· 

高圧的な上司や先輩に、きつい言い方をやめてもらうためにできることは、あなたの感情を「私」を主語に伝えること。

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

最近、セミナーやカウンセリングで高圧的な人への対応について相談を受けることが多いので、ブログに書いてみます。

 

上司や先輩に、些細なミスでも高圧的に責め立てられる。

 

「なんでちゃんとやらないの?やる気あるの?」

 

「どういうことだ!勝手にやるなよ!」

 

まるで自分が本当にダメな人間なのではないかと思ってしまうほど、相手はあなたを見下ろし、威嚇し、あなたの意欲も自信も根こそぎ奪っていく。

 

こんな被害に遭っていませんか?

 

普通に指摘してくれれば済むことなのに

 

自分だってちゃんと反省しているのに

 

そうやって高圧的に言われるからこそ、反省して次に活かすというよりも、怖くて落ち込んで、エネルギーだけが奪われて終わる。

 

とても辛く、苦しいことです。

 

こういう被害に苦しんでいる人が、「どう対応したらいいですか?」と相談をしてくる。

 

そういう人たちは、上司たちも見て見ぬふりをしていて訴えても対応してくれないとか、八方ふさがりな状況の人が多いんですよね。

 

だから、私が「職場で助けてくれる人はいないんですか?相談してみては?」と伝えても「無理なんです」と答える。

 

そんな大変な状況の方たちにできることを助言したいと思います。

 

まず、そういう被害を受けている人が対応法として考えがちなことは、「怒られている内容についてきちんと説明して、相手を納得させる」というやり方が多いんですよね。

 

例えば、「利用者さんからのクレームがあった」ということで、その内容についてあなたが上司から厳しい叱責を受けているとして

 

あなたはそのクレームの内容について、自分の非ではないこと、自分なりにきちんと対応したことなどをわかってもらおうと、一生懸命に説明しようとしてしまっていませんか?

 

それ自体が悪いと言っているわけではありません。

 

それで理解を得られる場合もあるでしょう。

 

でも、今のあなたを苦しめている高圧的な相手は、あなたの言い分なんてまともに聞いてくれないことが多いのではないですか?

 

だからあなたは緊張するし、余計にきちんと説明できなくなる。

 

そして相手はあなたの話を遮り、言いたいことだけ言ってその場を離れる。

 

この繰り返しですよね。

 

つまり、こういう関係を変えていくには、「叱責されている内容について説明する」というやり方は不発に終わることが多いのです。

 

そこでお勧めしたいのが、あなたが叱責を受けていることで今まさに感じている感情を、そのまま相手に伝えるというやり方です。

 

「そのような強い言い方をされると、とても怖くて緊張します」

 

「看護長の言い方は、私はとても責められているように感じてしまってすごく辛いです。冷静に話を聴くことができません」

 

「昨日のあのような言われ方で、私はとても傷ついています。苦しいです」

 

あなたに生じた感情を、「私」を主語に伝えるのです。

 

「怒られている内容」ではなく、「やりとりで生じる感情」を扱うわけです。

 

 

これは、相手にとってはけっこう言われたくないことである場合が多いです。

 

すぐに感情的になる人は、これまでも人を傷つけてきていますから、それで人間関係を壊してきています。

 

つまり、自分も傷ついてきています。

 

多かれ少なかれ、本人にも自覚があることが多いですよ。

 

だから、それを面と向かって指摘されることで、「やばい」「気をつけなきゃ」「また嫌われるかも」という意識が働いて、次から改めてくれる場合もありますよ。

 

ポイントは、きちんと「私」を主語にすることです。

 

「あなた」が主語だと、相手を責めているような言い方になるので気をつけましょう。

 

「(あなたは)どうしてそんな言い方をするんですか?」ではなくて、「そのような言われ方をすると(私は)とても傷つきます」と伝える。

 

その方が自分の気持ちが安全に伝わります。

 

「それならこっちを怒らせるようなことをするな!」と余計に怒る人もいるでしょう。

 

そうやって反撃にあっても、がんばれるなら反撃されたことで生じた感情も伝えましょう。

 

「何を言ってもそうやって怒られるので怖いし辛いんですよ」と。

 

それにより、もしかしたら次からトーンダウンする可能性もあります。

 

「怖い」と言われれば誰だって辛いですからね。

 

これは、私がこれまで試した方法の中で、最も効果的なやり方でしたね。

 

ちなみに、私はカウンセリングでも感情的になりやすい人には、同じように私が感じたことを伝えるようにしています。

 

「今のような言い方は怖いですよ」と伝えると、普段から自覚がある人はすぐに受け入れて謝ってくれることが多いです。

 

クレーマーや利用者さんの暴言暴力にも有効ですから、ぜひやってみましょう。

 

ただ、必ずしもこのやり方で解決できるというわけではありません。

 

相手が余計に怒り、より関係が壊れる場合もあります。

 

そればかりは相手がどんな人かによります。

 

まともな話が全く通じない人もいますからね。

 

あなたにできる範囲で、対応してみてください。


セミナーのご案内

◆平成30年7月8日(日)職場の惨事ストレスマネジメントセミナー ~自殺・事故死・殺人・傷害事件・災害など、突然の惨事に見舞われた職場は、まず何をすべきか ~ 定員12名 詳しくは こちら

 

◆平成30年7月26日(木)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【入門コース】 定員8名 詳しくは  こちら

 

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第3期生) 定員8名 詳しくは こちら 


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事