うつ病かもしれないと思うほど具合が悪いけど、心療内科に行くことには抵抗があるというあなたが、今よりも楽になるかもしれない具体策。

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

今日は、精神的な不調を日々感じているものの、心療内科にはちょっと行きたくないな、という方に記事を書いてみます。

 

気分の落ち込み、イライラ、不安、無気力

 

そしてそれに伴う睡眠障害、食欲不振などなど

 

どれを一つとっても苦しいと思います。

 

加えて毎日仕事をこなすのは、本当に大変なことです。

 

そんな重く苦しい症状を抱えている方の悩みは、解決の手立てが全く見つけられないことなのかなと感じます。

 

仕事を休むわけにはいかないし、仕事中は常に忙しくて手を抜く時間もない。

 

そして症状は日々重く苦しくなっていく。

 

そんな状況が続く中で、心療内科に行った方がいいのかなとか、カウンセリングがいいのかなとか、悩んでいる人は多いですよね。

 

私は、専門家の立場としては、やっぱり心療内科やカウンセリングを受けてもらうことを勧めたいです。

 

風邪をひいて熱が出たら薬を飲む、病院に行く。

 

ケガをしたら病院に行く。シップや絆創膏を貼る。

 

これと同じことをやってほしいです。

 

でも、そんな当たり前のことが、メンタルヘルス問題となるとなかなか難しいですよね。

 

実際に精神科で会う方から話を聴くと、多くの人がギリギリまで我慢してもう駄目だと思って受診したとか、会社や家族から強く勧められて仕方なく受診した、という人が多いですから。

 

だから、私がこのブログで「いますぐ心療内科へ!」「カウンセリングを受けてください!」なんて言っても、敷居が高いのは変わらないでしょう。

 

なので、今日は精神的な不調が継続していながらも、心療内科や精神科を受診することに抵抗がある方に、症状を少しでも緩和できるかもしれない方法を教えておきます。

 

初めに言っておくと、今日紹介する方法は重いうつや睡眠障害の方にはそこまで大きな効果は見込めないかなと思います。

 

症状が「今よりも多少はマシ」になるレベルだと思ってください。

 

あくまでも精神科やカウンセリングに行くことをお勧めしますが、それもできない方に、「今よりはマシになるかもしれない」方法として紹介します。


①薬局で精神的な不調を改善する薬を購入する。

 

薬局に行くと、イライラ、不安、憂うつや不眠などに効果のある漢方は普通に置いてあります。

 

精神科に行くことを決断しても、ほとんどが予約制で受診までに2週間くらい待つなんて珍しくありません。

 

そんな時につなぎとして薬局で漢方を買って飲んでいる人はいます。

 

薬が手に入ることだけでも気が楽になったという人もいますし、実際に憂うつや不安が緩和されて前よりも楽になったという声も聴きます。

 

薬剤師さんに相談してみると、店頭に並んでいる以外の薬を紹介してもらえることもありますから、ただ症状に耐えているよりは全然マシです。

②バッチフラワーレメディ

 

バッチフラワーレメディは、植物からつくった母液で、心や感情のバランスを取り戻す自然療法です。

 

興味のある方はこちらのサイトをみてください。

 

これは、私が一度ひどい燃え尽きを経験した時に、知り合いのホリスティック医学をやっている先生に勧められて初めて知りました。

 

たくさん種類があるので、自分の症状に合うものを選びます。

 

私は3種類くらい買って飲んでいました。

 

効果ですが、私はけっこう効きましたね。

 

バッチフラワーのいいところは、手軽さと安全さですね。

 

東京にお住まいの方はLOFTで買えます。

 

あとはAmazonでも買えます。

 

何を買ったらいいかわからない方は、レスキューレメディがいいと思います。

 

③TFT

 

TFTは、「思考場療法」といって、体の鍼のツボをタッピングすることで心理的問題の症状を改善する療法です。

 

一応、私もTFTのトレーニングを受けたTFTセラピストではあります。

 

やり方はこちらをみてください。

ダウンロード
TFTの手順
つぼトントンで元気になってね_384270.pdf
PDFファイル 393.9 KB

この一連の流れを覚えて何かあった時にやってみるといいですよ。

 

あとは体のツボを叩いてみて、あなたにとって楽だと感じる場所があれば覚えておいて、仕事で緊張したり不安になった時にそこを叩いて落ち着かせるとか、そういう風に活用している人も多いです。

 

私は集中したい時に鼻の下を叩くようにしています。

 

無心になれていいんですよね。

 

寝つきが悪い人に特にお勧めしたいのは、2ページ目の鎖骨呼吸法です。

 

脱力できるので、寝つきが良くなったという人が多いです。


以上です。

 

試してみたいと思う方法があれば、ぜひやってみてください。

 

それでも症状が改善しないなら、やはり心療内科やカウンセリングがお勧めです。

 

私の方でもカウンセリングはやっていますので、お気軽にご利用ください。


セミナーのご案内

◆平成30年2月24日(土)対人援助職のための虐待・暴力トラブル防止セミナー 定員8名 詳しくは こちら

 

◆平成30年2月9日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【基礎コース】 定員8名 詳しくは  こちら 

 

◆平成30年1月12日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【基礎コース】 定員8名 詳しくは  こちら  満員御礼!

 

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」 定員8名 詳しくは こちら  第2期生募集中!   


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事