息子がギャンブルで多額の借金をしているんですけど、やっぱり親が支払うべきですか?

こんにちは。

 

AIDERS山崎正徳です。

 

ある母親の悩み

 

息子がギャンブルで多額の借金をしているんですけど、やっぱり親が支払うべきですか?

 

利息がどんどん増えて大変だし、息子も反省しているんで払ってあげようかと思います。

 

でも

 

実は、これで2回目なんですよ。

 

2年前に一回ありました。その時は90万です。

 

今回は、150万。

 

信じられません。

 

督促の手紙をたまたま見てしまい発覚しました。

 

息子は「迷惑かけたくないので言えなかった」と言ってます。

 

今回も支払うしかないかなと思っています。

 

でも、本当にいんでしょうかね。


こんな相談、よくあります。

 

依存症は、家族のシステムを切り口に見てみると問題がすごくわかりやすいんですよ。

 

ギャンブルをやめられない息子がいる

 

借金を繰り返している

 

今回は2回目

 

どうしてこんなことが成立するの?

 

まずはこう考えましょう。

 

借金を繰り返して、ギャンブルを続けることができたわけです。

 

どうしてそれが可能だったのか。

 

誰が手助けをしていたのか

 

わかりますか?

 

そうです。

 

親が借金をすべて返済してあげたことで、ギャンブルの問題で本人が負うべき責任がゼロになったわけです。

 

つまり、全く痛みを味わうことがなかった。

 

そして、お金の問題があっても、親が返してくれる

 

これを覚えてしまった

 

そして、より依存行動に歯止めがきかなくなった。

 

こう考えらえませんか?

 

依存症者って、ギャンブルのような行為だけに依存すると思ったら大間違いです。

 

人や環境にも依存することが多いんですよ。

 

だから、本人が負うべき責任を肩代わりしてあげたとしても、多くの場合が依存されるだけですよ。

 

反省して心を入れ替えてほしい

 

こう願ってますよね?

 

だったら、ちゃんと責任を負わせた方がいいですよ。

 

本人が、ギャンブルをやめないと本当にまずい

 

生活が破綻する

 

自分の依存の問題で毎日苦痛を背負うことになる

 

この経験こそが、依存症から回復していこうというモチベーションにつながるんですよ。

 

借金の問題なら、債務整理などについて弁護士に相談させ、きちんと返済計画をたてさせる

 

そして、依存症の治療に専念させる

 

家族として、依存症について正しく学び、その都度適切な対応をする

 

それが家族にできる適切なサポートなんですよ。

 

間違っても、本人の負うべき責任を家族が背負うことがサポートではありません。

 

そうやって世話を焼いてしまう関係こそが、依存症の家族のシステムなんです。

 

私はこれまで、アルコール依存やギャンブルの問題、薬物、スマホ課金、買い物など

 

様々な依存症の問題で悩む当事者や家族からの相談を受けてきました。

 

家族の依存症の問題で悩むあなた

 

いつまた借金をしないかと心配で眠れぬ夜を過ごしているあなた

 

気づけばこの1年、家族の依存症の問題で振り回され続けているというあなた

 

どこに相談をしていいかわからないですよね?

 

まず一度私の方でお話を伺い、どのような支援がより適切であるか、考えさせて頂きます。

 

必要があれば専門の相談機関などをご案内させて頂きます。

 

お気軽にカウンセリングをご利用ください。

 

いつでもお待ちしています。

 

セミナーのご案内

◆7月28日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリーセミナー 定員8名 残り3名! 詳しくは こちら

 

◆6月23日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリーセミナー 定員8名 満員御礼! 詳しくは  こちら 

 

ブログカテゴリ