扱う

 

◆まだ犯人探しなんて無駄なことやってんの?利用者さんとのトラブルを家族問題で置き換えてみると、職場の課題が丸裸になる!

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆働きたい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ

 

◆「利用者に嫌われた」とお悩み掲示板で相談をしている介護職への同業者からのコメントがあまりにも厳しく危険なので、「そりゃあ人手不足になるよな」と思った話

 

◆利用者さんからきつい暴言を受けた後、ぐったりしてしまいました。早く回復する方法を教えてください!

 

◆従業員の燃え尽き防止のセミナーもいいけど、その前にきちんとサービスの限界設定をしませんか?

 

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話