利用者さんに精神科の受診を勧めたいんですけど、なんて伝えたらいいですか?

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

利用者さんが不眠で悩んでいたり、ずっと気分が落ち込んでいて、なんかうつ病のように見える。

 

心配だから、心療内科とか、精神科とか行ってみてほしいなー

 

でも、なんて言ったらいいんだろ。

 

こんな悩みを抱えていませんか?

 

「うつ病かもしれないから、心療内科に行ってみませんか?」

 

なんて伝えたことがある方ももちろんいますよね。

 

でも、「大丈夫」「うつ病なんかじゃないよ」って返されて終わりではないですか?

 

そんな方に、関わり方のヒントを教えます。

 

キーワードは、「疾病性」と「事例性」です。

 

「疾病性」とは、「病気であるかどうか」「どんな病気であるか」のように、

 

病気を切り口にすることです。

 

つまり、「うつ病かもしれませんよ」「精神的な病気化もしれないから、一度精神科に行きませんか?」といった声のかけ方は

 

疾病性を切り口に声をかけていることになります。

 

では、事例性とは

 

事例性は、「行動や態度にあらわれる客観的事実」のことです。

 

例えば、不眠の利用者さんが、これまで一人で行けていた買い物に行く回数が減ってきたとする。

 

この場合、「買い物にいけなくなった」というのが客観的事実であり、この問題を扱うのが事例性です。

 

まあ、あまり難しく考えず

 

「病気かどうか」で扱うか、「行動面の問題」を扱うか

 

と捉えてください。

 

疾病性で心療内科の受診を勧めると、うまくいかないことが多いですよ。

 

「あなたは病気です」と言っているようなものですから

 

本人が本当に困っていれば別ですが、「違う」「大丈夫」と言われてしまえばそれまでです。

 

しかも、「病気扱いしないでよ!」なんて怒らせてしまうこともありますよね。

 

だから、私は「事例性」で勧める方がうまくいくと思っています。

 

「最近、前ほど昼に買い物に行けてないですよね?」と、起きている事実を扱っていく。

 

そこで本人が困っているようであれば、「心療内科でそういう相談もできるんですよ。一度診てもらったらどうですか?」と切り出してみる。

 

これだけでも、だいぶ相手の抵抗感は下がります。

 

もしそこで断られても、「じゃあ様子をみましょうね」と伝え、行動が改善されているかを話題にしていく。

 

「あれから一ヶ月ですけど、前ほど買い物に行けていないから心配なんですよ…」と、あくまでも事例性で切り出す。

 

その上で、「眠れていますか?」なんて話題を振ってみてもいい。

 

でも、あくまでも事例性を柱に据えて

 

「早く買い物に行けるように、やっぱり一度心療内科の先生に診てもらいませんか?」とか

 

または

 

「心療内科にかかる必要があるか、かかりつけの先生に相談してみませんか?」なんて言ってみる。

 

イメージできますか?

 

こうやって声のかけ方を変えるだけでも違いますから、ぜひ事例性でトライしてみてください。

 

あと、受診を拒み続ける人には、「その場は本人の意思を尊重して、約束をさせる」というやり方も有効ですよ。

 

「今は心療内科に行きたくないんですね。わかりました。でも、今の状況が続くと心配です。一ヶ月様子をみましょう」

 

「この一ヶ月の間に、前のように昼に週3回買い物に行けるようにならなければ、その時は一緒に診察を受けに行きましょうね」

 

こんなやり方です。

 

うまくいったら、ぜひ職場で共有してくださいね。

 


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事