あんまり自分から動かない友達から忘年会に誘われたので、バウンダリーを意識して対応してみたら、自尊心が上がったという話。

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

忘年会シーズンですね。

 

この時期になると、忘年会が連日続いて大変だとかいう話をちらほら聴きますが、私はそんなに友達が多い方ではないし、自分から企画するタイプでもないので、毎年忘年会は多くて3つくらいです。

 

今年もそれくらいですね。

 

さて、今日は「友達から忘年会に誘われた」という話を、バウンダリーを切り口に解説してみます。


「役割と責任の境界線」とは?

 

先週、付き合いの長い友達からこんなメールが来ました。

 

「忘年会やらない?」

 

これだけ。

 

この友達は(ここに書いても問題ない仲なので遠慮なく書きますが)、あんまり自分から動かないタイプなんですよね。

 

だから、これまでの流れだと、私が「いいよ、やろうよ」と言って、私が他の友達に声かけたりして、いつの間にかお店を決めていたり

 

友達は「やらない?」と声をかけるだけで、あとは何となく周りがセッティングしてくれる。

 

周りは「あいつに任せると遅いから」みたいな感じで動いちゃう。

 

こんな人、あなたの周りにもいませんか?

 

役割や責任を周りが肩代わりしてあげることで、結果的にその人の力を奪い、どんどん自分から動かなくなる。

 

依存的になっていく。

境界線を越えて、ぐっと相手にもたれかかるイメージですね。

 

それで、私は今回考えました。

 

そんなに忘年会やりたいなら、自分で動いてセッティングしてもらおうと思いまして

 

私の返信も一言だけ。

 

「いいね!」のみ。

 

相手の期待する「じゃあ、いつにする?」「〇〇と〇〇にも声かけてみるよ」とは言わない。

 

これでどうなるかな?

 

もし「どうする?」とか返信が来たら、また「どうする?」と返してやろうと思ってましたが…

 

なんと

 

「日程いつが空いてる?メンバーはどうする?みんな誘っても大丈夫?」と返信が来ました。

 

よし!

 

合格!

 

やればできるじゃないか!

 

主体的にセッティングしようとする姿勢が十分に伝わったので、それから私も協力して仲間に声をかけ、忘年会のメンバーを集めたのでした。

 

私が今回意識して対応したのは、「責任と役割」の境界線を保つことです。

 


自分の気持ちを大切にできる人間関係を築けていますか?

 

飲み会をやろうと言い出した人がいたら、やっぱりその人が中心になって動く責任、役割があると思うんですよね。

 

もちろん友達同士でそこまで硬く考える必要はないですけど、それが基本だと私は思います。

 

言い出しっぺがそこをわきまえて動くからこそ、「じゃあ協力するよ」と気持ちよく言えるし、協力できるのだと思います。

 

この「責任と役割」の境界線が緩い関係は多いですよね。

 

「ねえ、お店どうする?」と聞いてくるだけで、自分では絶対に探さない人。

 

そして、「どうする?」と言われると、相手の意を汲んでお店探しをしてしまう人。

 

「なんでいつも私ばかり…」という不全感、不満を抱えながらも、相手にその責任を返せない人。

 

これが、いわゆる共依存の関係なのです。

 

共依存自体が悪いと言っているわけではありません。

 

でも、もしあなたがその関係に違和感を覚えているなら、関係を変えた方が楽になると思いますよ。

 

例えば

 

「どうする?」と聞かれたら「どうしようね」と返す。

 

それを繰り返す。

 

相手の望む返答はしない。

 

難しいですか?

 

あとは、誘われた段階で「私は仕事忙しいし行けるか微妙だから」「返事がギリギリでもいいなら行きたいから、時間と場所だけ教えて」とか言って、責任を負わされるポジションから外れておくとか。

 

こうやって少し距離をとっておくといいですよ。

 

こんなふうに自分の気持ちを大切にしてみることで、自尊心が上がるのです。

 

友達や家族、同僚、利用者さんとの関係において、相手に依存されやすいとか、相手の役割まで背負いすぎてしまうところはありませんか?

 

そんな方は、ぜひ私のバウンダリーセミナーに参加して、自分の課題をよく整理してみてください。

 

対人援助職にとって、バウンダリーを学んでおくことは必須です。

 

お待ちしています。


セミナーのご案内

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【入門コース】 平成31年5月24日(金) 定員5名 詳しくは こちら

 

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【実践コース(共依存の関係)】 平成31年6月21日(金) 定員5名 詳しくは こちら

 

◆ストレスが減る人間関係の距離感がわかる!対人援助職のためのバウンダリー(境界線)セミナー【実践コース(支配・被支配の関係)】 平成31年7月12日(金) 定員5名 詳しくは こちら


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

 

◆人間関係の距離感がうまくつかめないあなたのための「バウンダリー(境界線)の引き方」記事集 

 

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆「NGT48事件」から学ぶ、対人援助職の共依存がもたらす、離職・燃え尽き問題の構造と対処法

 

◆職場の喧嘩を上司のあなたが「仲裁しよう」としているから、いつまでも問題が解決せず繰り返されるんですよ。

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆あなたの職場ですぐに新人が孤立するのは、「業務内容」は教えても「職場の小さな当たり前」を教えていないからではないですか?

 

◆共依存タイプの上司は、部下の自立を嫌い、部下の依存や不安を好む。

 

◆鳥取県養護学校の看護師一斉退職に見る、対人援助職の使命感の強さが生む「依存」と「機能不全」

 

◆バウンダリー(境界線)基礎講座1日目「人間関係の大原則が学べるバウンダリー(境界線)とは?」

 

◆働きやすい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ!

 

◆悪質なクレーマーやモンスター患者対応の基本は、職場としてのバウンダリー(境界線)を強化すること!

  

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話