嬉しいこともストレスになる!

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

今日はストレスについての話です。

 

あなたは、ストレスと聞くとどんなものが思い浮かびますか?

 

困難な仕事、人間関係、利用者さんや患者さんとの関係、体調不良などなど、きっと色々と思い浮かびますよね?

 

それでは、次の出来事はあなたにとってはストレスですか?

 

考えてみてください。

 

・ずっと好きだった異性へのアプローチが実り、交際に発展した。

 

・配置転換があり、希望していた職場に異動できた。

 

・念願のマイホームを購入し、職場までの距離が近くなった。

 

どうでしょうか。

 

おそらく、「これはストレスにならない」と考える方がほとんどではないですか?

 

なぜなら

 

「嬉しいから」ではないですか?

 

実は、ここがストレスの大きな落とし穴です。

 

「嬉しいことはストレスにならない」は大間違いで、「嬉しいこともストレスになる」が正解です。

 

例えば、新しく彼女ができた場合、とても嬉しくて、電話をしたりLINEをしたりしますよね?

 

週末も、彼女と過ごすことが増えますよね?

 

ということは、生活が大きく変わるわけです。

 

今まで24時には寝ていた人が、彼女と電話したりLINEしたりで、寝る時間がずれこみ睡眠時間が削られる。

 

週末もこれまでは自分の好きに過ごしていたのに、彼女と会うことが増えると、「疲れているから今日はどこにもいかない!」なんて前のように自由にできなくなる。

 

彼女のことは大好きなので、全く苦に思わないし充実して過ごしているのに、でも、なんだかここ最近疲れがとれない。

 

だるい。仕事中に眠くなる。ミスも増えた。

 

こんなことって、珍しくないんですよ。

 

そういう方にお会いすると、皆さんこう言います。

 

「ストレスはそんなに多くないのに、体調が悪いんです」

 

こうやって、「嬉しい」という主観でストレスを評価すると危険です。

 

「辛いこと、嫌なこと=ストレス」という考えは捨てましょう。

 

正しくは、「環境の変化=ストレス」です

 

つまり、新しい環境に人間が適応するには、エネルギーが必要なのです。

 

大好きな彼女も、

 

希望していたやりがいのある仕事も、

 

念願のマイホームも、

 

適応するにはエネルギーが必要なんです。

 

その意識を持って、環境が変わったら体調に注意して過ごす意識が大切です。

 

この4月に環境の変化はありませんでしたか?

 

それが嬉しいことでも、そろそろ疲れがたまってくる頃です。

 

急に気温も上がりましたから、今は気温の変化に適応するのにエネルギーを使っています。

 

環境の変化をよく把握し、体調を管理してくださいね。 


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事