あっという間の開業1周年。お世話になった皆さまに伝えたいこと。


こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

本日で、エイダーズを開業して一年になります。

 

去年の2月くらいから、ホームページや名刺を作ったり、色々と準備を進めて、開業届を提出したのが3月8日。

 

1年目は種まきだと思っていたので、ブログをコツコツ書いて、セミナーやってネットワークづくりをして、という程度にしか考えていなかったんですよね。

 

だから、この1年にあった本当に多くの出会いや、予想していなかった研修講師、コンサルティング、カウンセリングなどの依頼は、正直驚いています。

 

特に対人援助職の自助グループが1期生、2期生とも満員になったこと、そして先月、援助職以外の職場から管理職研修の依頼があったこと、この二つは衝撃的です。

 

そして、ちょうど一周年に当たる今日、全く想像していなかったオファーを某企業様から頂きました。

 

開業したときの私がこの未来を聴かされても、まず信じなかったと思います。

 

それくらい、こんなことを言ったら悪いんですが、「エイダーズは本業のカウンセリングの傍ら」的な感じでしか考えていなかったのです。

 

なので、2年目も、あくまでも「本業はカウンセリング」なのですが、もうちょっと本腰を入れてやっていこうかなと思います。

 

やっぱり、私は「存在意義」を大切にしているんだなと改めて感じました。

 

自分がいる理由がわかる。

 

自分の専門性が必要とされている。

 

人の役に立てている。

 

存在する意味がある。

 

これがはっきりとわかる場所が、私の居場所なのだと思います。

 

2年目は、もっともっと悩もうと思います。

 

私自身が何をしたいのか。

 

何を大切にしているのか。

 

何を知りたいのか。

 

よく考えながら、成長していきたいです。

 

最後に。

 

この1年支えて頂いた皆さま、本当にありがとうございます。

 

本当に出会いに恵まれた1年。励みになりました。

 

セミナーに参加していただいた皆さま、ありがとうございます。

 

セミナーの後に飲みに付き合ってくれて、自分のことのように真剣に助言してくれた皆さま、ありがとうございます。

 

開業したてで実績もない私を、毎月のように職場に呼んでくれた事業所様、ありがとうございます。

 

研修講師に呼んで頂いた職場の皆さま、ありがとうございます。

 

自助グループのメンバーの皆さま、仲間になっていただきありがとうございます。

 

カウンセリングでご相談いただいている皆さま、ありがとうございます。

 

まだ出会っていませんが、いつもブログを読んでいただいている皆さま、ありがとうございます。

 

ブログへのアクセス数の多さは、いつも励みになっていました。

 

私が死ぬ時、この一年の濃さを必ずや思い出し、間違いなく胸を張るでしょう。

 

2年目も、ぜひ宜しくお願いいたします。

 


セミナーのご案内

平成30年5月11日(金)対人援助職のためのストレスマネジメントセミナー ~ あなたの人生を変える、「ストレス」と「感情」についての大切な話 ~ 定員8名 詳しくはこちら

 

◆平成30年3月23日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【基礎コース】 定員8名 詳しくは こちら

  

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第3期生) 定員8名 詳しくは こちら     


ブログカテゴリ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆思い通りにいかないと感情的になる部下には、「感情的になった事実」を問題として扱う

 

◆まだ犯人探しなんて無駄なことやってんの?利用者さんとのトラブルを家族問題で置き換えてみると、職場の課題が丸裸になる!

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆働きたい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ

 

◆「利用者に嫌われた」とお悩み掲示板で相談をしている介護職への同業者からのコメントがあまりにも厳しく危険なので、「そりゃあ人手不足になるよな」と思った話

 

◆利用者さんからきつい暴言を受けた後、ぐったりしてしまいました。早く回復する方法を教えてください!

 

◆従業員の燃え尽き防止のセミナーもいいけど、その前にきちんとサービスの限界設定をしませんか?

 

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話

 

◆不登校の子どもの本当の悩みは「学校に行けないこと」ではなくて「行きたくない学校に行かないことを大人に許してもらえないこと」