· 

「仕事でミスをする同僚を見るとどうしても許せなくてキレてしまう」あなたが、もっとキレずに働けるようになるためにまず知ってほしいこと。

 

こんにちは。

エイダーズ山崎正徳です。

今日は、「仕事でミスをする同僚をどうしても許せない」「ちゃんとやらない人についキレてしまい、みんなから怖がられてしまう」という方に記事を書きます。


「すぐにキレる人」がはまると抜け出すことが困難な負のループとは?

 

私は普段、パワハラの被害にあったり、職場でちょっとしたことでキレられてしまい傷ついている方の相談を多く受けますが、それとは逆に、キレやすくて困っているという人の相談もけっこう受けます。

被害に遭う人の数だけ加害があるわけですから、傷つけられて辛い思いをしている人もいれば、傷つけてしまうことで辛い思いをする人もいるわけです。

そういう方は、みなさん自分の感情をコントロールできず、とても苦しんでいるように感じます。

頭では、「もう少し寛容にならないといけないな」と思っている。

「もっといい人間関係を築けたら違うのにな」と思っている。

でも、いざ同僚が目の前でミスをするとスイッチが入ったようにプリプリ怒ってしまう。

同僚はそんなあなたを明らかに怖がっているし、嫌われているのもわかる。

言い過ぎている自覚はある。

でも、避けられていると思うとなんだか余計に腹が立ってくる。

どうせ私のことをバカにしてるんでしょ!

あんた達みたいなのに患者さんは任せられない!

だから私がやらないといけない!

そういう強い思いも出てきて、また同じことを繰り返してしまう。

そうではないですか?

キレてしまう→怖がられる→自分が嫌になる→避けられているのがわかるから余計に腹がたつし、被害的になる→またキレてしまう

この悪循環にハマってしまうと、抜け出すのは大変です。


自分のことが許せない人は、人のことも許せない。

私が普段相談を受けていて感じることですが、

キレやすい人、つまり、「人のことを許せない人」は、「自分のことも許せていない人」が多いなと感じます。

例えば、完璧主義な人。

常に100点を自分に求めていて、少しのミスで「私はダメだ」と自責的になる人。

こういう人は、常に強い緊張感で仕事をしています。

失敗しないように。

患者さんに失礼のないように。

だから、人よりもストレスがたまるし、イライラもしやすくなる。

手が抜けないことでストレスがどんどん蓄積します。

そんな人の目には、ミスをしても「どんまい!」なんて声をかけあい、楽しくやっている同僚はどう映ると思いますか?

言うまでもなく、緊張感のない、不真面目な人に見えますよね?

なんでもっとちゃんとやらないの?

私はこんなにやってるのに!

いつもふざけてるからそうなるのよ!

こうやってすぐに怒りのスイッチがオンになるのです。

だから、キレないようにしようとしても難しいのです。


まずは「自分を許すこと」から始めてみる。


そんな問題で苦しむあなたに、まず始めてほしいこと。

それは、自分を許すことです。

85点の自分も許す。

そんなに患者さんに好かれなくたっていいと考える。

どんなに頑張ってもどうにもならないこともあると認める。

疲れていたら無理をせずに、家事の手を抜いてみる。

きちんと人を頼ってみる。

こうやって、自分のことを許容できるようになると、人のこともだんだん許容できるようになってきます。

それにより、今までは10回キレていたところが、9回、8回に減っていく。

変われる方はこのやり方で少しずつ変わっていきますよ。

あなたにできるところから、ぜひ始めてみてください。

それでも、自分の行動を変えるにはなかなか時間がかかるものです。

セミナーやカウンセリングを受けていただくと、より自己理解が深まり、行動変容につながりやすくなりますよ。


セミナーのご案内

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【入門コース】 平成31年5月24日(金) 定員5名 詳しくは こちら

 

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【実践コース(共依存の関係)】 平成31年6月21日(金) 定員5名 詳しくは こちら

 

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【実践コース(支配・被支配の関係)】 平成31年7月12日(金) 定員5名 詳しくは こちら


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

 

◆人間関係の距離感がうまくつかめないあなたのための「バウンダリー(境界線)の引き方」記事集 

 

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆「NGT48事件」から学ぶ、対人援助職の共依存がもたらす、離職・燃え尽き問題の構造と対処法

 

◆職場の喧嘩を上司のあなたが「仲裁しよう」としているから、いつまでも問題が解決せず繰り返されるんですよ。

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆あなたの職場ですぐに新人が孤立するのは、「業務内容」は教えても「職場の小さな当たり前」を教えていないからではないですか?

 

◆共依存タイプの上司は、部下の自立を嫌い、部下の依存や不安を好む。

 

◆鳥取県養護学校の看護師一斉退職に見る、対人援助職の使命感の強さが生む「依存」と「機能不全」

 

◆バウンダリー(境界線)基礎講座1日目「人間関係の大原則が学べるバウンダリー(境界線)とは?」

 

◆働きやすい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ!

 

◆悪質なクレーマーやモンスター患者対応の基本は、職場としてのバウンダリー(境界線)を強化すること!

  

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話