バウンダリー(境界線)基礎講座3日目「自分の感情は自分の責任!」

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

バウンダリー基礎講座3日目です。

※1日目 「バウンダリー(境界線)とは?」
 2日目 「安全な人間関係の距離感を学ぶ」


相手と自分の違いを受け入れられないから、余計に怒りが強くなる。

 

2日目の話の続きです。

 

修学旅行の行き先で意見が分かれた太郎君と明君。

 

じゃんけんをした結果、太郎君が勝ち、行き先が金閣寺に決まりました。

 

清水寺に行きたかった明君は、太郎君にとても腹を立てました。

 

「あいつのせいで楽しみにしていた修学旅行が台無しだ!」

 

明君は、怒り、落ち込み、とても悲しい気持ちになっています。

 

さて、この明君の怒りや悲しみなどの感情は、誰の責任でしょうか?

 

太郎君でしょうか?それとも明君?

 

正解は…

 

「明君の責任」です!

 

わかりますか?

 

なぜなら、自分と他人の違いがわかっていれば、金閣寺に行きたい太郎君の気持ちを尊重できるからです。 


自分の怒りは、自分の責任で「安全に」処理をする。

 

つまり、自分の思った通りにならない可能性は初めからあるのです。

 

それを受け入れていないから、余計に腹が立つし落ち込むのです。

 

だからそこで生じた怒りや落ち込みの責任は、原則として自分にあります。

 

「怒りを感じてはいけない」と言っているわけではないのです。

 

怒ってもいいのです。

 

でも、その怒りは、原則は自分が責任を持って処理しないといけない。

 

家に帰って、「清水寺に行けないんだよ!ムカつくー!」と、親に愚痴を聴いてもらう。

 

そこで親が「今度連れて行ってあげるから、楽しくいってきなよ」なんて言ってくれて、気持ちの整理ができる。

 

こうやって安全に感情を処理できればいいですよね。

 

太郎君に直接「あー!残念!恨んでやるー!」なんて冗談ぽく言って、太郎君が「ごめんねー、その代わり京都で奢るから!」とか

 

そんなやりとりをしてちょっと楽になることもありますよね。

 

これが、安全な人間関係なのです。


バウンダリーを越える人は、自分の感情を相手の責任にする。

一方、バウンダリーが崩壊した人間関係では、自分の感情の責任をそのまま相手に負わせます。

 

「おれをこんなに怒らせたのはおまえだ」

 

「シカトされるのが嫌なら、初めからおれを怒らせるようなことをするなよな」

 

こうやって、相手に自分の怒りをそのまま投げてしまいます。

 

そうする権利が自分にはあると本気で思っているのです。

 

こういう人、職場にいますよね?

 

だからトラブルが増え、人を傷つけるのです。

 

自分自身の人間関係のとり方がトラブル、そしてストレスを増やしていることに気づかないと、いつまでも何も変わりませんよ。

 

相手を変えようとするのではなく、自分が変わる必要があります。

 

「私を怒らせたのはあなた」なのではなく、あなたが勝手に怒っているだけなんですから。

 

自分の感情は自分の責任。自分の怒りは自分の責任なのです。


バウンダリーが引けない人は、相手の感情の責任を負う。

 感情をぶつけられる側もこれをわかっていれば、怒りをぶつけてくる相手に対して、少し距離を置くことはできるんですよ。

 

怒る明君に対して、「行きたいところに行けないのは仕方ないよね。僕だったらそこまで怒らないのにな。これは明君の問題だからあんまり気にしないようにしよう」と太郎君は考える。

  

こう思えれば、太郎君は明君にそこまで強く巻き込まれません。 

 

でも、バウンダリーを引くのが苦手な人は、相手の感情の責任を自分で背負ってしまいます。

 

明君が「おれを怒らせたのはあなた」と思っているのと同じで、「あなたを怒らせたのは私」と考えやすいのです。

 

「僕が金閣寺に行きたいなんて言い出したからこうなった」と考え、明君の怒りの原因は自分にあると思います。

 

こういう人は、暴力やパワハラなどの被害に遭いやすかったり、身勝手な人に振り回されて疲弊しやすくなります。

 

バウンダリーを越える明君、そしてバウンダリーが引けない太郎君。

 

この二人の問題は理解できますか?

 

まとめると、バウンダリー(境界線)が適切に保てていれば

 

①相手との関係において生じた自分の感情を、自分の責任で扱うことができる。

 

②自分との関係において生じた相手の感情の責任を背負わず、きちんと距離を置くことができる。

 

このような安全な人間関係が築けるのです。

 

理解できますか?

 

ちなみに、②の話をすると、「じゃあ僕は相手に言いたいことを言おう!それで相手が怒っても自分の責任ではないから!」と平気で一方的な自己主張をする人がいます。

 

それは大きな誤解です!

 

バウンダリーは、相手の人間性や気持ちを尊重できることが大前提です。

 

相手の気持ちを尊重することなく、相手を傷つける。

 

これこそバウンダリーを越える行為です。

 

きちんと尊重した人間関係をとった上での②なのです。

 

相手の気持ちを配慮して言葉を選んだ上での②なのです。

 

ここをはき違えるとトラブルが増えます。

 

気をつけてくださいね。

 

4日目に続きます。

バウンダリー(境界線)基礎講座4日目「支配・被支配の関係」



☆バウンダリー(境界線)が学べるセミナーのご案内

 

ストレスに強くなる!人間関係の境界線(バウンダリー)を学ぶセミナー

 

職場やプライベートにおいて、人間関係の距離感がうまくつかめずにストレスを感じている人が、安全な人間関係の距離感を構築するための基礎と実践を学べるセミナーです。職場のハラスメント対策や離職防止にも有効です。

 

【日程】2019年11月20日(水)19時~ 

【会場】新宿駅東南口より徒歩4分

 

詳しくは こちら


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

 

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆「NGT48事件」から学ぶ、対人援助職の共依存がもたらす、離職・燃え尽き問題の構造と対処法

 

◆職場の喧嘩を上司のあなたが「仲裁しよう」としているから、いつまでも問題が解決せず繰り返されるんですよ。

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆あなたの職場ですぐに新人が孤立するのは、「業務内容」は教えても「職場の小さな当たり前」を教えていないからではないですか?

 

◆共依存タイプの上司は、部下の自立を嫌い、部下の依存や不安を好む。

 

◆鳥取県養護学校の看護師一斉退職に見る、対人援助職の使命感の強さが生む「依存」と「機能不全」

 

◆働きやすい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ!

 

◆悪質なクレーマーやモンスター患者対応の基本は、職場としてのバウンダリー(境界線)を強化すること!

  

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話