やまざき日記。其の24「我慢の限界の末の片手ボルダリング」

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

先月半ばに、大好きなボルダリング中に手首に痛恨のケガを負い、しばらくボルダリングを休むとブログに書いておりました。

あれから、毎週楽しみにしていたボルダリングという一番のストレス発散の手段を失い、悶々とした日々を送りました。

 

仕事のストレスって、私はそこまで強くないなと感じてたんですけど、ボルダリングをやめてみて、けっこうストレスかかってることに気づきました。

 

週1~2くらい壁に登って、そこで達成感を味わって仕事のエネルギーにしていたようですね。

 

それがなくなると、はっきりわかりますね。

 

仕事のプレッシャー、様々な不安、恐れ、あれもこれもやらねばという焦り、などなど。

 

色々と学ぶことが多い一ヶ月でした。

 

手首はだいぶ良くなりました。

 

今では普通に硬いペットボトルの蓋も開けられます。

 

ワックスの蓋も、目薬もひねって開けることができます。

 

手首を診てもらっている先生からは「順調」「来月の半ばくらいにはボルダリングを軽く初めてOK」と言われています。

 

前向きに、なんとか我慢しようと思ってましたが…

 

でも、毎週子どもをボルダリングジムに連れて行って、3時間くらい見学しているのは地獄ですね。

 

子どもは毎週楽しみにしているので連れていかないわけにはいかないですし…

 

アルコール依存症の人が、毎週飲まないで飲み会に参加するようなもんです。

 

無理でした。

 

そろそろ我慢の限界だ!

 

そうだ!

 

片手でやろう!

 

右手は使わなければいいでしょ!

 

そう決断したのが4日前。

 

そして、楽しみで迎えた今日。

片手でやるのはきつかったですが、意外とできるもんです。

 

そして、心が大喜びしていました。

 

楽しかった!

 

やっぱり私にとっては、「NO ボルダリング NO LIFE.」ですね。

 

また明日からがんばります!


セミナーのご案内

平成30年5月11日(金)対人援助職のためのストレスマネジメントセミナー ~ あなたの人生を変える、「ストレス」と「感情」についての大切な話 ~ 定員8名 詳しくはこちら

 

◆平成30年3月23日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【基礎コース】 定員8名 詳しくは こちら

 

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第2期生) 定員8名 詳しくは こちら  残り2名!   


ブログカテゴリ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆思い通りにいかないと感情的になる部下には、「感情的になった事実」を問題として扱う

 

◆まだ犯人探しなんて無駄なことやってんの?利用者さんとのトラブルを家族問題で置き換えてみると、職場の課題が丸裸になる!

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆働きたい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ

 

◆「利用者に嫌われた」とお悩み掲示板で相談をしている介護職への同業者からのコメントがあまりにも厳しく危険なので、「そりゃあ人手不足になるよな」と思った話

 

◆利用者さんからきつい暴言を受けた後、ぐったりしてしまいました。早く回復する方法を教えてください!

 

◆従業員の燃え尽き防止のセミナーもいいけど、その前にきちんとサービスの限界設定をしませんか?

 

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話

 

◆不登校の子どもの本当の悩みは「学校に行けないこと」ではなくて「行きたくない学校に行かないことを大人に許してもらえないこと」