対人援助職の燃え尽きを防ぐには、まずは管理職が自分の感情を把握し、自分の言葉で語ることから始めてみる。

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

「燃えつきが起きやすい職場ってどういう特徴がありますか?」

 

先日こんな質問を受けました。

 

このブログを読んでいる方はわかると思いますが、

 

ひとつは、利用者や患者からの暴力への限界設定を設けない職場。

 

そして2つ目は、ノーマルな感情を共有できない職場です。

 

他にも挙げればキリはありませんが、主な柱はこの2つだと思います。

 

この2つ目の「ノーマルな感情を共有できない職場」にならないように、管理職が取り組めることは何か?

 

今日はこの話をしたいと思います。

 

燃え尽きが起きやすい職場は、管理職が自分の感情を扱えない、語れない、という特徴があります。

 

例えば、病院の看護師長が「患者さんのことを嫌いになってはいけません!」「悪く思ってはいけません!」とスタッフに強く指導する。

 

そして、当然ながらその師長も辛いことがあっても「辛い」と言わないし、患者さんに腹が立つことがあっても不満を口にしない。

 

「辛い」「嫌だな」「腹が立つな」

 

こういう感情を感じないようにするなんて、まず無理です。

 

そんなスーパーマンはいません。

 

人間であれば、理不尽なことを言われれば多かれ少なかれ辛くなるし、腹も立ちます。

 

でも、この師長は「嫌いになってはいけない」「悪く思ってはいけない」と、自分の感情に規制をかけているわけですから、常に感情を抑圧していることになります。

 

本当はネガティブな感情を抱いていても、なかったことにしているのです。

 

これが習慣になると、本当に自分の感情がわからなくなります。

 

自分の感情がわからなくなるということは、人の気持ちもわからなくなるということです。

 

辛い思いをしている人の気持ちになり、寄り添う能力が低くなります。

 

だから、患者さんに暴言を受けて傷ついている新人がいても、気持ちに寄り添うことはまずない。

 

新人の頃の自分を思い出し、その時に暴言を吐かれたらどんなに傷つくだろうか、どんな言葉をかけてもらえたら助かるだろうか、というようなイメージができなくなります。

 

結果、「そんなに辛いなら辞めたら?」「あなたが患者さんに暴言を吐かせるようなことをしたんです。反省しなさい」みたいに、心ない言葉しかかけられないのです。

 

こういう人がトップにいると、下はかなり苦しくなります。

 

ちょっとした患者さんへの不満や辛かったこと、悲しかったことなどを共有することが、その職場では「悪」なのです。

 

ネガティブな感情は出さず、「看護師としてこうあるべき」という師長の理想に沿う行動をとることが求められる。

 

スタッフは強い緊張感を覚えながら仕事をするでしょうし、日々生じるネガティブな感情を処理できないわけですから、燃え尽きやすくなりますよね。

 

逆に、この師長がちゃんと自分の感情を扱えればどうなるでしょうか?

 

辛いことがあった時に、「今日は辛かったなー」と言う。

 

傷ついた時に、「悲しかった」と言う。

 

こうやって管理職が感情を適切に語れる職場は、スタッフの精神的な負担は確実に軽くなります。

 

あくまでも「感情を適切に語る」のであって、感情のダダ洩れではダメですよ。

 

「辛いよー!」「悲しいよー!」と大騒ぎするのではなく、「私は辛かった」「ああいうことを言われると腹が立つよね」と適切に語る。

 

これが大切です。

 

そうすると、スタッフも「辛いことは辛いと言ってもいい」「不満なことは不満と感じてもいい」と思えます。

 

特に新人は、「あの師長でさえ嫌になることがあるんだから、私だって辛いと思うのは普通なんだな」と自分の気持ちを受け入れやすくなるでしょう。

 

患者さんの死に対する感情も同様です。

 

ベテランの人がちゃんと「辛いね」「悲しい」「おれけっこうショック」と語れる職場は、心の健康を保ちやすくなります。

 

逆に、「こういうのはよくあること」「いちいち悲しんでいたらこの仕事は務まらない」なんていう体育会系の職場は、辛さや悲しさを癒す機会を失います。

 

まとめると、燃え尽きを防ぐためにも管理職の方ができることは

 

自分の感情を正しく把握すること

 

そして、それを自分の言葉できちんと語ること

 

これが大切なのです。

 

私を研修講師で呼ばなくても、こういうところから一つずつ取り組んで頂ければ、働きやすい職場は作れると思います。

 

ぜひ、できるところから取り組んでみましょう。


セミナーのご案内

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【入門コース】 平成30年11月30日(金) 定員5名 詳しくは こちら

 

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第3期生) 定員8名 詳しくは こちら 


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事