新人が入ってやたらとはりきるあなたは、人から「必要とされる必要がある」共依存かもしれませんよ。

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

右も左もわからない新人を見ると、あなたはなんだか気分が高揚して、テンションが高くなりがちだったりしませんか?

 

あなたが優しく声をかけ、教えてあげることで、その新人は嬉しそうな顔をしてあなたに感謝しますよね。

 

あなたの仕事ぶりを見て、「私も早く○○さんのようになりたいです!」なんてあなたに言うかもしれません。

 

そんな新人とのやりとりが、あなたはなんだか心地よくて仕方がないんじゃないですか?

 

日常生活では味わえないような、自分の存在意義を感じて満たされる思いをしていませんか?

 

そんなあなたは、周りからみると、

 

「○○さん、やたらとはりきってるね」

 

「普段は見せないハイテンションぶりで輝いてるね」

 

なんて言われているかもしれませんよ。

 

新人に安心感を与えているあなたは、新人にとってありがたい存在であるでしょう。

 

上司にとっても、あなたのサポートをありがたく感じる場面も少なくないでしょう。

 

ただ、あなたは本当に新人のためにやっているんですか?

 

新人を育てよう、新人が少しでも安心できるように、そんな思いでやっていますか?

 

それとも

 

自分自身が満たされたい

 

尊敬されたい

 

必要と思われたい

 

こんなふうに、新人をサポートしているようで、本当はあなた自身の精神的なサポートになっていませんか?

 

そうですよね。

 

あなたは本当は自信がなくて、誰かに「必要とされる必要性」があるんじゃないですか?

 

そんなあなたにとって、右も左もわからなくて、不安そうにしている新人は、まさに恰好のターゲットになりやすいんですよ。

 

「役割嗜癖」という言葉を知っていますか?

 

共依存のひとつの形で、何らかの役割を背負い、人に求められることで安心感や自己評価を見出そうとする、強迫的な役割への依存です。

 

誰かの世話を焼くことで、自分が求められているという関係を作り出す

 

過剰に役割を背負うことに依存し、コントロールができなくなる

 

そんな役割嗜癖、あなたにはありませんか?

 

だからこそ、新人を見ると世話を焼きたくなり、そして必要とされることで高揚感に満たされ、コントロールできなくなるんですよね?

 

でも、わかってますよね。

 

新人があなたを慕ってくれるのなんて、今の内だけだって

 

だんだん職場に慣れてくれば、あなたが世話を焼く必要なんてないんですよ。

 

新人は自分の仲間や居場所を見つけて、自然とあなたから距離を置いていきますよ。

 

今までもそれの繰り返しだったでしょ?

 

だから満たされないあなたは、毎年新人を見つけるたびに同じことをやってしまうのではないですか?

 

もう、卒業しませんか?

 

人の評価に依存して、自分が安心感を得ることを

 

あなたが、あなた自身のことを受け入れ、きちんと自分のことを評価できるようになれば、役割なんて過剰に背負わなくても、安心して生活できるんですよ。

 

肩の力を抜いて、楽に人間関係ができるようになりますよ。

 

慢性的な疲労や微熱、肩こりや首の痛み、寝つきの悪さなどの症状が回復することにもつながります。

 

共依存をやめれば、体調は今よりも必ず良くなります。

 

あなたが、あなたのことを深く深く理解して、上手に気持ちをコントロールして適度に世話を焼けるようになりませんか?

 

バウンダリーのセミナーやカウンセリングを受けて頂ければ、その具体的な方法を学ぶことが可能です。

 

ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリーセミナーは、

 

6月はすでに定員に達してしまいましたが7月28日(金)は現在募集中です。

 

ぜひお気軽にご参加ください!

 

セミナーのご案内

◆7月28日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリーセミナー 定員8名 残り4名! 詳しくは こちら

 

◆6月23日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリーセミナー 定員8名 満員御礼! 詳しくは  こちら 

 

ブログカテゴリ