· 

親や上司との境界線(バウンダリー)の引き方。今、支配を受けて苦しんでいるあなたにできること。

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

今日は、親や上司から支配を受けて辛い思いをしている方に向けて記事を書きます。


親からの支配を克服した女性の話

お正月やゴールデンウイークなどのような大型連休になると、カウンセリングで決まって受ける相談があります。

 

それは、

 

「親との関係が悪くて、実家に帰りたくないんです。でも、帰らないと怒られるし、帰れば嫌な思いをして毎回具合が悪くなるし…」

 

「どうしたらいいですか?毎回困っちゃって…」

 

せっかくのお休みに、苦手な家族にわざわざ時間をかけて会いに行く。

 

とてもエネルギーのいることだと思います。苦しいですよね。

 

そんな中、この連休明けにカウンセリングで会った方からこんな報告を頂きました。

 

その女性は、覚悟を決めて新幹線に乗り実家に向かったそうなんですが、途中でやはり気分が悪くなり…

 

本人曰く「人生の一大決心」で、思い切って途中下車して東京に引き返したそうです。

 

すごい!

 

とても勇気のいる行動だと思います。

 

「このまま帰ったら本当に連休具合悪くなる」

 

「仕事だって大変なのに、ここで具合が悪くなって会社に行けなくなるわけにはいかない!」

 

そんな危機感から、これまではできなかった奇跡の東京へのUターンが実現しました。

 

東京に向かいながら「大変だ」「私はだめな娘だ」なんて罪悪感が強くなったようですが

 

自分の家に戻ったら「連休を自分の家で過ごせるなんて素晴らしい!」と思えたようです。

 

これまで家族のために使っていた連休を、生まれて初めて自分のために使えたのです。


「自分の境界線を持つ」ことは、「自分を大切にする」ことである。

 

そして、ここから続きがあります。

 

そこでこの方は、こう感じたようです。

 

「自分のことを大切にするって、こういうことか!」

 

「自分の境界線を持つって、こういうことか!」

 

それから、会社での人間関係がとても楽になったようなのです。

 

これまでできなかった、「断る」が自然にできるようになり

 

今までミスを恐れて緊張しっぱなしだったのが「なんとかなるか」と思えるようになった。

 

何より、私が驚いたのは、その方の顔つき、表情がとても明るくなったんです。

 

まさに「生きるコツ」をつかんだような、喜びに満ちた顔でした。

 

カウンセリングをしていると、こうやって、人が変わる瞬間に立ち会えることがあります。

 

そのきっかけって、本当にちょっとしたことなんですが、そこには大きな決断があります。

 

「私はもっと楽に一日を過ごしたい」

 

「こんなふうに辛い思いをしたくない」

 

まさに、自分はこうありたい、という思いが、ひとつの行動につながるのです。

 

この方の今回の行為は、親との間にきちんと境界線を引いたことになります。

 

「私は私」「親は親」

 

「親は不満かもしれないけど、私には私の気持ちがある」

 

「親が怒るのは、親の都合であり私のせいじゃないよ」

 

この境界線を自分で引けるようになると、相手との関係が変わります。

 

親や上司から支配を受けていると、

 

「親が怒っているのは私のせい」

 

「上司の言うことは絶対で意見なんてできない」

 

こんなふうに、一心同体の距離感になります。

 

バウンダリー(境界線)が引けない関係は、本当に危険です。

 

今回、この方は実家に帰らないというやり方で自分の境界線を持つことの意味に気づいた。 

 

そして、境界線を持つことのメリットを実感できたことで、人間関係が楽になったのです。


小さな境界線を引くポイント①「時間」

さて、あなたは家族や友達、職場できちんと境界線を引けていますか?

 

境界線を持つということは、「自分」と「他人」の違いを明確にするということです。

 

適切な距離感を保つということです。

 

そう聞くと、とても勇気のいる行動だと思うかもしれません。

 

でも、小さな境界線を引くことから始めればいいのです。

 

例えば、LINEがきたらすぐに返事をせず、10分は未読にしておく。

 

これだけで相手に少し距離を置ける感じはわかりますか?

