「思考」と「感情」の違いがわからないと、ストレスが倍増する!
今回は、健康を保つことや安全な人間関係を維持するために必要な、最も基本的な話をしたいと思います。 私は研修の時に、受講者の方によくこのように質問します。 「思考と感情の違いはわかりますか?」 さて、あなたはいかがでしょうか。 思考と感情の違いと聞いて、すぐに理解できますか?...

ホームページリニューアル&公式サイト公開のお知らせ
20日 5月 2022
いつも当ホームページをご利用いただきありがとうございます。 長らくホームページが不完全な状態が続き、ホームページをご活用いただいている皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしました。 この度、ホームページをリニューアルいたしましたこと、また、AIDERSの公式サイトを公開いたしましたことをご報告させていただきます。...

愛知県弥富市中3男子生徒刺殺事件。生徒の心のケアの手順と家庭での関わり方。
愛知県弥富市の中学校で起きた男性生徒の刺殺事件について、前回に続いて解説をしていきます。 前編はこちらです。 愛知県弥富市中3男子生徒刺殺事件。学校で起きる大惨事の「5つのリスク」と教員の心のケアの重要性。 今回は後編として、私が専門家として介入するならどのような対応を行うかを、思うままに説明していこうと思います。...

愛知県弥富市中3男子生徒刺殺事件。学校で起きる大惨事の「5つのリスク」と教員の心のケアの重要性。
こんにちは。 エイダーズ山﨑正徳です。 昨年から、(年に数件ですが)惨事対応のご依頼をいただくことが増えてきました。 主に自殺者が発生した職場への対応が中心になりますが、惨事対応のノウハウを説明した以下のブログも毎日多くのアクセスがあることを考えると、自殺者が出て大混乱に陥っている職場がとても多いのだろうと推測されます。...

過剰適応タイプの子どもを助長してしまう大人の特徴と、改善させるために知っておくべき大人の心構えとは。
こんにちは。 エイダーズ山崎正徳です。 最近ありがたいことに、このブログを教育関係の方もよく見てくれているようで、「バウンダリーの考え方が子どもへの接し方に役に立っている」といったお声を頂きました。 本当にありがとうございます。...

利用者・患者からの暴言暴力への対応マニュアル⑦「クレーマーに巻き込まれやすい人の特徴と上手な距離の取り方とは」
こんにちは。 エイダーズ山崎正徳です。 利用者・患者からの暴言暴力マニュアルの第7回です。 今回は、高圧的な態度で要求を通そうとするクレーマーに対して、どうしてもうまく距離をとることができずに巻き込まれやすい人に「上手に心理的な距離をとる方法」として参考にして頂きたい話をします。...

利用者・患者からの暴言暴力への対応マニュアル⑥「暴力に対する職場の限界設定」
こんにちは。 エイダーズ山崎正徳です。 利用者・患者からの暴言暴力への対応マニュアルの第6回です。 今回は、暴言暴力への対応をしていこうとする職場が、まず初めに向き合ってほしいとても大切な話をします。 暴力被害を防ぐためには、そのための知識と対策だけでは足りません。...

利用者・患者からの暴言暴力への対応マニュアル⑤「被害を受けたスタッフへのサポート」
利用者・患者からの暴言暴力への対応マニュアルの第5回です。 今回は、暴言暴力の被害に遭ったスタッフへの職場としての正しい対応を説明したいと思います。 部下を持つ管理職はもちろんのこと、常に被害に遭うリスクのある援助職が必ず知っておくべき内容になります。 ぜひ読んでみてください。 ※関連記事...

利用者・患者からの暴言暴力への対応マニュアルの第4回です。 暴力被害をなくすために何よりも大切なことは、「この仕事をしていればこれくらい当たり前」という意識を徹底的に改めることだと私は思います。 でも、被害を「仕事の一部」として受け入れてしまっている以上、暴力被害をなくすなんてできっこないですよね。...

こんにちは。 エイダーズ山崎正徳です。 利用者・患者からの暴言暴力への対応マニュアルの第3回です。 今回は、いわゆる「悪質なクレーマー」「モンスター患者、モンスター利用者」などと呼ばれてしまう人たちが、相手をコントロールするためによく行う手法(行動のパターン)を紹介したいと思います。...

さらに表示する