家族や恋人と喧嘩が絶えないあなたは、白黒はっきりつけないと気が済まないんですよね?

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

今日は、家族や恋人と喧嘩が絶えない方に記事を書いてみます。

 

家族や恋人って、どうしてもお互いに相手に対する期待が高くなりますよね。

 

お互いに理想の家庭がある

 

理想の夫、理想の妻、理想の結婚生活

 

理想の彼、理想の彼女のイメージがある

 

「こうあるべき」がある

 

「私のことが大切なら、もっと時間をとってほしい」

 

「友達と会っていても、おれが送ったLINEにはすぐに返事すべきだ」

 

「女が家事育児をこなすのは当たり前だ」

 

「親の方が経験豊富なんだから子どもは黙って従うべきだ」

 

当たり前のことですが、気づいてますか?

 

相手への期待が高ければ高いほど、思いが強ければ強いほど怒りや不満になりやすいこと

 

こうしてほしい

 

こうあるべき

 

これに折り合いがつけられないから怒りが強くなるんですよ

 

白黒はっきりつけたいんですよね。

 

自分の正しさを認めさせたいんですよね

 

だから、「わかれ!わかれ!わかれ!わかれ!」って怒ってるんですよね

 

それで、相手はあなたの本当の気持ちをわかってくれましたか?

 

あなたの痛みをわかってくれましたか?

 

あなたが怒ることで、相手はあなたの思い通りに動いたかもしれません。

 

でも、あなたは不全感を覚えています。

 

わかってもらえてる感じがしないですよね?

 

あなたが自分の正しさを主張しているだけなら、関係はいつまでも変わらないのではないでしょうか。

 

大切なのは、自分と相手との考えや価値観の違いを認め、尊重できるかどうかです。

 

「そんなこといったら、解決しないじゃないですか」と思ったあなた

 

では、あなたにとっての解決とはなんですか?

 

結局、白黒はっきりつけないと気がすまないのではないですか?

 

あなたが納得することが解決なのではないですか?

 

「それをやってる限りは変わりませんよ」と言ってるんです。

 

喧嘩して、仲直りしても

 

また考えが違ったり、自分の思い通りに相手が動かないとその都度喧嘩になりますよね

 

相手を傷つけますよね

 

納得できない時の感情をあなたが正しく扱えるようにならない限り続きます。

 

ずーっとです。

 

暴言や暴力の問題で私に相談くださる方は、家族への暴言や喧嘩をやめたいと思っていても、ついつい口論になってしまったり、きつい態度をとってしまったり

 

自分の行動をコントロールできなくて困っている方が多いです。

 

わかっちゃいるけど、変えられないんです。

 

あなたも、わかってはいますよね?

 

変わらないといけないということを

 

このままだとまずいということを

 

でも、どう変わったらいいかわからないから、今日も痛みを感じているんですよね。

 

傷つけたくない大切な人を傷つけ、そしてあなたも傷ついています。

 

そんなあなたが変わるためのきっかけを、カウンセリングでつかんでみませんか?

 

カウンセリングでは、あなたの人間関係の特徴や、考え方、感情のパターンなどを整理して、

一緒に解決の糸口を探していきます。

 

お気軽にお申込みください。

 

お待ちしています。


セミナーのご案内

◆11月17日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー 定員8名 詳しくは  こちら 満員御礼! 

 

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」 定員8名 詳しくは こちら  満員御礼!    


ブログカテゴリ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事