働きやすい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

皆さんはドラマの「相棒」は好きですか?

 

「相棒」には、私は実はけっこうお世話になっています。

 

何にお世話になっているかと言うと、相棒に出てくる杉下右京刑事を、よくセミナーで使わせてもらってます。

 

相棒を見ている方はわかると思いますが、

 

杉下右京刑事のあの「人との絶妙な距離感」

 

あれがすごくバウンダリー(境界線)の参考になるんですよ。

 

バウンダリーとは

 

「私」と「あなた」を区別するための「境界線」です。

 

「私」と「あなた」は全く別の人格で、別の価値観を持っている

 

という健康的な人間関係の距離感です。

 

例えば、仕事で同僚と意見が合わない時

 

「おれのほうが正しい!」と相手を批判するような関係にはなりません。

 

なぜなら、考え方が違うのは当然のことだからです。

 

夫婦においても、育児に対する考え方が違っても、相手を批判する関係にはなりません。

 

育児の方針が違うのは、むしろ当たり前のことだからですよ。

 

こんな形で、お互いの人間性や考えを尊重する距離感です。

 

お互いに尊重されている距離感というのは、互いに安全を守るということです。

 

だから、安心して仕事に取り組めたり、自分の意見を伝えたりできるわけです。

 

安心が守られるからこそ、良好なコミュニケーションがとれるんです。

 

さて、杉下右京はどうでしょうか。

 

相手が誰であろうと、常に対等です。

 

いばりません。

 

誰にでも敬語を使います。

 

滅多に感情を出しません。

 

相手の安心を奪うようなことをしなければ、相手の責任を背負うようなこともしません。

 

きちんと相手と距離をとっているんです。

 

「相棒」という言葉って、普通は兄弟のようなすごく親しい間柄を想像しませんか?

 

お互いになんでも言い合い、時にはぶつかりながらも絆を深めていく。

 

そんなイメージないですかね?

 

でも、ドラマの「相棒」は違いますよね。

 

お互いが適切に距離を取り、尊重し、相手の安全を奪わない関係

 

目上の杉下右京も、業務上の上下関係はあれど、あくまでも相手を尊重して対等の関係を築く

 

お互いを尊重できる関係だから、「部下」ではあるけど「相棒」なんですよ。

 

例えば、杉下右京の性格が全く別だったらどうでしょうか?

 

いばる

 

乱暴な言葉を使う

 

感情的になる

 

相手の安全を奪う

 

相手の仕事や責任までかぶる

 

こんなキャラだったら、寺脇康文も及川光博も成宮寛貴も反町隆史も、あれだけいい動きができたでしょうか。

 

まあ、ドラマなのでこじつけに聞こえるかもしれませんが

 

あの代々の相棒がそれぞれ「自立」できているのは、上司である杉下右京が適切にバウンダリー(境界線)を守れているからなんです。

 

バウンダリーが守れないと、支配したり、過度に依存したり、興味を示さなかったりと、相手の力をどんどん奪ってしまうのです。

 

だから、私はセミナーで、「バウンダリー(境界線)を学びたければ相棒を見てください」と伝えています。

 

人を育てる距離感を学びたければ、相棒を見ればいいんです。

 

とても具体的なんですよ、杉下右京のコミュニケーションは。

 

あれを職場でも取り入れるといいんです。

 

まずは、言葉遣いからやってみましょう。

 

同僚や部下に対して、あだ名で呼んだり、呼び捨てにしたり、「〇〇ちゃん」、「きみ!」と呼んだりしていませんか?

 

こういう呼び方ひとつで距離感が変わるんですよ。

 

距離が近くなれば、関係が家族や恋人、友達に近くなります。

 

家族のような関係は、感情をぶつけやすくなって、色々なトラブルにつながりやすいんです。

 

セクハラだって、距離感を間違えるから起きるんです。

 

適切な言葉で距離をとれば、セクハラもパワハラも起きづらいんですよ。

 

ちなみに、杉下右京は、小学生にも敬語です!

 

ちょっと極端ですが、参考にしましょう。

 

部下であろうと新人であろうと、「〇〇さん」と呼び、敬語を使うんです。

 

これだけで、一定の距離感が保てます。

 

私は、基本的に誰に対しても「さん」付けですね。

 

相手が学生であろうがなんだろうが「さん」ですよ。

 

対等だからです。

 

よく、新人や目下の人にきつい言葉で注意する人がいますが、フェアじゃないですよ。

 

人としては対等なんです。

 

「私だってやられてきた」というのは理屈が通りません。

 

嫌な思いをしたならやめればいいんです。

 

パワーを使って人をコントロールすることを教えてはいけません。

 

怒ったり脅威を与えて人を動かすなんて、小学生でもできますからね。

 

私が相談を受けていたケアマネ事業所様では、このバウンダリーを意識した組織づくりをしてもらいました。

 

「感情的になることは恥ずかしいこと」

 

「まずは言葉づかいから気を付けましょう。必ず『さん付け』で呼び、あだ名はNG」

 

これを基本方針とし、距離の取り方を一から見直してもらいました。

 

それだけで、随分雰囲気が変わったらしいですよ。

  

ぜひあなたも、バウンダリー(境界線)を切り口に職場を、そして自分自身を振り返ってみてください。


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事