「不安を今すぐに安心に変えるための行動」より、「不安と一緒に過ごせるようになる習慣」を持つことが、あなたの人生を大きく変える。


こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

今日は、不安や憂うつなどの負の感情に悩まされている方に記事を書きます。

 

例えば、恋人にLINEを送って、既読になっているけどいつまでも返事がない場合、あなたはどんな感情になりますか?

 

いつもならすぐに返事が来るのに、3時間も返事がない。

 

私、何か悪いことしたかな?

 

もしかして、彼が具合が悪かったり、事故に巻き込まれたりしてないかな?

 

不安、心配、焦りなど、人により色々な感情が出てきますよね。

 

感情は行動に影響を及ぼします。

 

当然ですが、不安が強くなればなるほど、その不安を和らげようとしますよね。

 

だから、もう一回LINEでメッセージを送ってみる。

 

「何かあった?」

 

それでも返事がない。

 

もしかして私嫌われた?無視されてる?

 

ますます強くなるあなたの不安。

 

そして、その不安は、悲しみや怒りに変わることもあります。

 

「ひどい!こんなに私を心配にさせて!」

 

「無視するなんてあり得ない!」

 

今度は強い怒りが行動に影響します。

 

さらにLINEを送ったり、電話をかけまくったりしてしまう。

 

急な仕事のトラブルが発生して対応に追われていた彼がスマホをチェックしたら、なんとLINEと着信の嵐。

 

LINEのメッセージは「ひどい!」「やっぱり私のこと嫌いなんだね!」なんて、とても怒っている様子がはっきりわかる。

 

「え?仕事が忙しかっただけなのになんで???」

 

彼からしたら理解に苦しむでしょう。

 

そして、あなた自身も彼を不必要に傷つけてしまった自分を悔い、傷つくでしょう。

 

ちょっと例えが極端ではありますが、あなたも自分の「不安」を「安心」に変えたくて、行動のコントロールができずに体調を崩したり、人間関係のトラブルを招いたりして辛い思いをしていませんか?

 

 

仕事のトラブルが不安で、毎日不安の芽をつみ取ることに多くの時間を費やし、慢性的に過重労働で体調が悪いとか

 

子どもが学校に行かないことが不安で不安で仕方がなくて、早く安心したくて、本当は子どもにプレッシャーを与えたくないのに、「早く学校にいきなさい!」とキレてしまうとか。

 

仕事や家庭、恋人との関係による悩みは、どれをとっても辛いことが多いでしょう。

 

耐えられないほど不安になることもあるでしょう。

 

だからこそ、不安を安心に変えたい、苦痛を楽に変えたい。

 

こう思うのは当然のことであると思います。

 

あなたはとてもまじめで、一生懸命なのだと思います。

 

だけど、毎回毎回不安や苦痛を「すぐに」楽な感情に置き換えようと動くことが癖になっているとしたら、あなたは別の悩みを抱えることになります。

 

何度も恋人に連絡をしてしまったり、思い通りに動かない相手に怒ってしまったりすることで慢性的に起きる人間関係のトラブル。

 

仕事や育児に手を抜けないことで起きる慢性的な体調不良。

 

または、手っ取り早く緊張を癒すために、お酒や買い物、ネット依存、リストカット、過食など、コントロールが効かなくなる行動。

 

結果、不安や苦痛を、安心や楽に変えるためのあなたの行動が、さらなる不安や苦痛を生む。

 

そしてその不安に耐えられないあなたは、またすぐに安心に変えるための行動を行う。

 

まさに負のスパイラルで、問題が解決しません。

 

そして、あなたはどんどん卑屈になり、自信がなくなっていきます。

 

「どうせ私のことをうざいと思っているんでしょ!」なんて、余計に彼に怒りやすくなるかもしれない。

 

「こんな自分だから無視されているに違いない」と、職場で同僚に被害的になっていくかもしれません。

 

こんな大変な渦に巻き込まれていませんか。

 

もしそんな強い痛みを味わっているとしたら、今はあなたにとっての転換期なのかもしれません。

 

これまでのように、「不安」を「安心」に変えようとすぐに動くのではなく

「不安」と少しでも長く、一緒にいれるようになること。

 

「不安だけど、一日待ってみよう」「不安だけど、まあ今はこれで様子をみるしかないよな」と、「感情」が「行動」に与える影響が少なくなるように、変わっていく時期なのです。

 

そのために、あなたにできることから始めてみましょう。

 

ポイントは、「不安」と「行動」に「間」をつくることです。

 

例えば、「彼からLINEの返事がない!無視されてる?嫌われてる?」と不安を感じたときに、すぐに「ねえ、LINE読んでる?」とメッセージを送る(行動する)のではなく、その不安と一緒にいられる時間を少し増やす。

 

「不安だなー」と感じながら、そのまま過ごす。

 

それが行動との間にできる「間」です。

 

この間をつくりましょう。

 

はじめは、それが10秒でも、1分でもいい。

 

結果的にLINEを送って返事を催促してしまっても、今のあなたには、それは仕方ないことです。

 

あなたにできる「間」をつくろうと取り組むこと、そして少しでも「間」ができたこと、これにとても価値があるのです。

 

「10秒しかできなかった」ではなく、「10秒も不安と一緒にいることができた」と、がんばった自分に声をかけてあげてください。

 

深呼吸をしたり、癒される動画を観たり、音楽を聴いたり、アロマをたいて香りを楽しんだり、運動をしたり

 

あなたにできる方法を取り入れることで、より上手に感情とつき合うことができるようになってきます。

 

10秒が1分、1分が3分、3分が10分・・・と、少しずつ、不安と一緒に入れるようになってきますよ。

 

ぜひ、試してみてください。

 

感情ともっと上手につき合えるようになりたい方は、ぜひカウンセリングを受けてみてください。

 

あなたにあった解決方法を一緒に考えさせて頂きます。

いつでもお待ちしております!


セミナーのご案内

平成30年5月11日(金)対人援助職のためのストレスマネジメントセミナー ~ あなたの人生を変える、「ストレス」と「感情」についての大切な話 ~ 定員8名 詳しくはこちら

 

◆平成30年3月23日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【基礎コース】 定員8名 詳しくは こちら

  

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第3期生) 定員8名 詳しくは こちら     


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆思い通りにいかないと感情的になる部下には、「感情的になった事実」を問題として扱う

 

◆まだ犯人探しなんて無駄なことやってんの?利用者さんとのトラブルを家族問題で置き換えてみると、職場の課題が丸裸になる!

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆働きたい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ

 

◆「利用者に嫌われた」とお悩み掲示板で相談をしている介護職への同業者からのコメントがあまりにも厳しく危険なので、「そりゃあ人手不足になるよな」と思った話

 

◆利用者さんからきつい暴言を受けた後、ぐったりしてしまいました。早く回復する方法を教えてください!

 

◆従業員の燃え尽き防止のセミナーもいいけど、その前にきちんとサービスの限界設定をしませんか?

 

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話