職場の喧嘩を上司のあなたが「仲裁しよう」としているから、いつまでも問題が解決せず繰り返すんですよ

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

今日は、部下の喧嘩をなだめようとしている管理職の方に向けて記事を書きます。

 

部下の喧嘩

 

大変です。

 

喧嘩ですから、お互いが自分の正しさを主張して、譲らないような状態ですよね?

 

そして、それが職場の空気が変わるほどの喧嘩であれば、もう噂があっという間に広まり、上司であるあなたにとって、対応に困る面倒な状況だろうと思います。

 

あなたとしては、「お互い大人なんだから、ちゃんと話し合ってほしい」「早く元に戻ってほしい」と思いますよね?

 

そして、そのためにもなんとか仲裁しようと思って、ネットで「職場の喧嘩 仲裁」とか調べているのではないでしょうか。

 

私の経験上ですが、部下の喧嘩が起きた時の管理職の対応って、大体次のふたつに別れます。


①当事者同士の言い分をそれぞれ聴いて、「まあ、あなたの気持ちはわかったから、今回はこれくらいにしてよ、大人同士だしさ」となだめる。そして、時間が解決することを待つ。

 

②どちらに正当性があるかどうかにこだわって、間違えている方を注意する。説得する。


この2つの対応は、私はあまりお勧めできないんですよね。

 

なぜなら、問題の本質を履き違えているように感じるからです。


喧嘩の何が問題なのかをよく考えてみてほしいのです。

 

例えば、仕事のことで意見が分かれたり、相手が自分の思った通りに動いてくれなかったりしたとする。

 

ここで「感情的になる」から、喧嘩が起きるのです。

 

不満や怒りをそのまま相手にぶつけるから、トラブルになるのです。

 

不満をぶつけられた方も、そこで喧嘩をかうから、喧嘩になるのです。

 

だから、問題は「どちらに正当性があるかどうか」ではなく、「感情的になった事実」だと思うのです。

 

仕事をしていれば、当然ですが意見の相違は日常的にあります。

 

そして、相手が自分の思った通りに動いてくれないこともあります。

 

そこで生じた不満や怒りを、話し合いで解決できずに感情的になるからトラブルになるのです。

 

つまり、部下同士の喧嘩への対応の際のポイントは

 

「どちらに正当性があるか」ではなく、まずは「感情的になった事実」をきちんと扱い、お互いに改善を求めること。

 

次に同じように意見が分かれることがあっても、決して感情的にならずに話し合うこと。

 

どちらかが感情的になって安全を奪うような行為をするなら、そこで喧嘩をかわずに上司に相談をすること。

 

これにつきます。

 

このことをせずに、いつまでも「まあまあ、大人なんだから」みたいに「仲裁」にこだわると、その場では治まってもまた喧嘩になる可能性がありますよ。

 

ちゃんと伝えるべきことは伝えましょう。

 

また、喧嘩が生じやすい環境の特徴をもう一つあげると、管理職が管理職の役割を果たしていないことです。

 

これが本当に多いです。

 

いくつか例を挙げます。

 

・感情的になる部下を上司が注意せずに放置する。それにより我慢の限界を迎えた他の社員がキレ返して喧嘩になる。

 

・仕事のやり方や方針などで部下の意見が分かれた時に、どちらかについて嫌われたくない管理職がいつまでも方針を決めない。「お互いに話し合って決めてよ」と現場に丸投げするので、部下同士の溝が深まりやすくなる。

 

上司であるあなた自身の管理職としてのスタンスが、結果的に部下の喧嘩を助長してしまっていることもあるのです。

 

「結局課長はいつも問題をあいまいにするよな」なんて言われていませんか?

 

部下に絶望されていませんか?

 

今回も「仲裁」にこだわると、また問題が繰り返されますよ。

 

「もっと仲良くすればいいのに」なんて他人事で考えず、果たすべき上司の役割を果たしましょう。

 

他にも、部下の問題への対応方法を書いた記事はたくさんありますので、ぜひ読んでみてください。 


セミナーのご案内

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー 動画配信中! 詳しくは  こちら

 

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」(第3期生) 定員8名 詳しくは こちら 


ブログカテゴリ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆思い通りにいかないと感情的になる部下には、「感情的になった事実」を問題として扱う

 

◆まだ犯人探しなんて無駄なことやってんの?利用者さんとのトラブルを家族問題で置き換えてみると、職場の課題が丸裸になる!

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆働きたい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ

 

◆「利用者に嫌われた」とお悩み掲示板で相談をしている介護職への同業者からのコメントがあまりにも厳しく危険なので、「そりゃあ人手不足になるよな」と思った話

 

◆利用者さんからきつい暴言を受けた後、ぐったりしてしまいました。早く回復する方法を教えてください!

 

◆従業員の燃え尽き防止のセミナーもいいけど、その前にきちんとサービスの限界設定をしませんか?

 

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話

 

◆不登校の子どもの本当の悩みは「学校に行けないこと」ではなくて「行きたくない学校に行かないことを大人に許してもらえないこと」