· 

引き継ぎハラスメント①「見捨てられ不安型ヒキハラ」とは?

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。 

 

今日から何回かに分けて、「引き継ぎ」について語ってみたいと思います。

引き継ぎって、すごくその人の特徴が出やすいなというのが私の印象です。

 

そして、引継ぎの時期は、必ずと言っていいほど何かしらのトラブルが起きます。

 

「ちゃんと引き継いでくれない!」

 

「何もやってないで丸投げされた!」

 

あなたの職場でもありませんか?

 

引継ぎにおけるトラブルでありがちなのが

 

引き継ぐ側がパワーを持っている時のトラブル

 

引き継がれる側がパワーを持っている時のトラブル

 

パワーを持っている側が、引継ぎする際に、

 

何らかの個人的な感情により、引継ぎをしづらくしたり、引き継いだ後の仕事がしづらくなる

 

これを「引継ぎハラスメント」

 

略して「ヒキハラ」と名付けます。

 

何らかの個人的な感情というところがポイントで、ただの説明下手だったり、引継ぎの要領が悪くて迷惑をかけてしまうことは含みません。

 

そして、いわゆる意図的な嫌がらせだけに限らず、個人的な感情が行動につながるがゆえに、結果として嫌がらせに思えてしまうというのも特徴です。

 

今回は、「引き継ぐ側」によるハラスメントについて。


「後任よりも私の方が良かった」と思ってほしいがゆえの、「私が必要とされるための引き継ぎ」

 

仕事を引き継ぐということは、サービスを受けているお客さんのためであったり、職場のためであるのが当然だと思いますけど、なんだか「自分のための引継ぎ」をしている人がけっこういるんですよ。

 

「自分のための引継ぎ」なので、当然お客さんのためにもならない、後任のためでも職場のためにもならない、そんな引継ぎです。

 

今日紹介するのは「見捨てられ不安型ヒキハラ」です。

 

「共依存型ヒキハラ」っていう名前でもいいんですけど、「見捨てられ不安」というのがより具体的かなと。

 

何かというと、自分が担当していたお客さんなどに「私は後任より優れている」と思ってほしくて、その思いの強さに負けて偏った引継ぎをしちゃう人ですよ。

 

例えば、AさんがBさんに引き継ぐとして

 

引き継いだ後に「Aさんの方が良かったよね」「Bさんはなんだか物足りないよね」なんて言ってほしいんです。

 

逆に、Bさんがお客さんとうまくやっているのを見ると、「私なんて必要じゃなかったのかな?」「見捨てられたのかな」みたいに、強い不安に襲われる。

 

だから「Bさんのサービスが悪い。Aさんが良かった」なんてクレームが入ったりしたら、嬉しくなる。

 

「認められてる!必要とされてる!」と気分がよくなるのです。

 

ただ、こう思ってしまうこと自体は別に責められるべきことでもなく、ハラスメントではありません。

 

そんな気持ちはありながらも、ちゃんと引継ぎをすれば、それは責任を果たしたことになります。

 

でも、時には必要とされたいがゆえに、意図的または無意識に「自分が必要とされるような引継ぎ」をしてしまう人がいます。

 

引き継ぐべき大事なことを教えなかったり、「けっこう色々あるんで伝えられないから、やりながらなんでもきいてね」なんて言って、敢えて情報を小出しにしたりすることもあります。

 

また、お客さんにBさんを紹介する際に、Bさんを明らかに格下扱いするような、子ども扱いするようなことを言うというやり方もあります。

 

「Bをよろしくお願いします!まだ経験が足りない面もありますが、熱心さが取り得ですから!」とか。

 

Bさんからしたらたまらないんですよね。

 

普通に紹介してくれてばいいのに、お客さんを不安にさせるようなことを言われてしまうのです。

 

管理職の方は、ぜひこのタイプが疑われるような方がいたら、きちんと引継ぎがなされているかこまめに確認をした方がいいですよ。

 

後任をどう相手に紹介するかまで、指示を出しておくことをお勧めします。

 

今日は「見捨てられ不安型ヒキハラ」についてでした。

 

※続きの記事とハラスメント関連のブログ記事

 

引継ぎハラスメント②「自慢話型ヒキハラ」

 

引継ぎハラスメント③「クレーマー型ヒキハラ」

 

部下からパワハラ被害の相談を受けたら必ず読むべき職場の対応マニュアル①

 

★管理職の方へのカウンセリングも行っています★

 

部下への対応方法、管理職として自分の課題の整理やストレスケアなど、お気軽にご相談ください。

 ※法人としてのご相談、経営者、経営層からのご相談は、法人・団体向けサービスよりお申込み・お問い合わせください。


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

 

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆「NGT48事件」から学ぶ、対人援助職の共依存がもたらす、離職・燃え尽き問題の構造と対処法

 

◆職場の喧嘩を上司のあなたが「仲裁しよう」としているから、いつまでも問題が解決せず繰り返されるんですよ。

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆あなたの職場ですぐに新人が孤立するのは、「業務内容」は教えても「職場の小さな当たり前」を教えていないからではないですか?

 

◆共依存タイプの上司は、部下の自立を嫌い、部下の依存や不安を好む。

 

◆鳥取県養護学校の看護師一斉退職に見る、対人援助職の使命感の強さが生む「依存」と「機能不全」

 

◆働きやすい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ!

 

◆悪質なクレーマーやモンスター患者対応の基本は、職場としてのバウンダリー(境界線)を強化すること!

  

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話