不登校の子どもの本当の悩みは「学校に行けないこと」ではなくて、「行きたくない学校に行かないことを大人に許してもらえないこと」

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

今日は、「噛み合っていない人間関係」について話をしたいと思います。

 

私は、中学校のカウンセラーもやっています。

 

そこでは、主に不登校の子の保護者の相談を中心に受けています。

 

不登校の子どもを抱える保護者の悩みってわかりますか?

 

これは難しくないですよね。

 

「子どもが学校に行かないこと」です。

 

どんなに声をかけても行かない

 

不登校関連の本を読んでみたら、「無理に行けといってはいけない」とか

 

「できているところをほめましょう」とか、色々と書いてある。

 

だから全て実行してきた。

 

ほめたら子どもは嬉しそうにしたし、「明日は行くよ」と笑顔で言った。

 

それなのに

 

朝になると、起きてこない。

 

声をかけても動かない。

 

怒ってはいけないとわかりながらも、ついつい声を荒げてしまう。

 

だから、「どうやったら学校に行くようになるかを知りたくて、カウンセラーに相談にきた」わけですよね。

 

それじゃあ、その問題の不登校の子どもの悩みはなんだかわかりますか?

 

私は、不登校の生徒に会った時によくこういう質問をするんです。

 

「あなたが学校に行かないことでお父さんとお母さんが困ってるみたいだけどさ、どう?あなたは何に一番困ってる?」

 

「学校に行けないことに困ってるの?それともさー、学校に行きたくないのに行けって言われちゃうこと?友達との関係とか?どう?どんな気持ちか教えてくれる?」

 

こんな感じで話すと、

 

「学校に行きたくないけど、行けと言われちゃうから・・・」みたいに話す子が多いんですよ。

 

そう、親と子で悩みが違うんです。

 

親の悩みは「子どもが学校にいかないこと」

 

子どもの悩みは「行きたくない学校に行かないことを許してもらえないこと」

 

ここが噛み合っていないこと、わかりますか?

 

子どもの悩みの種は親や先生になっているんですよ。

 

学校に対してネガティブな気持ちがあるのはあるはずです。

 

友達との関係だったり、部活や勉強だったり

 

本当はそっちにストレスを感じて悩んでいた

 

でも、今の悩みは「学校に行けと言われること」なんです。

 

そこに親がきちんと気づけているか?

 

気づけていないと、いくら話しても噛み合わないですよね。

 

子どもからすれば、学校のストレスから身を守るための自宅で、今度は親から身を守っているんですから。

 

だから、さっきまで元気にテレビの話をしていた子どもが、学校の話をされると急に口を閉ざすんです。

 

とても自然なことですよね。

 

「なんかの病気か?学校の話をすると急にムスッとしちゃって」

 

親はそう思いますよね。

 

でも、子どもの本当の気持ちがわかれば、なんで黙るのかもわかるでしょう。

 

「じゃあ、親はどうすればいいんですか?そうすると学校に行かなくなっちゃうじゃないですか」

 

と言われるんですが

 

その「行かせよう」が噛み合ってないんですよ。

 

親が子どもに学校に行ってほしい気持ちを持つことは当然だと思いますけど、

 

まずはそのずれを修正しないと、子どもも本心を語ってくれませんよ。

 

「そうか、自分がいつも学校に行かせようとするから、心を開いてくれないのか」

 

「行きたくないものはどうしようもないよな」

 

こうやって、親が少しでも子の気持ちに寄り添えるようになって、力が抜けてくると子どもも楽になることが多いんですよ。

 

実際、その方が不登校が改善に向かいやすくなるんですよね。

 

家での安全が確保されるから、だんだん暇になってくると「これからどうしようかな」と悩めるようになるんです。

 

家で親から身を守っているうちは、毎日がサバイバルなんで今後のことなんて考えられないんですよ。

 

不登校の話が中心になってしまいましたが、

 

噛み合わない人間関係って、こうやってどちらかが主観でしか相手を、問題を見なくなります。

 

その人にとっての解決を相手に押しつけてしまうんです。

 

そして、ずれていることにも気づけずに問題が進行していきます。

 

相手に変わって欲しいと思うなら、「相手に変わって欲しいと思っている自分」が、

 

相手にどのような影響を与えているのか、立ち止まって考えてみると良いですよ。

 

相互作用で問題が見えるようになると、悩みの本質に大きく近づくことができるのです。

 

※不登校に関する他の記事

不登校の子どもが学校に行こうとすると「お腹が痛くなる理由」


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事