NOといえるようになりたいけど、「相手を怒らせてしまうのではないか」と心配しているあなたが、身につけるべき自己主張のバリエーション

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

バウンダリーセミナーに参加された方から、こんな質問を頂きました。

 

「バウンダリーを学んで、きちんと断ることをしてこなかったなと改めて思いました。これからはできないことは断るようにしようと思います。でも、これまで断らなかった私が急に仕事を断ったら、相手を怒らせてしまわないか心配です。どうしたらいいですか?」


「急にNOと言った時のみんなの反応が気になる…」

 

普段カウンセリングでもよく相談を受けますが、断ることが苦手な人はとても多いですよね。

 

今日は早く帰りたいのに仕事を頼まれたり、いつも議事録をやらされたり、友達との飲み会でもなぜか毎回お店探しと予約をやらされていたり

 

あなたはそんな日々に心苦しさや葛藤を抱えているのに、相手にはそれがいまいち伝わっていない。

 

「仕事が好きなんでしょ?」

 

「お店探し得意だもんね」

 

なんて不本意なことを言われ、毎回嫌になる。

 

でも、どうしていいかわからない。

 

そうですよね?

 

そんなあなたが、意を決して「断ってみよう!」「NOと言おう!」と思い至った。

 

すばらしいことだと思います。

 

でも、今のあなたを悩ませているのは、「急にNOと言ったときの相手の反応」ですよね。

 

確かに、これまで断らずに何でも引き受けていたあなたは、同僚やお友達からすれば、嫌な顔ひとつせずにやってくれる人、と映っているでしょう。

 

そんなあなたが、急に「できません!」「無理です!」と言ったら、それは驚きますよね。

 

何があったんだ?

 

怒ってるの?

 

なんて。

 

中には、あなたが心配しているように、急にNOと言い出したあなたに対して不満を抱く人もいるでしょう。

 

いつも快く引き受けてきくれるあなたに依存している人は、特にそうだと思います。

 

あなたが変わることを快く思わないでしょう。

 

その人にとっては都合が悪いですからね。

 

生意気な!

 

みたいに思うかもしれません。

 

そんなあなたが、上手に断れるようになるために、知っておいてほしいこと。

 

それは、「バウンダリーを引くことが苦手な人は、自己主張が極端になりやすい」ということです。

 


「全く主張しない」か「強く主張する」の二択の自己主張から卒業する。

 

極端というのは、自己主張が0か100の2パターンしかないということ。

 

「何も主張せず、相手の望むように動く」か「できません!と強く断る」の2択です。

 

だから、相手に極端な印象を与えてしまい、トラブルになりやすくなります。

 

NOと言わない人って、「意外と頑固なところがある」と周りに言われることが多いんですよね。

 

私は、NOと言わない人のことを頑固だと思いません。

 

急に強く主張するから、周りには頑固に見えてしまうのです。

 

そんなあなたが学ぶべきことは、自己主張のバリエーションを増やすことです。

 

ニ択ではだめです。

 

「全く主張しない」を0

 

「強く主張する」を10

 

この間を増やしていくことです。

 

10か9だけでなく、4、5、6、7あたりを習得しましょう。

 

そうすれば、極端な印象を与えずに、より安全にNOと言うことができますよ。

 

たとえば、

 

・ちょっと嫌そうな顔をしてみる

 

・すぐに引き受けず、一時間くらい考えてから引き受ける

 

・「今忙しくて無理そうです」と言っても、それでも依頼してくるなら引き受ける

 

・ソフトに、笑いながら「今日は無理なんですよ」と言ってみる。

 

・さらにお願いされたら、困った顔をして「難しいです」と言う。 

まだまだ色んなやりかたがあると思います。

 

あなたにできる自己主張を考えて、できることから始めましょう。

 

いきなりしっかりした境界線を引くことを考えなくても大丈夫です。

 

あなたにできる、小さな境界線を引くこと。

 

それを積み重ねていくこと。

 

まずはそこから始めてみてください。

 

※関連記事

「自分のキャパを超えた仕事を断る」ことは、バウンダリーを保つことになるのでしょうか?限界を設定して断ってもいいものでしょうか?

 

親や上司から支配を受けて苦しんでいるなら、あなたにできる小さな「境界線」を引くことから始めさなさい!


セミナーのご案内

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【入門コース】 平成31年5月24日(金) 定員5名 詳しくは こちら

 

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【実践コース(共依存の関係)】 平成31年6月21日(金) 定員5名 詳しくは こちら

 

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【実践コース(支配・被支配の関係)】 平成31年7月12日(金) 定員5名 詳しくは こちら


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

 

◆人間関係の距離感がうまくつかめないあなたのための「バウンダリー(境界線)の引き方」記事集 

 

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆「NGT48事件」から学ぶ、対人援助職の共依存がもたらす、離職・燃え尽き問題の構造と対処法

 

◆職場の喧嘩を上司のあなたが「仲裁しよう」としているから、いつまでも問題が解決せず繰り返されるんですよ。

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆あなたの職場ですぐに新人が孤立するのは、「業務内容」は教えても「職場の小さな当たり前」を教えていないからではないですか?

 

◆共依存タイプの上司は、部下の自立を嫌い、部下の依存や不安を好む。

 

◆鳥取県養護学校の看護師一斉退職に見る、対人援助職の使命感の強さが生む「依存」と「機能不全」

 

◆バウンダリー(境界線)基礎講座1日目「人間関係の大原則が学べるバウンダリー(境界線)とは?」

 

◆働きやすい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ!

 

◆悪質なクレーマーやモンスター患者対応の基本は、職場としてのバウンダリー(境界線)を強化すること!

  

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話