人手不足の介護や福祉の過酷な現場で働くあなたの一番のストレスは、業務の負荷よりも、職場があなたの熱意や善意にどんどん依存していくことではないですか?

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

せっかく人を入れても、退職者が後を断たない。

 

1人入ったのに2人辞めていく。

 

いつまでもマイナスが増えていく。

 

こんな職場で働いていませんか?または働いていましたか?

 

私も経験ありますけど、本当に気持ちが萎えるんですよね。

 

できるだけ前向きに頑張るし、いつかは良くなるはずだなんて自分に言い聞かせて一生懸命やるんですけど。

 

でも、人が辞めていく。

 

仕事が増える。

 

サービスの質が低下して、ミスやクレームが増える。

 

そのことを上から咎められる。

 

「は?人が少ないんだから質が下がるのは当たり前だろ?現場のせいにすんなよ!」

 

なんていう怒りや不満を噛み殺して働く。

 

そして、また新たな退職者。

 

心が折れる。でも、踏ん張る。

 

あなたもこんな感じじゃないですかね。

 

そして、そんな環境が続くと、働いてるスタッフそれぞれの働き方に特徴が出やすくなります。

 

それでも真面目に前向きに頑張る人

 

職場には期待せず、自分のため、利用者や患者のために黙々と仕事をこなす人

 

もうやる気をなくし、やる気なしモード全開で働く人

 

不満や怒りを抑えられずにモンスター化してモラルの低い行動をとる人

 

他にも色々いると思いますが、スタンスがけっこうはっきりしてきます。

 

「人手不足現場成熟期」とでも言いましょうか(笑)

 

この成熟期によくある、志高い援助職を苦しめる2次被害について書いてみたいと思います。

 

人手不足の中でも前向きに真面目に働く援助職は、職場にとって、上司にとって本当に頼りになる存在です。

 

職場に期待せずとも、黙々と仕事をこなす人もまた、人手不足の現場にとってはありがたいですよね。

 

一方で、慢性的な人手不足でやる気をなくし、ひたすら省エネで働く人、そしてモンスター化して自己中心的な行動をとる人って、職場や管理職にとっては厄介な存在ですよね。

 

仕事を頼んでも嫌そうな顔をしたり、注意すると不貞腐れたり逆ギレしたり

 

ミスがあっても最低限の反省もない

 

こうなると、上司は「刺激すると面倒だし、却って自分の仕事が増える」となりますよね。

 

「だったら、文句も言わずに黙々とやってくれる彼や、明るく前向きにこなしてくれる彼女に頼もう」

 

こうなる。

 

それが上司にとっても、利用者さんにとっても明らかにメリットが大きい。

 

だから、ついつい「いつもごめんね」なんて言いながら、真面目に働くあなたに仕事をふる。

 

「本当にすいません。他に頼める人がいなくて」なんて言って、黙々と働くあなたに今日も仕事が入る。

 

本当は、あなただって怒りや不満でいっぱいなのに

 

今日は体調が良くないから断りたいのに

 

あなたは、渋々と仕事を受け、こなしながらもこんなことを考えていませんか?

 

「なんでいつもおれなんだよ」

 

「私に頼めば断らないと思ってるでしょ」

 

「せめて働かないやつらにガツンと注意してからこっちに仕事ふれよ。あいつらの給料をこっちに回せよ。それなら受けるよ」

 

人手不足が慢性化する中でも真面目に働くあなたのモチベーションを強烈に下げるもの

 

それは、あなたのその真面目さや熱意に、職場から依存されてしまうことですよね。

 

初めは、あなただって「少しでも力になりたい」と本気で思っていたでしょう。

 

だからこそ、頑張ってきました。

 

でも、あなたが頑張れば頑張るほど、周りがあなたを頼りにする。仕事が増える。

 

そんな日々に、あなたは気持ちの折り合いをつけるのがどんどん難しくなる。

 

モチベーションが明らかに落ち、不満やイライラが募る。

 

そんなあなたにさらに仕事が増える。

 

自分勝手な同僚は楽をしているのに

 

給料も同じなのに

 

真面目にやってる自分の負担はどんどん増える。

 

管理職でもないのにいつの間にか管理職がやる仕事までやらされてる。

 

馬鹿らしい。

 

1人の人間として尊重されているように一切感じられない。

 

善意、熱意が踏みにじられている感

 

それが最も傷つき、エネルギーを奪うのです。

 

これを半年も続けると、体調が悪くなります。

 

肩こり、胃痛、寝つきが悪い、じんましん、咳、頭痛、過食、などなど。

 

だんだん退職が頭をよぎるようになる。

 

こんな流れで、人手不足の現場から熱意ある人が去っていくのだと思いますよ。

人手不足って、人が足りないことだけが問題なのではなくて、人手不足の環境から生まれる人間関係の歪みが、そして役割や責任の歪みが、より環境を過酷にするのだと思います。

 

今、人手不足の中でも一生懸命に働くあなたの熱意や善意は、きちんと尊重されていますか?

 

もし尊重ではなく依存されているとしたら、それはもう疲弊するはずですよ。

 

燃え尽きる可能性もあるでしょう。

 

それが嫌なら、どうしていくのか。

 

あなたがどうしたいのか。

 

今あなたが置かれている環境を客観視しながら、考えていかないといけません。

 

でも、それって一人ではなかなか難しいことだと思います。

 

だからこそ、あなたがきちんと悩み、答えを出すためのサポートを、お手伝いさせていただきたいなと思います。

 

「ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリーセミナー」では、あなたの人間関係のとり方、そしてあなたを取り巻く職場の人間関係がよくわかり、あなたの悩みがすべて視覚化されます。

 

答えを出すきっかけ作りとして活用できるセミナーです。

 

また、しっかりと自分の問題を整理したい方には、カウンセリングが最もお勧めです。

 

あなたの痛みが軽減され、解決にたどり着けるよう、お手伝いをさせて頂きます。

 

ぜひお気軽にお申し込みください!


セミナーのご案内

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【入門コース】 平成31年2月22日(金) 定員6名 詳しくは こちら


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事