· 

「山崎さんには悪いんですが、エイダーズのことは同僚には宣伝しませんから!」

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

「山崎さんには悪いんですが、エイダーズのことは同僚には宣伝しませんから!」

 

これは、先月から開講した対人援助職の自助グループ第一期生のメンバーの介護職の方のセリフです。

 

この方は、去年も一度バウンダリーセミナーに参加していただいています。

 

どうしてこの方がエイダーズを同僚に紹介しないかというと、「職場のことを同僚に気兼ねなく、好きに語りたい場所だから。自分だけの場所にしたい」ということらしいです。

 

確かに宣伝してもらえた方が正直ありがたいのはありがたいんですけど、それにも勝って、こういう言葉をいただけるのはとても嬉しいです。

 

やっぱり、辛さをちゃんと仲間と共有できていない援助職が多いんじゃないかと思うんですよね。

 

「大変だったね」

 

「私も新人の頃大変だったよ。よく泣いたもん」

 

「困ったらなんでも言ってね」

 

こういう当たり前の感情を当たり前に語り、共有できる場がないから、疲弊し、燃え尽きるのではないかなと感じます。

 

だから、介護職や看護師のお悩み掲示板には、怒りや悲しみ、辛さを抱えた相談が殺到するのだと思います。

 

私がエイダーズを立ち上げたのは、まさにエイダーズがその「場」になりたいと思ったからです。

 

そして、その「場」として必要としてくれている人に一年目から多く出会えていることは、本当に嬉しいです。

 

 

対人援助職の自助グループは第2期生を募集中です。

 

1月から募集を開始して、早くも残り2名!

 

現時点で参加を希望している方の職種は、看護師3名、小学校教員1名、ケアマネージャー1名、精神科ソーシャルワーカー1名。

 

今回も熱い援助職の方が集まっています。

 

 

このブログをいつも読んでくれているあなたも、ぜひ私たちの仲間に加わってください。

 

お待ちしています!


セミナーのご案内

◆平成30年3月23日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【基礎コース】 定員8名 詳しくは こちら

 

◆平成30年2月24日(土)対人援助職のための虐待・暴力トラブル防止セミナー 定員8名 詳しくは こちら

 

◆平成30年2月9日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【基礎コース】 定員8名 詳しくは  こちら 

 

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第2期生) 定員8名 詳しくは こちら  残り2名!   


ブログカテゴリ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆思い通りにいかないと感情的になる部下には、「感情的になった事実」を問題として扱う

 

◆まだ犯人探しなんて無駄なことやってんの?利用者さんとのトラブルを家族問題で置き換えてみると、職場の課題が丸裸になる!

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆働きたい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ

 

◆「利用者に嫌われた」とお悩み掲示板で相談をしている介護職への同業者からのコメントがあまりにも厳しく危険なので、「そりゃあ人手不足になるよな」と思った話

 

◆利用者さんからきつい暴言を受けた後、ぐったりしてしまいました。早く回復する方法を教えてください!

 

◆従業員の燃え尽き防止のセミナーもいいけど、その前にきちんとサービスの限界設定をしませんか?

 

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話

 

◆不登校の子どもの本当の悩みは「学校に行けないこと」ではなくて「行きたくない学校に行かないことを大人に許してもらえないこと」