「話を聴く」とは、自分と相手との違いを認めるということである。

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

先日、管理職の方から「部下の話を聴いていると、ついつい口を挟んでしまいます。じっくりと話に耳を傾けるって、私にはすごく苦手なんです」と相談を受けました。

 

話を聴くことが苦手な人、多いですよね。

 

実は、カウンセラーも話を聴くのが苦手な人は意外と多いんですよ。

 

カウンセリング中ずーっと自分が話していたり、相手に納得してもらおうと思って言葉をかぶせていたり、それでいつまでも話が終わらずに電話が終わらない人とか、普通にいますよ。

 

話を聴くことが苦手な人は、一言でまとめてしまうと、「自分と相手の違いを受け入れられない人」が多いですね。

 

「どうしても自分に自信がなくて。今回のトラブルも私が悪いんじゃないかと思って自分を責めちゃうんですよ」

 

こんな相談をされたときに、自分と他人の違いを認められない人は、「そんなに責めちゃダメ」「そんなことない」「私だったらこう考える」みたいな助言を連発しますね。

 

助言をするなと言っているわけではない。

 

助言は大切です。

 

私が話を聴けない人に言いたいのは、「でも、あなたのようにうまくできない人がいることをわかってあげてね」ということです。

 

自分を基準に相手を見ているから、話が聴けないのです。

 

「なんでこうしないんだろう」「こうすればいいのに」「私のやり方を教えてあげたい」「間違いに気づかせよう」ばかりになるのです。

 

でも、目の前の相手は、あなたとは別人なのです。

 

別の人格で、別の考え方や価値観があるのです。

 

だから、あなたができることを一方的に並べ立てても、相手は「はあ、そうですか…」にしかならない。

 

心の中では「それができないから苦労してるんだよなー」と思っているのです。

 

そして、そんな相手の煮え切らない様子を見て、話を聴けない人はさらにジャブを打ち込んでいきます。

 

頼んでもいないのに自分の苦労話を持ち出し、相手に納得させようとします。

 

いつの間にか、話を聴くべきあなたが、相手に話を聴いてもらっている。

 

あなたもこんな笑えない結末を迎えていませんか?

 

こればかりやっていると、相手の問題はいつまでも解決しません。

 

あなたに相談をしなくなるか、後は依存的になって何でも相談してくるか

 

大体このニ択です。

 

なんで依存的になるかというと、あなたが助言しまくってくれるからです。

 

相手にとってはすぐに解決策をくれる都合のいい人ですからね。

 

自分で考えなくなって、すぐにあなたに助言を求めるでしょう。

 

カウンセラーでもいますよ。

 

こうやってクライエントを依存させてしまう人。

 

自分の距離の取り方が問題であることに気づかず、「何でもかんでも私に電話してきて、本当に困る!」とぼやいている。

 

でも、かかってきた電話には毎回アドバイスしている。

 

要するに、話が聴けないから相談が終わらないのです。

 

自分と相手の違いを受け入れていれば、まずは相手の価値観や考えを理解するために耳を傾けます。

 

自分だったらこうするな、と思うことがあれば、「私ならこうするけど、どうかな?」みたいに境界線を守りながら伝えるし、「それができないんですよ」と言われたら、この人にはできないんだな、と認めて「そうなんだ」と伝える。

 

こうしていれば、話を聴くことができるのです。

 

自分と相手の違いを受け入れる。

 

言い換えれば、これは、相手の人間性を尊重するということです。

 

つまり、「バウンダリー(境界線)を保つ人間関係」です。

 

苦手な方は、ぜひセミナーにきて、安全な人間関係の距離感を学びにきてください。


セミナーのご案内

◆平成30年3月23日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【基礎コース】 定員8名 詳しくは こちら

 

◆平成30年2月24日(土)対人援助職のための虐待・暴力トラブル防止セミナー 定員8名 詳しくは こちら

 

◆平成30年2月9日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【基礎コース】 定員8名 詳しくは  こちら 

 

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第2期生) 定員8名 詳しくは こちら  残り4名!   


ブログカテゴリ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆思い通りにいかないと感情的になる部下には、「感情的になった事実」を問題として扱う

 

◆まだ犯人探しなんて無駄なことやってんの?利用者さんとのトラブルを家族問題で置き換えてみると、職場の課題が丸裸になる!

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆働きたい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ

 

◆「利用者に嫌われた」とお悩み掲示板で相談をしている介護職への同業者からのコメントがあまりにも厳しく危険なので、「そりゃあ人手不足になるよな」と思った話

 

◆利用者さんからきつい暴言を受けた後、ぐったりしてしまいました。早く回復する方法を教えてください!

 

◆従業員の燃え尽き防止のセミナーもいいけど、その前にきちんとサービスの限界設定をしませんか?

 

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話

 

◆不登校の子どもの本当の悩みは「学校に行けないこと」ではなくて「行きたくない学校に行かないことを大人に許してもらえないこと」