「自分で決める」から反省になり、「決められない」「決めてもらう」から後悔になる。

こんにちは。

 

AIDERS山崎正徳です。

 

「生きていく上で山崎先生が大切にしていることって何ですか?」

 

以前、スクールカウンセラーの仕事をしている中学校の生徒に質問されたことがあります。

 

普段されることがない質問なので一瞬戸惑いましたが

 

私の大切にしていることは1つだけ

 

自分で決めること

 

これですね。

 

私はとにかく「自分で決めること」を大切に思ってます。

 

言い方を変えると、「自分で決めること」の楽しさやメリットを知っているのです。

 

決めることって、とても大変です。

 

勇気がいります。

 

迷います。

 

自分が決めたことで未来がどう転ぶか全くわからないからですよね。

 

だから、色んな人に相談します。

 

みんな色んなことを教えてくれます。

 

「絶対会社辞めないほうがいいよ!」なんて強くアドバイスしてくれる人もいます。

 

でも、最後に決めるのは自分なんですよね。

 

だから、決めるってすごく孤独です。

 

恐怖、不安との戦いです。

 

その恐怖や不安とうまく付き合えないと、何も決められずに時間だけが経過していきます。

 

ずーっと悩み続けて、1年、また1年。

 

そうなると、今度は強い後悔に襲われます。

 

あの時決めていたら

 

もっとこうしていたら

 

現状が何も変わらないばかりか、どんどん自尊心が下がっていきますよね。

 

自信が低下するわけですから、ますます決められない人間になります。

 

逆に、ちゃんと自分で決めていれば、どんな結果になろうと次につながるんです。

 

良い結果なら、自分が苦しみ抜いた末に下した決断を誇らしく思い、大きな経験値になりますよね。

 

自信につながります。

 

仮に悪い結果であっても、後悔にはならないんですよ。

 

反省します。

 

「あー、考えが甘かったな」

 

「もう少し最悪の事態を想定しておくべきだったなー」とか。

 

後悔でなくて反省なんで、現実的に考えられるし、ちゃんと次につながるんですよ。

 

わかりますか?

 

つまり、「決めるという行為」そのものが

 

結果はどうあれ、主体性につながるのです。

 

だから、ちゃんと自分で決めて生きている人は強いですよね。

 

主体性の塊

 

自分の決断の責任を自分で背負って生きているんです。

 

オーラが違います。

 

逆に、毎回決められないとか、人に決断を委ねる人は

 

なんか自信がなさそうに感じますよね。

 

「仕事をやめた方がいいか悩んでいます。今の職場にいるのも辛いし、でも、こんな景気だから辞めてどうなるかわからないし…」

 

「今の彼女は好きだし、いつかは結婚と思うけど、でもなかなか踏み出せなくて…」

 

こんな悩みを長期に渡り抱えているなら、

 

結局あなたの悩みの本質は「決められないこと」だって、気づいてますか?

 

あなたが期待しているような、「保障された未来が確信できるタイミング」なんていつまで待っても来ませんよ。

 

何も決められないから、悩みもいつまでも変わらないし、どんどん重くなるんです。

 

「決められない」という課題に気づいたなら、あなたにできる「小さな決断」から積み重ねてみてください。

 

些細なことでいいんです。

 

同僚とお昼を食べる時に、「お店はどこでもいいよ」とは言わず、あなたが行きたいお店を言いましょう。

 

上司に相談をする時も、「どうしたらいいですか?」ではなくて

 

「私はこう思うんですが、どう思いますか?」と自分の意見を入れてみましょう。

 

何か悩みを抱えたら「考えるのをやめる」のではなく、思い切って決めてみてください。

 

結果よりも、大切なのは「決める行為」そのものです。

 

「決める」のメリットに気づけるようになれば、あなたの生活も今と大きく変わってくるはずですよ。

 

最後に

 

世の中の大人に言いたいです。

 

自分で決めることの大切さ、楽しさを子どもに教えてあげてほしいな。

 

自分が何を大切に生きているか、語れないんじゃないですか?

 

「世の中甘くないぞ!」くらいしか言えないんじゃないですか?

 

リスクをとらない生き方ばかり子どもに教えてるんじゃないですか?

 

「あなたは1人では何もできないんだから、お母さんのいうことだけ聞いてればいいの!」

 

とか

 

習いごと、進学、友達づきあい、部活、大学、就職、バイトなどなど、

 

なんでもレールを敷いて子どもを従わせてませんか?

 

子どもから「決める」という大切な機会を奪い、成長を妨げている自覚を持ってほしいですね。

 

何にも決められない大人になりますからね。

 

セミナーのご案内

◆9月8日(金)対人援助職の悩みの本質が正しくわかる!家族システム論セミナー 定員8名 詳しくは こちら 残り4名!

 

◆7月28日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリーセミナー 定員8名 詳しくは こちら 満員御礼!

 

ブログカテゴリ