いつもストレスを抱えているあなたの本当の苦しみは、自分の感情を肯定できないことではないですか?

こんにちは。

 

AIDERS山崎正徳です。

 

あなたは、同僚に理不尽なことを言われたり、利用者さんからきついことを言われて傷ついているのに、

 

「こんなことで怒ってはいけない」


「利用者さんに嫌な感情を持ってはいけない」


「こんなに落ち込んでいるのは私が弱いからだ」

 

なんて、自分に生じるノーマルな感情を否定してしまってはいませんか?

 

「こんなことで怒るなんて、私は弱いですよね」

 

カウンセリングの場面でこう言う方に、私はこう伝えることがあります。

 

「あなたが怒っているんだから、怒っていいんですよ」と。

 

だって、感情っていうのは自然に湧き出てくるものですよね。

 

例えば、野生の草食動物が、虎を見て「怖い」と感じるから逃げる。

 

「怖い」という感情があるから、自分がとても危険な状況にあることがわかるんですよね。

 

そこで、「こんなことで怖いと思っちゃいけない」なんて言ってたらどうなります?

 

食べられて死んじゃいますよ。

 

だから、「怖い」という感情を持つこと自体は全く悪いことではなくて、むしろ普通のことなんです。

 

あなたが怒りを感じているなら、まずは怒りを感じること自体は受け入れた方が、体には絶対いいですよ。

 

ノーマルな感情を持つこと

 

これを許してあげないと始まりません。

 

「怒っちゃいけない」

 

「辛いなんて思っちゃいけない」

 

こうやって感情を抑圧するから、体にでるんです。

 

何をやってもやる気が起きない

 

眠れない

 

涙が出る

 

そして、最後は怒りが爆発することだってあるでしょう。

 

エネルギーが枯渇して、燃え尽きることだってあるでしょう。

 

そうならないためにも、まずは自分の感情を肯定する習慣をつけましょう。

 

勘違いして欲しくないのは、

 

「怒りを受け入れる」=「相手に怒りをぶつけていい」ではありません。

 

感情と行動は別物です。

 

まずは自分が怒っていることはありのままに受け入れる。

 

どれだけ怒っているのかを理解する。

 

その怒りが、生活にどう影響を及ぼすのか考えてみる。

 

家族に当たり散らさないか?

 

お酒の量が増えないか?

 

ネットにのめり込まないか?

 

職場に行きたくないほど強い怒りか?

 

職場で口論になってしまいそうか?

 

同僚にグチを言えばなんとかなるレベルか?

 

影響をできるだけ抑えるためにも

 

安全に怒りを処理した方がいいですよね。

 

だから怒りのレベルを評価して、

 

一人で抱えられなければ人に相談するなり

 

運動して発散するなり

 

対処をしていくんですよ。

 

感情を受け入れ、認めるからこそ、どう処理するかを悩めるんです。

 

感情を認めず、何もなかったことにするのは

 

言ってみれば不発弾を体の中にため込むようなものです。

 

不発弾が常に何十発と体に埋まっている人

 

珍しくないですよ。

 

そういう人は、感情を抑圧する習慣がついているんです。

 

だから、今から習慣を変えていくんです。

 

自分の感情をそのまま受け入れる

 

肯定する

 

辛ければ

 

「辛いなー」と言葉にする

 

できることから始めてみてください。

 

セミナーのご案内

◆7月28日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリーセミナー 定員8名 残り1名! 詳しくは こちら

 

◆6月23日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリーセミナー 定員8名 満員御礼! 詳しくは  こちら 

 

ブログカテゴリ