共依存タイプの上司は、部下の自立を嫌い、部下の不安や依存を好む。

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

「ほんとに納得いかないんですよねー。なんか、せっかく職場がひとつにまとまってきていると思ったら、そういう時に限って上の人がチームをシャッフルしたりするんですよ」

 

「それで現場は混乱するでしょ、当然ですよね。なんか、うちはそういうのがずーっとなんですよ。常に混沌。ようやく安定してきたなと思うと必ず壊されるんですよ、上の人に」

 

こんな職場の話を聴いたことありませんか?

 

けっこう多いんですよね、こういう話。

 

現場からすると、あまりにも不可解な組織編制。

 

とてもうまく仕事が回っていて、結果が伴ってきている。

 

人間関係も安定していて、コミュニケーションもスムーズ。

 

明るく楽しく、仕事ができている。

 

働きやすい環境だ!と思ったそんな矢先に、崩される平穏な生活。

 

そして迎えるのが混乱、混沌、不安…

 

「いつになったら落ち着いて働けるんだろう」

 

「がんばってもがんばっても報われないな…」

 

労働者の気持ちが萎える瞬間です。

 

「まあ、上には上の考えがあるんだろう」

 

そうやって必死に自分に言い聞かせても、どうしても同じことを繰り返されてるようにしか見えない。

 

無力感、不全感

 

こんな言葉がぴったり合うんですよね、そういう時は。

 

まあ、本当に職場の事情があることもあるんでしょうけど

 

すべてがそうではないと思うんですよね。

 

なぜなら、こういうことって、人間関係、親子関係で本当によくある事象のひとつだからです。

 

例えば、不安が強くて自信がもてない母親の場合

 

「子どもにいつまでも頼ってほしい」

 

「私のことを必要としてほしい」

 

こう思うがゆえに、子どもがいつまでも自立できないような動きを親がとってしまう

 

あれこれと口を出して過保護になり、子どもが一人でできることもやらせない

 

あれができてない、これができていない、と「できていること」よりも「できていないこと」を指摘する

 

そうやって、「あなたにはお母さんが必要だ」という関係を作り出しちゃうことがあるんですよ。

 

子どもがお母さんを必要としてくれれば、母親は安心できるわけです。

 

こういう場合、子どもは「ひとりでできるのに」「ほっといてよ!」などという思いの一方で自信が持てず、無力感や不全感を覚えやすくなります。


さて、話を戻すと、職場ではどうでしょうか。

 

「もっとおれのことを必要としてほしい」

 

「みんな仲良さそう。私のことなんて必要ないのかな?なんだか寂しいなー」

 

こうやって、経営者や管理職が同じように不安を強く感じやすかったり、自信が持てなかったりする場合、

 

「自分が必要とされている関係性」を作り出してしまうことがあります。

 

いわゆる共依存の関係です。

 

だから、社員が仲良く安心して良い仕事をしてると、寂しくなって壊したくなる。

 

「みんな緊張感が足りない!」

 

「私語が多い!やる気あるのか!」

 

こんな理由つけたりしますよね、そういう人は。

 

当然ながら、共依存の関係に巻き込まれる社員は疲弊します。

 

自立したい、成長したい、任せてほしい

 

こうやって、ひとつ上に進もうとしている時や、安全を感じて仕事をしている時に

 

不可解な組織編制や必要以上の干渉などで安全を脅かされたり、自立を阻まれたりするわけです。

 

不全感、無力感に悩まされることになります。

 

こうやってエネルギーが低下し、不安そうに仕事をしていると「おれの出番だ!」と逆に元気になる上司。

 

なんとも皮肉な話ですが、実際にこういうことは職場で起きるのです。

 

職場で管理職になったり、それなりのパワーをもったりする場合、

 

自分の性格的な特徴がどのように部下、同僚や利用者さんなどに影響しやすいのか

 

よく整理しておかないと本当に危険なのです。

 

不安が強いと、相手への期待や思いが強くなります。

 

自分の不安を癒してもらうことを無意識に相手に求め、それがコントロールになるのです。

 

自分の不安を癒すために配置転換などを行う。

 

それに振り回され、不安や不信感でいっぱいの現場の職員を見て不安を癒す。

 

なんとも残念な現象ですね。

 

経営者、管理職の方には、こんな残念な形で職員のモチベーションを下げてしまわないよう、このブログやセミナーを通し、バウンダリー(境界線)を学んで頂きたいなと思います。

 

また、共依存を克服するためのカウンセリングも行っています。

 

ぜひお気軽にご利用ください。 


ブログカテゴリ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事