「あなたがどうしたいか」ではなく、「他人がどう思うか」だけで生きていませんか?

こんにちは。

 

あなたは、「あなたがどう思うか、どうしたいか」ではなく

 

「他人がどう思うか、どうしたいか」など、人の顔色ばかりうかがってしまっていませんか?

 

職場では、上司や同僚の顔色を一生懸命にうかがい、疲れ果てて家に帰る。

 

テレビでも見てのんびり休みたいと思っていたら、

 

友達から「辛いことがあっての!聞いて!」とLINEが入る。

 

「聞いてあげなきゃ」と、あなたは自分の疲れなんて二の次で友達とLINEのやりとりをし、気づけば24時を過ぎている。

 

それでも、友達はやりとりをやめる気配もない。

 

「明日の朝も早いのに…そろそろ終わりにしたいな。まだお風呂も入ってない…」

 

でも、友達の反応が怖くて切り出せない

 

ようやく1時にLINEが終わる。

 

これだけ付き合ってあげたのに、あなたは

 

「私、彼女の役に立てたかな。私の言ったことで嫌な思いにさせてないかな」なんて不安になる。

 

友達は「聞いてくれてありがとう!」と可愛いスタンプつきでメッセージをくれているのに。

 

満足そうにやりとりを終えているのに。

 

それでも、あなたに残る感情は、「不安」なんですよね。

 

つまり

 

あなたにとって、自分ではなく、他人の気持ちが満たされることって、とても重要なことなんですよね。

 

だから一生懸命やっている。

 

そして、あなたはとても疲れています。

 

本当は、もっと他の人たちみたいに、楽に力を抜いて、のびのびと人間関係ができればいいと思っていますよね?

 

だけど、あなたはわからないんじゃないですか?

 

みんな、どうやって人づきあいしているのか

 

どこからどこまでが断っていいラインなのか

 

自分の言ったことが、相手を不快にさせていないかどうか、どうやってわかるのか

 

みんなどうやってそれを確かめているのか

 

どうやって安心できるのか

 

だから、不安なんですよ。

 

でも、あなたはわかっていますよね。

 

いくら友達に「感謝している」「話を聴いてくれて本当に助かった」「不満になんて思ってないよ!」

 

こうやって、いくらあなたを肯定する言葉をかけられても

 

自分の不安が尽きることがないことを。

 

だから、あなた自身が、あなたのことを肯定できるようにならないと

 

ずーっとその不安はついて回るんですよ

 

あなたが、あなたのことを褒めてあげる。

 

あなたのことを認めてあげる。

 

「私は十分やった」

 

「私には価値がある」

 

こういう言葉をかけてあげられるようになれば、少しずつ見える世界が変わってくるはずです。

 

毎日を他人ではなく自分のために生きる

 

今のあなたにはものすごくハードルが高い話かもしれませんね。

 

でも、あなたが自分を受け入れ、変わろうとすることで大きく道は開けてきます。

 

まずは、あなたが、どうして自分のことを肯定できないのか、きちんと理解することから始めませんか?

 

道に迷っていることはわかっていても、どこでどう迷ったのか

 

そしてどこに向かえばいいのかわからないと、何をしていいのかわかりませんよね?

 

それを、カウンセリングでひとつずつ明らかにしていくんですよ。

 

ただいまメール相談も受け付けています。

 

カウンセリングに抵抗がある方は、セミナーを受けて頂くだけでも、だいぶ自己理解ができるはずです。

 

対人援助職の悩みの本質が正しくわかる!家族システム論セミナーは、

 

自分が家族や職場からどのような影響を受けてきたのか、視覚化して理解することが可能です。

 

一度立ち止まり、あなたのこれまで、そして今をじっくりと理解してみませんか?

 

大丈夫ですよ。

 

あなたは本当に頑張ってきました。

 

だから変われます。

 

あなたにとっての第一歩を、ぜひ私にお手伝いさせてください。

 

セミナーのご案内

◆9月8日(金)対人援助職の悩みの本質が正しくわかる!家族システム論セミナー 定員8名 詳しくは こちら

 

◆7月28日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリーセミナー 定員8名 詳しくは こちら 1名追加募集!

 

ブログカテゴリ