利用規約(カウンセリング)

 

この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、AIDERS(以下、「当方」)が提供するカウンセリングの利用条件を定めるものです。利用者には、本規約に従ってカウンセリングをご利用いただきます。 

 

第1条 (適用)

 

本規約は、利用者と当方との間のカウンセリングの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。

当方はカウンセリングに関し、本規約のほか、利用にあたってのルール等、各種の定め(以下、「個別規定」といいます。)をすることがあります。これら個別規定はその名称のいかんに関わらず、本規約の一部を構成するものとします。

本規約の規定が前条の個別規定の規定と矛盾する場合には、個別規定において特段の定めなき限り、個別規定の規定が優先されるものとします。

 

第2条 (相談方法)

 

当方は、次に定める方法でカウンセリングを提供いたします。

  • 面接相談
  • 電話相談
  • オンライン相談

第3条(予約の成立)

  1. カウンセリングは予約制です。利用者からの予約の申し出に対し、当方から予約が完了した旨のメールを発信した時に、予約が成立するものとします。
  2. 過去に料金の未納または禁止行為などがあった場合、または当方がカウンセリングを行うことが適切ではないと判断した場合、予約をお断りする場合があります。
  3. 利用者が未成年の場合を除き、利用者本人からの申し出がなければ、予約を取ること、または予約の変更をすることはできません。

第4条(利用料金および支払方法)

  1. 利用者は、当方ホームページに記載された金額を、当方が指定する方法により支払うものとします。
  2. 電話相談・オンライン相談については予約日の前日までに料金の支払いを行って頂きます。当日になっても支払いが確認できない場合、カウンセリングを実施いたしません。また、その場合キャンセル料は発生いたします。
  3. カウンセリング3回セットプランの利用期間は1年間です。 

第5条 (予約のキャンセル)

 

カウンセリング予約の変更・キャンセルについては、当方が定めるキャンセルポリシーに従い、キャンセル料金が発生いたします。

 

第6条 (カウンセリングの注意事項)

  1. カウンセリングは、医療行為となる診療行為、診断行為及び投薬等は一切致しません。
  2. カウンセリングでは、適切な支援を行うため、利用者の家族構成及び生活・既往歴を聞き、記録用紙に記載し保管します。
  3. カウンセリングでは、法的な判断や回答は行いません。
  4. 利用者が、カウンセリングの途中でカウンセリングを中断した場合には、その時点でカウンセリングは終了します。
  5. カウンセリングは、終了時刻が経過した時点で終了したものとみなします。
  6. 利用者側の事情またはインターネット回線の不具合など、当方に責めを帰することができない事情による遅刻・中断の場合、セッション時間の延長等は行わず、予定されている終了時刻に終了します。
  7. カウンセラー側の事由による、カウンセリングセッションの開始遅延・中断・欠席の場合は、セッション時間の延長またはセッションの再設定等を行います。
  8. カウンセラーが、利用者の心身状態に医療の必要性が高いと判断した場合には、カウンセリングの中止、又医療機関の受診をお薦めする場合等がございます。
  9. 医療機関への紹介状や勤め先への意見書などを作成する場合は、別途文書作成費を請求させていただきます。
  10. メールの利用については、予約等の事務的なやりとりのみとさせて頂きます。

第7条(面接相談)

  1. 面接相談は、当方の指定する貸会議室にて実施いたします。
  2. 貸会議室は変更される場合があります。
  3. 面接相談で利用する貸会議室には待合室がないため、「早くても5分前来室」にご協力ください。5分以上早く到着された場合、こちらでカウンセリングを始められる準備ができていない時は、部屋の外でお待ちいただくことがございます。

第8条(電話相談) 

  1. 電話相談の通話料金は、利用者の負担となります。
  2. 無料のLINE通話での対応も可能です。
  3. LINE通話を利用する場合、LINEの利用はカウンセリングの時間のみとさせて頂きます。予約変更などの事務連絡はLINEではなくメールをご利用ください。
  4. 最終相談日より6カ月が経過した時点で、LINEのアカウントは削除させて頂きます。
  5. カウンセリングの開始時刻に利用者よりカウンセラーに電話をかけ、カウンセリングが開始されます。電話をかける時間が開始時刻より早い場合、電話に出れないことや、かけ直しをお願いする場合がございます。
  6. 電話相談を行っている様子を、当方に無断で家族などの第三者に聞かせることはおやめください。また、「母親からカウンセラーに伝えたいことがあるので、少しだけ電話で話をしてほしい」といった急な依頼に応じることはできません。必ず事前にご相談ください。

第9条(オンライン相談)

  1. 利用者は、オンライン相談を利用するために必要な機器や通信手段、ソフトウエア等の準備を自己の費用と責任において行うものとします。
  2. オンライン相談はZOOMを使用して行います。
  3. ZOOMミーティングのURLは予約前日までに当方より通知いたします。
  4. オンライン相談を行っている様子を、当方に無断で家族などの第三者に視聴させることはおやめください。また、「母親からカウンセラーに意見を伝えたいことがあるようなので、少しだけ話をしてほしい」といった急な依頼に応じることはできません。必ず事前にご相談ください。

第10条(禁止事項)

 

利用者による以下の行為を禁止させていただきます。カウンセリング中に禁止行為が判明した場合には、カウンセリングを中止させていただくことがあります。その場合、カウンセリング料金は発生いたします。

  • 法令または本規約に違反する行為
  • カウンセリングを録音・録画する行為
  • オンライン相談・電話相談をしている様子を、当方に無断で家族などの第三者に視聴させる行為
  • 当方に対する暴言、脅迫、嫌がらせ、ハラスメントなど運営を妨げる行為
  • カウンセラーとのやりとりをブログ、口コミサイト、SNSなどの不特定多数の者が閲覧できる状態にて掲載する行為
  • 当方に経済的損害、精神的損害、不利益、もしくは迷惑を与える行為
  • 当方の知的財産権、肖像権、人格権、プライバシー権、その他の権利を侵害する行為

利用者が禁止事項に該当する行為を行ったことにより当方に損害が発生した場合,費用・賠償金の負担をご利用者に請求することがあります。

 

第11条(免責事項)

  1. カウンセリングは、利用者がカウンセラーとの対話を通じて、相談内容の解決及び軽減を利用者自身の力で行うことができるように支援をするものです。ただし、必ずしも解決を約束するものではありません。
  2. カウンセリングの利用は、利用者自身の責任と判断によって行うものであり,仮に利用後に心理的負担が増大したり、病状が悪化した場合であっても、当方は責任を負いません。
  3. 現在精神科や心療内科に通院中の方は、主治医に相談の上、カウンセリングを利用することをお勧めします。

第12条(利用規約の変更) 

 

当方は、必要と判断した場合には、利用者に通知することにより、いつでも本規約を変更することができるものとします。

 

第13条(個人情報の取り扱い)

 

当方は、カウンセリングの利用によって取得する個人情報については、当方「プライバシーポリシー」に従い適切に取り扱うものとします。 

 

第14条(準拠法・裁判管轄)

  1. 本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。
  2. 本サービスに関して紛争が生じた場合には,当方の事務所所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。