経営者のあなたが現場に関心をもたないと、いじめ、虐待などの暴力トラブルが根付く環境が出来上がりますよ。

こんにちは。

 

AIDERS山崎正徳です。

前にカウンセリングをしていた男性で、子どものころにお兄さんからひどい暴力を受けていた人がいました

殴る蹴るは当たり前。

ひどい時は歯が折れたことがあったようです。

親はどうしてたんだ?止めなかったのか?と思いますよね。

この方は両親が自営業で仕事にかかりっきりで、家にいないことが多かったらしいのです。

夜になるとお母さんが来てご飯を作ってくれたりは普通にあったようですが、

基本的にいつもお母さんは忙しそうで余裕がなくて

両親が揃えば経営のことで口論になる

いじめられてることを言っても、どうもそこまで取り合ってもらえないことが何度かあった

その内、言っても仕方ないと思うようになったようです。

さすがに歯が折れた時は言わざるを得なかったようですが、そこでも「また何かあって本当に大変なら言ってね」と言われてしまったようです。

もうすでに大変なのに、「また何かあったら言え」って、どこまでの大怪我したら助けてくれるの?

こう思いますよね。

だから、もう言ってもダメだと思う。

とにかく耐えることを続けるしかなくなる。

お兄さんも親に対する悲しさ、寂しさ、怒りがあったんでしょうね。

その怒りのはけ口が弱い弟に向かい、いくらやっても怒られないから暴力がエスカレートした。

こうやって、親のいない魔の時間帯が、無法地帯となり、暴力タイムとなった。

これは職場でもそっくりそのまま置き換えることができますね。

例えば、施設において職員が利用者さんに暴力的に対応することが定着し、虐待事件になる。

こういう時にテレビに出てくる経営者は、現場のことをよくわかっていないように見えます。

任せていたら、こうなった。

知らなかった。

こんなふうに顔に書いてあります。

きちんと管理をするべき人が役割を果たさない。

関心を示さない。

現場の責任者や、現場のスタッフとのコミュニケーションが少なくなる。

現場で毎日何が起きているのか、スタッフはどんなことを感じながら働いているのか、不満などはないか、利用者さんとの関係はどうなのか、困っていることはないか

知っておいた方が良いことは山ほどあるはずなのに、ほとんど知らない。

知ってる気になってるのかもしれません。

そうなると、現場が無法地帯になる可能性は一気に上がりますよ。

責任者の好き放題になり、いじめやパワハラが日常的になるとか

モンスター社員にきちんと注意する人がいないので、全員が振り回されたり

利用者さんへの対応が日々雑になっていき、暴力をふるう人が出てくる

それを見て、真似する人も出る。

虐待が定着していく。

気づけば大きな問題になり、職員が容疑者になりテレビに出ている。

実際によくありますよね、こんなこと。

これは、虐待をした職員個人の問題ではないのです。

職場が、虐待が根付く現場を構築したのです。

虐待が発生するシステムを作ったのです。

システムを変えないことには、いくら職員を取り替えたって何も変わらないですよ。

個人の問題にせず、「どうしてこの職場では虐待が長いこと続いていたのか」と考えれば、

色々な問題が見えてきますよ。

家族システムで問題をみる習慣をつけてください。

問題の本質が見えるはずです。 


セミナーのご案内

◆平成30年2月22日(木)対人援助職のための虐待・暴力トラブル防止セミナー 定員8名 詳しくは こちら

 

◆平成30年1月12日(金)ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【基礎コース】 定員8名 詳しくは  こちら 残り3名!

 

◆もっとストレスに強くなりたい!介護職、看護師、福祉職のための連続講座「対人援助職の自助グループ」 定員8名 詳しくは こちら  満員御礼!    


ブログカテゴリ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事