2年目を迎え、バウンダリーセミナーの今後を考える。

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

今日は、この1年定期的に実施してきたストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナーについてお話します。

 

このバウンダリーセミナーは、エイダーズを多くの援助職の方に知ってもらおうとまずは種蒔き目的で1年目に始めたセミナーです。

 

今は4,000円でやっていますが、この一年、皆さまのご意見を伺いながら料金や内容を改定してきました。

 

ご参加頂いた皆さまの満足度は8~9割くらいでした。

 

職場に研修講師として呼んでくださった方、同僚や援助職の知人を紹介していただいた方などもいました。

 

満足頂いた方の声をいくつか紹介します。

 

・セミナーに参加するのがこんなに待ち遠しいとは、1回目より2回目、もっと学びたいと思えるセミナーです。 そしてとにかくわかりやすく、学んだ感がしっかり実感できるセミナーです。 人生半ばを過ぎ、ある程度自分のことは理解しているつもりでしたが、セミナーで学んだ自己理解を深めていく中で悩みの本質を少しずつ整理できるようになりました。今まではその悩みにただ蓋を閉め、湧き上がってくるストレスにまた蓋を閉めての毎日だったのだと思います。今回は2回目の参加でしたが、1回目からすこぶる元気、何より心が楽になりました。 対人援助職の駆け込み寺のような存在、今回もありがとうございました。 (訪問看護師)

 

・研修資料を事務所に提出後、同僚達は興味津々で色々と質問が来ました。先生からの説明を話すと納得したりさらに質問が来たりで、かなりの反響でした。 我々の部署に、まさに必要な話で明確な説明でわかりやすく、もやもやしていたことが消えるような研修でした。今後関西圏で研修されることがあれば是非当事務所員全員を受講させたいと思います。ありがとうございました。(訪問看護師)

 

・最初から最後まで、思い当たることや納得することばかりで時間があっという間でした。本当に参加して良かったです。ケース支援をはじめ、職場での人間関係や友人との関係、親子関係等、引っ掛かりを感じていた場面の捉え直しができ、心が軽くなりました。早速、周囲の方に受講を勧めております。次回の日程が発表されるのを楽しみにしています。(保健師)

  

とても励みになるお声です。

 

やはり対人援助職にはバウンダリー(境界線)の理解が必要なんだな、と強く感じました。

 

一方で、バウンダリーという言葉が独り歩きしてしまい、「バウンダリーを学べば、個人的な問題が解決できる」と思ってセミナーに参加される方が増えてきている印象があります。

 

例えば、「どうしても腹が立って仕方がない利用者さんがいる」という方が、バウンダリーを学べば治るのか?

 

治らないことも当然多いです。

 

「特定の利用者さんに怒ってしまう」という原因がどこからきているのか?

 

人格的な課題なのか、トラウマがあるのか、または他の理由なのか、などなど。

 

セミナーを受けて、人間関係の距離感を見直し、「そこまで腹が立たなくなった」という方はもちろんいるでしょう。

 

それは、バウンダリーを学んで気づきを得て、自分の課題を整理し、行動を変えてく力がある方にできることで、誰でもセミナーを受ければそうなるというものではありません。

 

「どうしても怒ってしまう」という問題の背景には色々な課題があるため、どちらかというとセミナーで自分が取りやすい人間関係の特徴を整理して、解決に向けてカウンセリングを行って課題の深堀をしていくことが必要な場合が多いですね。

 

そのような「個人的な悩みを抱える方」がセミナーに参加することがけっこう増えてきました。

 

一方で、「対人援助職としての自分を振り返りたい方」も多くご参加頂いています。

 

この両者がバウンダリーセミナーに参加するようになっているため、以前に比べて満足度にも偏りが出やすくなっています。

 

セミナーの内容自体が、後者の「対人援助職としての自分を振り返りたい方」をターゲットにしており、「個人の悩み解決」のニーズはそこまで満たさないため、当然だろうなと思っております。

 

こうした状況を受けて、3月のバウンダリーセミナーは、参加者のニーズをあらかじめメールで確認し、私がその方の課題をセミナー前に簡単に整理させて頂いています。

 

それにより、参加される方が、どのようなことに意識を置きバウンダリーを学ぶべきかが明確になるので、よりご満足いただけるのではないかなと考えています。

 

なので、3月23日(金)のセミナーに参加される方は、メールによる事前のミニカウンセリング付きなので、お得だと思いますよ。

 

この機会に簡単に自分の課題を整理しておきたい方は、ミニカウンセリング付きはこれで最後になる可能性が大きいので、ぜひ今回参加してみてください。

 

3月のバウンダリーセミナーを終えたら、この一年で明確になった課題を整理して、内容を大幅に見直そうと思います。

 

「対人援助職として、自分の人間関係の距離感を見直して整理したい」という方に参加して頂くことをより明確にしたセミナーにするつもりです。

 

時間は2時間半~3時間で、料金も値上げします(あくまで現時点の考えです)。

 

バウンダリーセミナーの4月以降の開催も全く未定なので、これまでのように短いスパンで定期開催ではなくなります。

 

今参加を迷っている方は、次がいつになるかわからないので、今月のご参加を検討してみてくださいね。

 

宜しくお願いいたします。


セミナーのご案内

平成30年5月11日(金)対人援助職のためのストレスマネジメントセミナー ~ あなたの人生を変える、「ストレス」と「感情」についての大切な話 ~ 定員8名 詳しくはこちら

 

◆平成30年3月23日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【基礎コース】 定員8名 詳しくは こちら

  

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第3期生) 定員8名 詳しくは こちら     


ブログカテゴリ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆思い通りにいかないと感情的になる部下には、「感情的になった事実」を問題として扱う

 

◆まだ犯人探しなんて無駄なことやってんの?利用者さんとのトラブルを家族問題で置き換えてみると、職場の課題が丸裸になる!

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆働きたい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ

 

◆「利用者に嫌われた」とお悩み掲示板で相談をしている介護職への同業者からのコメントがあまりにも厳しく危険なので、「そりゃあ人手不足になるよな」と思った話

 

◆利用者さんからきつい暴言を受けた後、ぐったりしてしまいました。早く回復する方法を教えてください!

 

◆従業員の燃え尽き防止のセミナーもいいけど、その前にきちんとサービスの限界設定をしませんか?

 

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話

 

◆不登校の子どもの本当の悩みは「学校に行けないこと」ではなくて「行きたくない学校に行かないことを大人に許してもらえないこと」