のび太のママがいつも怒っているのは、「性格がきつい」からではなく「パパがあまりにも優しすぎる」から!

こんにちは。

 

AIDERS山崎正徳です。

 

うちの子がドラえもんが好きなので、よく一緒に見ます。

 

子どもの頃からずっと見ているドラえもんですけど、大人になっても面白いですよね。

 

最近、なんとなく野比家について、ふと思うんですよ。

 

ママはなんでいつもあんなに怒っているんだろう??

 

あなたは「のび太のママはどんな人?」と聞かれたらなんて答えますか?

 

怖い

 

いつも怒っている

 

本当はすっごくやさしくて子ども思いの母

 

こんな感想を持つ人多いですよね。

 

そう、いつも怒っているんです。

 

のび太に対して

 

時には追いかけまわしたり、「ごはん抜きよ!!」なんて言ってみたり

 

けっこう感情的になってますよね

では、パパはどうですか?

 

パパにはどんな印象がありますか?

 

そう

 

優しいですよね

 

パパが怒ったとこ見たことあります?

 

あんまり見ないですよね、パパが怒るところ

 

寛容なんでしょうね

 

のんびりしているというか

 

マイペースというか

 

こう考えたときに、ママがなんでいつもあんなに怒ってるかわかりませんか?

 

ママが性格的にきつい人だからでしょうか。

 

のび太があまりにもだらしないからでしょうか。

 

いえ、私はそうは思いませんね。

 

「パパが優しすぎてあまりにも怒らないから」

 

そう思いませんか?

 

ママからしたら、時にはパパからのび太に「勉強しろ」と叱ってほしい

 

「マンガばかり読んでないでしっかりやれ」と言ってほしい

 

だって、0点ばかりとってるんだから

 

5年生なのに「2+3×5=25」と答えちゃうんですから

ママからしたら、不安で不安で仕方がないはずです。

 

このまま勉強についていけなかったら

 

高校に入れるのか

 

就職できるのか

 

恐ろしいはずですよ

 

それなのに

 

パパはやっぱり緊張感がないと思いませんか?

 

のんびりしすぎだと思いませんか?

 

だから、ママは父親の分ものび太に怒らないといけませんよね。

 

その分背負うものが大きくなりますね。

 

余裕はなくなりますよね。

 

だから、怒るんだと思います。

 

ということは、のび太のママが怒っているのは

 

のび太がだらしないからではない

 

ママの性格がきついからでもない

 

パパが優しすぎるからですよ。

 

つまり、夫婦の問題なんですよ。

 

逆に、パパが物凄く教育熱心で、のび太が0点を取るたびに怒って、

 

毎晩毎晩勉強をやるようにきつく叱っていたらママはどうなると思いますか?

 

今のように変わらず怒ってばかりいると思いますか?

 

そんなことはないと思うんですよ。

 

今度はママがフォローに回り、のび太に優しくなる可能性は高いと思いますよ。

 

こうやって、夫婦がお互いに影響を与え合って、のび太への対応が変わってくるんです。

 

家族は、相互作用でお互いに影響を与え、影響を受けて行動が変わるのです。

 

不登校の問題で母親の相談を受けていても、同じような構造はよくありますよ。

 

感情的に子どもを叱ってしまう母

 

仕事ばかりで家のことに無関心な父

 

そして、不登校の問題を一人で背負いこみ、母が不安になり怒ってしまう

 

職場でもそうです。

 

言うべきことを言わず、優しさをモットーに社員にいい顔ばかりする施設長

 

施設長が締めるところを締めてくれないので自分でやるしかなく、

 

注意する役割ばかり背負い、いつの間にか職員に「厳しい人」と言われて嫌われてしまう主任

 

本当は自分だってもっとみんなと仲良くしたいのに

 

でも、施設長が現場のトップとしての役割を果たさないから言わざるを得ない

 

そしてますます溝ができる

 

退職者が増える

 

主任の負担が増えてますます怒る

 

そして退職者が出る

 

こんなことありませんか?

 

のび太とママの二者関係で見るから何も解決しないのです。

 

スタッフと主任の二者関係で見るから何も変わらないのです。

 

もっともっと視野を広げて、人間関係を相互作用で見れるようになると

 

あなたの悩みの本質が正しく見えてきますよ。

 

対人援助職の悩みの本質が正しくわかる!家族システム論セミナーをぜひ一度は受けてください。

 

物事の本質を見極める、するどい洞察力を持ちたくありませんか?

 

どこでも習うことができない価値観、スキルを提供いたします。

 

セミナーのご案内

◆9月8日(金)対人援助職の悩みの本質が正しくわかる!家族システム論セミナー 定員8名 詳しくは こちら

 

◆7月28日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリーセミナー 定員8名 詳しくは こちら 1名追加募集!

 

ブログカテゴリ