 

友達から「再来週の金曜の夜空いてる?」と聞かれたら、空いていても即答はせず

 

「仕事が遅くなるかもしれないから、スケジュールをちゃんと確認してから返事するね」と言って時間をおき、次の日に返事をする。 

 

こんな形で、「時間」という距離をとるだけでも、境界線は引けるのです。


小さな境界線を引くポイント②「自分の意見を持つ」

あとは、「自分の意見を持つ」ことも境界線につながります。

 

上司に対して、「私はこう思います」と伝えてみる。

 

いつも何も意見を言わなかった部下が、自分の意見を持つことは上司にとってけっこうなインパクトだと思います。

 

「結局、意見を言ったって上司に聞いてもらえない」なんて言わないでください。

 

それでもいいんですよ。

 

何も意見を言わないよりも、「自分の意見があるよ」という主張そのものが「私」と「あなた」の違いを明確にするのです。

 

「意見」と言うとハードルが高く聞こえるかもしれませんけど、

 

例えば「昼飯何がいい?」と上司に聞かれたら

 

「課長の好きなところで大丈夫です」と言わずに

 

「パスタがいいですね」と、食べたいものや行きたいお店を言ってみましょう。

 

自分の欲求、考えを相手に伝えること

 

その行為自体が境界線になるのです。

 

よく、いじめられっ子がいじめっ子に一発仕返しをしたら、それでいじめがなくなったなんていう話ありますよね。

 

あれこそ、きっちりと境界線を引く行為ですよ。

 

「これ以上やったらこうなるぞ」という主張をしているんです。

 

(別に暴力でやり返せと言っているわけではありません。自分の意思を明確にすることが、自分と相手との違いを明確にするのです)

 

あとは、DVを受けている奥さんが、ついにキレて荷物をまとめて出ていった。

 

「もうあなたとは離婚です!」と本気で言った。

 

そこまでの意思表示を始めてしたことで、DVの夫が「暴力をやめないとまずい」と初めて心から思い、カウンセリングを受けに行く。

 

こんなこと、本当によくあるんです。

 

小さなことからでいいので、自分の境界線を持つことを始めてみましょう。

 

あなたにできることなら、どんなに小さなことでもいいんです。

 

コツコツと、積み重ねてみてください。

 

その地道な積み重ねが、あなたに大きな力を与え、大きな変化が突然訪れることもあるんですよ。

 

境界線の引き方についてのブログ記事は以下にまとめてありますので、ぜひこの記事も読んでみてください。

ストレスに強くなる!人間関係の境界線(バウンダリー)の引き方記事集


セミナーのご案内

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【入門コース】 2019年5月24日(金) 定員5名 詳しくは こちら

 

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【実践コース(共依存の関係)】 2019年6月21日(金) 定員5名 詳しくは こちら

 

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【実践コース(支配・被支配の関係)】 2019年7月12日(金) 定員5名 詳しくは こちら


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

 

◆ストレスに強くなる!人間関係の境界線の引き方 

 

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆「NGT48事件」から学ぶ、対人援助職の共依存がもたらす、離職・燃え尽き問題の構造と対処法

 

◆職場の喧嘩を上司のあなたが「仲裁しよう」としているから、いつまでも問題が解決せず繰り返されるんですよ。

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆あなたの職場ですぐに新人が孤立するのは、「業務内容」は教えても「職場の小さな当たり前」を教えていないからではないですか?

 

◆共依存タイプの上司は、部下の自立を嫌い、部下の依存や不安を好む。

 

◆鳥取県養護学校の看護師一斉退職に見る、対人援助職の使命感の強さが生む「依存」と「機能不全」

 

◆バウンダリー(境界線)基礎講座1日目「人間関係の大原則が学べるバウンダリー(境界線)とは?」

 

◆働きやすい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ!

 

◆悪質なクレーマーやモンスター患者対応の基本は、職場としてのバウンダリー(境界線)を強化すること!

  

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話

 

◎こちらのホームページでもブログを書いています!◎

共依存を克服するカウンセリング【東京・新宿】