· 

【セミナーアンケート結果】対人援助職の悩みの本質が正しくわかる!家族システム論セミナー(9月8日)

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

9月8日に行った対人援助職の悩みの本質が正しくわかる!家族システム論セミナーのアンケート結果を共有いたします。

 

今回ご参加いただいた9名の援助職の方の職種はこちら

 

・訪問介護事業所サービス提供責任者

・精神科病院臨床心理士

・精神科病院ソーシャルワーカー

・サ高住介護士

・相談支援専門員

・グループホーム世話人

・カウンセリングルームのカウンセラー

・訪問看護師

 


1.セミナーで得た情報は、あなたにとってどのくらい有益でしたか?

  回答数
極めて有益だった  4
結構有益だった

 4

ある程度有益だった  1
多少有益だった  
全く有益でなかった  

2.講師の説明はどの程度明快でしたか?

  回答数
極めて明快だった  6

結構明快だった

 2
ある程度明快だった  1
多少明快だった  
全く明快でなかった  

3.セミナーの内容はあなたの学びたいことにどの程度合致していましたか?

  回答数
極めて合致していた  3

結構合致していた

 5
ある程度合致していた  
多少合致していた  1
全く合致していなかった  

4.今後、このようなセミナーに参加する可能性はどのくらいありますか?

  回答数
確実にある  2

可能性が高い

 5
可能性がある  1
可能性が低い  1
全く可能性がない  

5.このセミナーを他の方にご紹介いただける可能性はどのくらいありますか?

  回答数
確実にある

 4

可能性が高い

 3
可能性がある  1
可能性が低い  1
全く可能性がない  

6.ご意見、ご感想をお聞かせください。

・また次にセミナーに参加できることを 楽しみにしております。 誰にとっても新たな学びは必要なのだと改めて 感じました。 有難うございました。

 

・なぜその状態が成り立っているのか、を考えるという視点は今後、対職場、対利用者との関係性を考えるに当たり役立ちそうです。ありがとうございました。

 

・何度もセミナーを受けているうちに、組織の中での自分の立ち位置を客観視することが自然と身についてきたように思います。以前は仕事で上司や同僚の言動に対し一喜一憂し、疲れてしまうことがありました。セミナーを受け始めてから境界線を意識するようになったことで、自ずと自他の役割が明確になり、必要以上に他人の言動に振り回されなくなってきたように感じます。ありがとうございました。

 

・セミナーに参加するのがこんなに待ち遠しいとは、1回目より2回目、もっと学びたいと思えるセミナーです。 そしてとにかくわかりやすく、学んだ感がしっかり実感できるセミナーです。 人生半ばを過ぎ、ある程度自分のことは理解しているつもりでしたが、セミナーで学んだ自己理解を深めていく中で悩みの本質を少しずつ整理できるようになりました。今まではその悩みにただ蓋を閉め、湧き上がってくるストレスにまた蓋を閉めての毎日だったのだと思います。今回は2回目の参加でしたが、1回目からすこぶる元気、何より心が楽になりました。 対人援助職の駆け込み寺のような存在、今回もありがとうございました。


ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

頂いた貴重なご意見をもとに、今後のサービスに活かしていきたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いいたします。


セミナーのご案内

◆10月27日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー 定員8名 詳しくは  こちら 残り1名! 

 

◆11月17日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー 定員8名 詳しくは  こちら

 

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」 定員6名 1月開講を目指して募集中! 詳しくは こちら


ブログカテゴリ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事