メール相談のモニターを募集いたします!

こんにちは。

 

AIDERS山崎正徳です。

 

メール相談のモニターを先着1名で募集します!

 

現在、メール相談のサービス化について検討しています。

 

そこで、まずはモニター様のご相談を受けていく中でサービス内容を検討していきたいと考えています。

 

現在、モニターとして申し込みいただいた方には、以下のサービスを提供いたします。

 

■メール相談(カウンセリング)

 

■内容

 

・期間は2週間。回数は無制限。

・メールを頂き、2日以内に返信します。

・料金はモニター価格で7,000円(税込)です。※定価は8000円~9000円の予定です。

・モニター価格で4週間までご利用可能です。

・終わった後にアンケートへのご協力をお願いいたします。


メール相談をやってみようかなと思ったのは、単純に、相談の敷居を下げて利用しやすいサービスにしたいと思ったからです。

 

メール相談はEAPコンサルタント時代に本当にたくさんこなしていて、カウンセラーへの指導も行っていました。

 

その分、メール相談のメリットもデメリットも把握しているつもりです。

 

私が感じるメリットとしては

 

・カウンセリングに抵抗がある人にとって、敷居が一気に低くなる。

・顔を見られずに相談できる。

・文字で自分の悩みを書くことで、それ自体が気持ちの整理につながる。

・カウンセラーからのアドバイスが文字で残るので、その都度見返して確認することができる。

・自分の都合の良い時間を使って相談できる。

・遠方からでも気軽に相談できる。 など

 

一方で、デメリットを挙げると

 

・文字のみのやりとりのため、面接や電話に比べると、カウンセラーが悩みを正確に理解することに時間がかかる。

・面接や電話に比べ、誤解が生じる可能性が高くなる。

・やりとりに時間がかかるため、カウンセラーから助言を得るまでに時間がかかる。

・相談者にとって、悩みをうまく伝えることができない可能性がある。 など

 

こんなところでしょうか。

 

だから、メール相談はとても難しいんですよ。

 

本当に神経を使います。

 

きちんとデメリットを把握して、そこを補う対応をしていかないと、うまくいかないのです。

 

私は、EAPで8年間メール相談を行ってきましたが、おそらくメール相談を受けた相談者数は1000人近いと思いますよ。

 

カウンセラーの指導も含めると、私が関わったメール相談は1500くらいになりそうな気がします。

 

私が毎日ブログを書けているのも「メール相談で鍛えられたから」というのが大きいんです。

 

文を書くスピード、些細な表現の工夫などは、今も相当な強みになっています。

 

基本、私はメール相談の場合はかなり質問します。

 

よくある新聞の相談コーナーのように、初回の返信で回答をすることはまずありません。

 

なぜなら、質問をしないと相談者の悩みを正確に理解できないからです。

 

質問したことに回答を頂きながら、感じたことをお伝えしていくような流れです。

 

これまで本当に多くのメール相談を受けてきた私だからこそ、メリットを生かした対応ができると思っています。

 

ぜひ、この機会に利用してみませんか?

 

実際、メール相談のニーズはけっこう多いんですよね。

 

カウンセリングには興味がある

 

ちょっと困った利用者さんの対応を相談したい

 

職場の人間関係のことを相談してみたい

 

でも、面接は敷居が高い

 

そもそも東京まで行けない

 

電話もちょっと勇気がいる

 

だから、メールで相談をしてみたい

 

むしろ、メールだから相談できる

 

という方もいますよね?

 

そんな方への支援も行いたいと思い、今回メール相談をやってみようと思いました。

 

すでに私のカウンセリングを受けている方も、ご利用してみたいという方はぜひお気軽にご連絡ください。

 

ひとまず、今日から1名募集します!

 

※対人援助職以外の方もご利用いただけます!

 

お申込み・お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

セミナーのご案内

◆9月8日(金)対人援助職の悩みの本質が正しくわかる!家族システム論セミナー 定員8名 詳しくは こちら

 

◆7月28日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリーセミナー 定員8名 詳しくは こちら 1名追加募集!

 

ブログカテゴリ