「仕事を辞めたいけど生活のことを考えると決められない」と悩むあなたが、まず初めに整理すべき大切なこと。

 

こんにちは。

 

エイダーズ山崎正徳です。

 

今日は、仕事を辞めたくて仕方がないんだけど、生活のことを考えると辞めるわけにはいかないし、でも辞めたいし…

 

こんな重く苦しい悩みを抱えている方に向けて記事を書きます。

 

私は普段カウンセリングをしていると、こんな悩みを抱えている方に本当に多く会いますが、それだけでなく、友達や仕事仲間と会えば、誰かしらが「辞めたいけど、生活があるから。もうちょっとがんばってみる」みたいなことを言っている気がします。

 

それだけ、今の職場に不満を覚えながらも、辞められない人が多いということですよね。

 

あなたもそうではないですか?

今の会社に入った3年前は、とても熱意があり、意欲に満ちていた。

 

そもそも、前の職場が本当にひどかった。

 

北朝鮮だった。

 

だから、今の職場に転職出来た時、本当に嬉しかった。

 

ここで心機一転、がんばっていこうと思った。

 

間違いなくあの時は、私は熱意があった。

 

でも、今はどうだろうか。

 

どうしてこんなことになったのか。

 

あの怖い先輩と組まされて、そこから急にできていないことをダメ出しされて。

 

同僚たちも「大丈夫?」なんて心配してくれるけど、誰も助けてくれないし。

 

上司に先輩が怖すぎるから注意してほしいと訴えたんだけど、その上司も先輩を怖がってるから、逃げ腰で。

 

何度か訴えたら、最後はうざそうに「被害的だね」「あなたにもできていないことがあるでしょ?」なんて言われちゃって。

 

もう毎日毎日地獄。

 

前は日曜の夕方から苦しかったけど、今なんて土曜の夜から嫌。

 

また月曜が始まると思うと辛い。

 

もう辞めたい。

 

私、こんな生活を送るために生きてるんじゃない。

 

辞めたいな。

 

逃げたいな。

 

でも

 

生活のことを考えると、今辞めるのはかなり勇気がいるな。

 

マンションの更新でお金使ったばかりだし。

 

あと、また就活するのはかなりエネルギー使うし。

 

決まらなかったらどうしよう。

 

20代で2回も仕事辞めたら、印象悪くなるかな。

 

あとは、また次に転職した先が北朝鮮だったらどうしよう。

 

本当に困った。

 

辞めたい。

 

でも、やめたら生活が心配。

 

どうしたらいいの?


まずは、あなたが大切にしたいものを整理してみる。

 

仕事を辞めたいけど辞められない人の心の中を書いてみましたが、あなたも似たような状況で苦しんでいませんか?

 

まず、そんなあなたに私からお伝えしたいこと。

 

それは、あなたは本当に毎日がんばっているということです。

 

辞めたいほどの仕事に毎日行くストレス

 

加えて、辞めたいけど辞められないことで生じる葛藤もとても強いものでしょう。

 

そして、決められずに日々を生き抜く苦しみも、相当なものだと思います。

 

あなたは、本当にがんばっています。

 

間違いありません。

 

あなたは、とても真面目な方です。

 

そんなあなたが今の状況から少しでも前進できるように、今日はあなたの気持ちの整理のお手伝いをさせてください。

 

私がよくカウンセリングでする話を紹介します。

 

 

仕事を辞めたいけど、生活のことを考えると辞められないあなたに、まず整理してみてほしいこと。

 

それは

 

あなたが、あなたの人生で何を優先するか、どんなことを大切にしたいのか。

 

これを整理することから始めてみませんか?


・お金

 

・健康

 

・仕事

 

・趣味

 

・キャリア

 

・自尊心

 

・家族

 

・恋愛

 

・自分の時間(余暇)

 

・その他、何かあれば挙げてください

 

これらの中で、あなたが大切にしたいものを選んでください。

 

順位をつけてみると良いと思います。

 

例えば、健康を一番に考えるのであれば、今の会社に居続けることで健康を大切にできるのか、考えてみることです。

 

キャリアを一番に考えるのであれば、今の会社に我慢して居続けることであなたが望むキャリア形成につながるのかどうか、そこを考えてみる。

 

こうしてみることで、より気持ちが整理されていくことがわかりますか?

 

今のように漠然とした悩みが、輪郭を帯びていくように、現実的な悩みに変わっていきます。

 

紙に書き出して、ゆっくりと整理してみましょう。

 


「健康」と「自尊心」には限界を設けておくこと。

最後に、もう一つ大切なことをお話しますね。

 

私からお勧めしたいのは、「健康」と「自尊心」には限界を設定しておくことです。

 

例えば、キャリアを優先して今の職場に居続けることを選ぶにしても、

 

「今のように毎日疲れて体調が悪い生活があと1年も続くなら、それはさすがにまずいから退職を本気で考えよう」と、健康への限界設定をしておくのです。

 

自尊心も同様です。

 

自尊心とは、自分のことを大切に思う気持ちです。

 

自尊心に限界を設けるとすると、

 

「今の職場では本当はあと2年は経験を積みたい。でも、いくら何でも休日にLINEで説教されるなんて、さすがにそれは私の中ではあり得ない。ここまでされて居続けるのは難しい」というようなイメージです。

 

健康や自尊心に限界を設けておかないと、退職をするかどうかを決めるための「大切な判断力」が奪われてしまう危険性があります。

 

疲れれば疲れるほど、体調が悪ければ悪いほど、判断力は鈍ってきます。

 

自尊心が下がれば下がるほど自信がなくなり、「どうせ私なんてどこにいってもやっていけない」とネガティブな考え方に縛られて動けなくなります。

 

あなたがより良い選択をしていくためにも、健康と自尊心は大切にしましょう。

 

そして、一人ではなかなか気持ちの整理ができないという方は、ぜひカウンセリングでお手伝いをさせて頂きます。

 

あなたが自分の気持ちを大切に、より良い選択ができるよう、精一杯サポートをさせて頂きます。

 

お気軽にご利用ください。


ブログテーマ


初めに読んでほしいお勧めブログ記事

 

◆なぜ援助職の現場で虐待が起きるのか、「巨人の星」で説明します!

 

◆「NGT48事件」から学ぶ、対人援助職の共依存がもたらす、離職・燃え尽き問題の構造と対処法

 

◆職場の喧嘩を上司のあなたが「仲裁しよう」としているから、いつまでも問題が解決せず繰り返されるんですよ。

 

◆教えてくれない職場は、「教えること」を教えないから「教えられる人」が育たない。

 

◆「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!

 

◆職場のスタッフの本当の悩みに経営者のあなたが気づかない限り、人材不足などの問題はなくなりませんよ。

 

◆あなたの職場ですぐに新人が孤立するのは、「業務内容」は教えても「職場の小さな当たり前」を教えていないからではないですか?

 

◆共依存タイプの上司は、部下の自立を嫌い、部下の依存や不安を好む。

 

◆鳥取県養護学校の看護師一斉退職に見る、対人援助職の使命感の強さが生む「依存」と「機能不全」

 

◆バウンダリー(境界線)基礎講座1日目「人間関係の大原則が学べるバウンダリー(境界線)とは?」

 

◆働きやすい職場にしたければ、「相棒」の杉下右京を見て学べ!

 

◆悪質なクレーマーやモンスター患者対応の基本は、職場としてのバウンダリー(境界線)を強化すること!

  

◆自分のことを長い目で見れば、今のあなたの弱みなんていつかは強みに変わるという話