「私ばかり面倒な利用者さんを担当しています」と言うあなたは、自分の関わり方が「面倒」を招いていることを疑った方がいいですよ。

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

今日は、「どうして私の担当する利用者さんは面倒な人ばかりなんだろう」と悩んでいる援助職の方に、ご自分の振り返りをして頂くための記事を書きます。


担当が変わったら急にお酒をやめた依存症患者の話。

私が依存症のクリニックに勤めていた時の話。

 

ある看護師さんが担当するアルコール依存症の患者さんがお酒をなかなかやめられなくて、お酒の臭いをさせながら来院する、ということを繰り返していました。

 

その看護師さんは、なんとかその患者さんにお酒をやめてもらおうと、その患者さんがくるとすぐに近づいていき、お酒の臭いがしないかと確認して

 

きちんとデイケアのプログラムに参加しているか

 

食事をきちんと食べているか

 

何か思い詰めていないか

 

あれやこれやと手を尽くしていました。

 

それでも、その患者さんはお酒をやめられない。

 

そして、その看護師さんにイラついた態度をとったり、言うことをきかなかったり

 

だから余計にその看護師さんも心配になり、関わる。

 

「大変なんですよ、あの人」と言ってましたね。

 

確かに、とても大変そうに見えました。

 

そんなある日、突然その患者さんの担当が私に変わったんです。

 

先生に「担当は山崎に交代!」と言われまして。

 

「うわー、自分にできるかなー。大変だなー」なんて、ちょっと嫌な気分になりました。

 

でも

 

私が担当したら、全く大変ではなかったのです。

 

お酒を飲んでくる回数も減りましたし、反抗的な言動もおさまりました。

 

驚くほどに落ち着いたのです。

 

なぜか?


「面倒な患者」になってしまった本当の理由。

 

当時は私も3年目くらいだったんで、よく理由がわかりませんでした。

 

担当が女性から男に変わったから?くらいしか思ってなかったんです。

 

でも、今ならわかります。

 

その看護師さんと私との決定的な違いは、距離感です。

 

看護師さんの距離が、私よりも、ずっとずっと近かったんです。

 

別に私の関わり方が良かったなんて言うつもりはありません。

 

単に、前の担当者が近すぎただけ

 

ちょっと親子で例えてみます。

 

皆さんが子どもだとして

 

学校から帰ってくるなり、母親が近づいてくる。

 

「今日学校でちゃんと勉強した?宿題は?連絡帳見せてくれる?これから誰と遊ぶの?何時に帰る?」と質問されまくる。

 

部屋にいると、時々母親がドアを開け、

 

「勉強ちゃんとやってる?」「お父さん帰ってくる前にお風呂掃除してね」

 

「ゲームは宿題やってからね」「水分とってる?」とか

 

いちいち声をかけてくる。

 

こんなことを毎日されたら

 

うるさーい!!!

 

と、吠えたくなりませんか?

そしたら、「なんて大変な子でしょう!!」なんて言ってお父さんに訴えて、またしつこく絡んでくる。

 

泣きたくなりますよね?

 

酒を飲みたくなりますよね?

 

余計に反発したくなりますよね?

 

そうです。

 

もうわかりますよね。

 

「面倒な患者」にしていたのは、看護師さんの方なんですよ。

 

※関連記事

共依存のパターン「世話焼き依存」

 

共依存タイプの上司は、部下の自立を嫌い、部下の依存や不安を好む。


援助職と患者の距離が近すぎると、「支援」ではなく「コントロール」になる。

 

あまりにも距離が近すぎると、「支援」ではなく「コントロール」になります。

 

相手をコントロールする距離感は、援助者と患者という境界線を越え、家族的な距離感になります。

 

その患者さんは、クリニックに来るたびに「母ちゃんにつきまとわれていた」も同然なんですよ。

 

だから、反発するし、自分でできることもやらなくなる、素直に言うことをきかなくなる。

 

そして、「面倒な患者」になる。

 

私ばかり、面倒な利用者さんを担当しているんですよ、大変なんです。

 

〇〇さんが担当している人は訴えが多い人ばかりで大変そうですね。

 

こんな会話、あなたの職場でありませんか?

 

または、あなた自身がそうではないですか?

 

その場合、「面倒な利用者さん」として、利用者さん個人の問題にしているから、いつまでも状況が変わらないのではないですか?

 

あなた自身がどのような距離感を保っているのか

 

よーく振り返ってみるといいですよ。

 

「自分自身の距離感を見直してみたい」

 

「どうしても距離が近くなりトラブルが増える」

 

という方は、ぜひ以下の記事を読んでバウンダリーを学んでください。

 

※関連記事

ストレスに強くなる!人間関係の境界線(バウンダリー)の引き方

 

「NGT48事件」から学ぶ、対人援助職の共依存がもたらす、離職・燃え尽き問題の構造と対処法


セミナーのご案内

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【入門コース】 2019年5月24日(金) 定員5名 詳しくは こちら

 

◆職場の惨事ストレスマネジメントセミナー ~自殺、事故死、殺人、災害など、突然の惨事に見舞われた職場は、まず何をすべきか~ 2019年6月14日(金)定員5名 詳しくは こちら

 

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【実践コース(共依存の関係)】 2019年6月21日(金) 定員5名 詳しくは こちら

 

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【実践コース(支配・被支配の関係)】 2019年7月12日(金) 定員5名 詳しくは こちら


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

 

◆ストレスに強くなる!人間関係の境界線の引き方 

 

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆「NGT48事件」から学ぶ、対人援助職の共依存がもたらす、離職・燃え尽き問題の構造と対処法

 

◆職場の喧嘩を上司のあなたが「仲裁しよう」としているから、いつまでも問題が解決せず繰り返されるんですよ。

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆あなたの職場ですぐに新人が孤立するのは、「業務内容」は教えても「職場の小さな当たり前」を教えていないからではないですか?

 

◆共依存タイプの上司は、部下の自立を嫌い、部下の依存や不安を好む。

 

◆鳥取県養護学校の看護師一斉退職に見る、対人援助職の使命感の強さが生む「依存」と「機能不全」

 

◆バウンダリー(境界線)基礎講座1日目「人間関係の大原則が学べるバウンダリー(境界線)とは?」

 

◆働きやすい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ!

 

◆悪質なクレーマーやモンスター患者対応の基本は、職場としてのバウンダリー(境界線)を強化すること!

  

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話

 

◎こちらのホームページでもブログを書いています!◎

共依存を克服するカウンセリング【東京・新宿】